●ゲーム話。 ニーアの販売本数話。

 ちょい前からニーアの販売本数の 「告知や宣伝(?)などなどの伝え方・伝わり方」 が怪しくて怪しくて仕方がなかった俺がおりました。  あ ちなみに俺は別に 『ニーアというゲーム自体は別に嫌いでも好きでもありません』。 PS4ないこともあってプレイもしていませんが・・ どうもこのゲームは コアユーザーに 『ニーア愛溢れる方々がいて その方々がとても愛しているゲーム(っぽい)』 という〜気配を感じるため ニーアラブユーザーを批難しようとかそういう意図で 販売本数おかしくね? とか言いたいわけではない という点に注意が必要です。


 で ニーアなんやけどさ〜。  まぁ〜 まずは 26万本くらい売れたと 「報告された」 んだっけ? で その後 なんのかんので 33万本? とかだよね。 ここまでは まぁ・・ と思いつつ・・ も 33万本でも少しおかしいのだが それは さておき・・ その後 「ダウンロード販売」 になった途端に 「100万本!」 っていうね。 イミフだよね。


 実ソフト 33万本 ダウンロード回数(=本数) 67万回? とかってこと?? と。  どの国でどのように 「ソフト販売」 をして かつ 「ダウンロード販売もしたか?」 という〜のが 普通の人では分からないので それがある種の 「隠れ蓑」 のようになって色々な誤魔化しができちゃうやんけ〜 って 正直思うたね。 


 そもそもで 俺としては 旧作が 10万本前後だったゲームが 今回 100万本まで売れたという〜 ような 『話自体があまり好きくない』 のよね。  まぁ そんなんありつつ・・


 最近 ニーアは 『実ソフト&ダウンロード回数合わせて アジア50万本突破』 と報じました。 これは 「あ これならなんか分かるかも・・」 と思いました。


 アジア50万本なら まずざっくり物理的実ソフトで 33万本 (と言われている) のだから 残り 「17万本程度」 である。  俺思うんだが・・ これ・・ 実ソフトを買った人が ダウンロード版もダウンロードしたんちゃうか?(笑)  という〜気もするのですな〜。  それなら旧来からニーアを 「支えている層としてのファン」 は 10万人前後いるので ・・まぁ その人達全員とは思えませんが これで大雑把 「+10万DL」 ありうる。 で アジア市場(中国?韓国?台湾?) で 「+7万DL」 なら まずは 『ありうる』 と思うからです。 


 しかし・・ 日本のゲーム ⇒ 中国(アジア市場) に渡った場合の伸びの低さに 最近は結構〜驚いています。 通常・・ 人口が10倍の国であれば 「母体人口が10倍」 なので 日本で 10万本売れたら 母体人口10倍の国では 『そこだけで 100万本 (合計としてはこれで 110万本 ということです)』 になってもおかしくないと思うんだが・・ DLしてくれた人は 7万人か・・ 多くて 17万人全員としての 17万人です。  人口10億の国として考えると メチャクチャ少ないですよね。  10億人に対してで言えば・・ 「0.0007〜0.0017%」 でしょうか?  人口1億の日本で言い換えると 表日本で10万本売れたゲームが 裏日本では1万本しか売れなかったみたいな話どす。


 で・・ 私的に ゲームに限らないと思うのですが 「ソフトが売れる本数」 という〜のは 俺の当てにならないトンデモ仮説的には 「資質に対して売れる」 です。 ぶっちゃけると 「遺伝子で売れる(笑)」 です。 


 これまでの日本の場合 1〜3〜10〜33万本程度売れるソフトが 100万本を突破した という〜場合・・ 日本国内にいる 「ハプロO(日本国内男子人口の 約52%)」 か 「ハプロD(日本国内男子人口約33%)」 の顧客に売れた・・ という〜結末かと思うのです。 これまでの日本で 「100万本売れたがや〜」 という〜場合はそういうケースじゃないかなぁ〜? と俺としては思うわけですが・・ 今回の100万本は そのケースではない。 なので ちょっと気になっているということはあります。


 で 日本国内で100万本以上売れると 喜ぶのは 「おそらく主には広告代理店を営んでいる割合が高いと推測される ハプロO」 です。 彼らの手法は 「自分達のおかげで 100万本売れた」 とすることで その100万本に至るには 自分達が提供し宣伝している 「広告」 の力があったからだよ! として 自分達の広告媒体で宣伝すれば 1〜33万本のソフトが100万本売れますぜ! という〜悪魔の囁きをすることで 広告料頂こう ・・ってことらしい。


 でも これは もう 「バカ言うな」 って話で・・ 例えば 現在のファミ通が 「10万部刷っている」 としましょう。 10万部しか 「読者がいない」 のだから 10万部のファミ通で 「売り上げが増えた分」 という〜のは 普通は 多く見積もっても 「その部数のまんま10万本(笑)」 です。  ここに 「広告代理店の宣伝のマジックがある(笑)」 わけですなー。  本当は 普通にそのソフトを売る宣伝担当の人が頑張って売ったか クチ込みなどで広まって売れたか のはずなわけですが (残り99〜66万本ですからね) その 「宣伝担当の人」 か 「クチ込みで広がった ファンの評価」 を 『根こそぎ自分達の手柄にし 奪い取る(笑)』 というね。 


 ただ 多分 バブル期はちょっと違っていて で 俺のトンデモ仮説自論では ゲーム(に限らないが)は 「資質(遺伝子) に対して売れる」 ですので ハプロOの リーダーのようなヤツが先頭に立って 「このソフト買おうぜ」 と言うと 別に雑誌とか読んでなくても 「人海戦術という数の力を武器とする ハプロO」 なので 例えば ハプロOリーダーが 100万人の ハプロOサブグループを保有していると・・ 確かに 1人のハプロOリーダーの力により 「100万人のハプロOの 『顧客』 が動く (ハプロOリーダーが 100万人の 「顧客を抱えている」 みたいな感じなため)」 という〜ことはあるでしょう (まるで ちょい昔のポケモン人気投票の 「コイルの様」 とでも言いますかね)。  で これにより ハプロOリーダーが動けば 「100万人動かせる」 ので もし仮に 「そのハプロOリーダーが広告代理店で働いていた場合」 では その人の影響により なかなかの威力を見せる という〜ことはあると思います。

 
 で・・・ 1〜33万本のソフトが 101〜133万本売れた となることで 続編を作ろうか とか考えた時に ファン比率が 「99%〜75%が ハプロO」 になるため・・ 「より多くのお客さん かつ 現在で一番 人数の多いお客さんに向けて作る」 となると ハプロO向けのゲームになっていってしまう(笑) と言う〜罠&クソな展開になるわけです。 ゲームが別物になっちゃう〜〜 というわけ。 ハプロOは 「見せかけの 抱え込み顧客数で 更に 騙そうと画策する(笑)」 ので 雑誌アピールのしやすいゲーム内容になるようにしろ とか言い始めるわけですね〜・・ (例:超美麗グラフィッコとか(笑))。 で 「ゲーム性」 や 「そのゲームの良いところが失われる」 と。  はいはい これまで 『散々やらかしてくれたものです』。


 で・・ そうしておいて 雑誌自体の 「意義を高める」 し・・ 10万部しか売れてないとか言うことは 伏せておいて・・ しかし 当雑誌の影響は 100万人に対して宣伝効果がある とすると 『ゲーム以外の 商品の宣伝を ゲーム雑誌でしてくれたら? (広告代理店ですからね)』 という〜 「取引上のカードになる」 ってこったですな。  あ〜 まぁ いいや そのへんの話は。


 でも ニーアはコアユーザーが 「ニーアラブ(っぽい)」 こともあり ゲームの中身の変質は嫌気するでしょう。 また 『このカラクリ(詐欺) が もうさすがにバレてしまっている様子(笑)』 もあり 現代では この手の手法自体が 「クソか!?」 と言われてしまうこともあります。   つまり 今回のニーア100万本は 昔で言う 100万本とは 「意味と内容が違うはず」 という〜ことです。 なので個人的に気になるね という〜ところはあります。


 で・・ 


 内実として 「旧来のファン 10万人程度 + 今回で追加で売れた分 +23万程度」 ここまでが 「ソフト実売 (多分)」。  で DL回数 17万の内・・ 10万回が下手すると 旧来のファン10万人が そのまんま DLして +10万人」 で残る 「7万回」 が 「アジア??」 となるわけです。  「アジア市場50万人突破」 ってこういうことだからね。 『ザックリ大雑把に言えば!』 ですが!!(笑)。


 で アメリカ & ヨーロッパで 残る 「50万本DLされたのけ?」 ってことですなー。  あっちの国は物好きがひとまずDLする とか色々あると思うんで まぁ 100万売れたってんだから  米&欧 で 50内訳不明ですが 50万回DLされたんでしょう。 うん。


 で・・ 「ソフトを買った10万人が DLも10万回する」 ってヤツ(笑・笑・笑)。  まー これ 別に現在では 「販売本数の数作りのための常套手段(笑・笑・笑)」 で 販売本数の 「数」 を作りたいソフトでは それなりのタイトルでやってます(笑)。  俺が これ酷いな・・(笑) と思いつつ 思い当たるのは 「ドラクエシリーズ(笑)」 と 「FFシリーズ(?)」 と 「逆転裁判シリーズ(笑)」 ですが(笑)。  クリアーされなくても (ぶっちゃけプレイされなくても) 「無料 ないし ほぼ無料」 としておいて アプリ配信に並べとけば ちょろっとDLしただけでも カウントされますしな〜〜。 でも それでも 1タイトルあたりで 「1000万本を記録にはならない」 ようですが(笑)。 まぁ それはさておき。


 それにしても 人口10倍の中国(アジア市場) で 7万本程度しかDLされてないのか? (最大でも +17万本程度) という〜のが 面白いですね。  俺の考えでは ゲームは 「資質で売れる」 なので アジアで 「相当〜数が少ない資質」 ないし ドラクエ10もそうだと思うんですが ある種の 「コネ売り」 または 「ツテ売り (ないし ツテ買い)?」 なのか? という〜気がします。 少なすぎますもん。


 で 今&今の時代では 「それで アジア市場(日本含む) で 50万本なんやね (もちろん 資質で売れるという話なので 「ゲームを作った人の資質」 も重要なのですが)」 という〜ことですな〜。 


 ただ・・ まぁ 当初は 「100万本突破〜〜!!!」 とか 言っていたけど 「アジア市場で 50万本突破」 と 最近 再告知があり・・ それで このようにざっくり考えてみるなら・・

 
 俺 「あ それなら まぁ 頷けるわ(笑)」


 と思った というお話だったんですね(笑)  ただ それだけのお話と言えばお話です。  


 しかし・・ 普通〜 アメリカに売った場合では 3〜5〜7倍売れるっぽいのだが・・ ここでは ヨーロッパを省くと・・ 10〜33万本売れたのなら 33〜50〜70 〜 100〜165〜240万本 売れてもおかしくないのだが・・ ヨーロッパ市場を踏まえると (注:ここのアメリカ市場倍率は 「かなり適当な倍数値!」 です!) 妥当なのは 「3倍売れた」 ですね。  つまり 日本で 10万本程度売れた 「命数」 に対して 3倍・・。  うん 全然 「普通」 だわ これ・・。


 ヨーロッパは 「ヨーロッパ全部含めて 約7億人」 なので・・ ヨーロッパでは 「17万本くらい売れた?」 としますと・・ 「人口10倍(正確には7倍だし ヨーロッパで日本のゲームを買う国ってフランスかイギリスとか気がするが・・) で 日本の 「命数」 の 1.7倍」 という〜ことなので ヨーロッパは ゲームやる人倍率数 が アメリカより低いですな。  


 すると・・ ちょとと 「???」 と思うのが 「日本でこれまで ニーアを買ってなかった 「+23万人」 の数字」 って 誰なんや??(笑) と。


 ま〜 まだまだ 色々 怪しいのですが(笑・笑・笑)  まぁ 一応〜 アジア市場50万本は 分からんでもないね と。 


 で・・


 ニーアで 「こういうようなこと」 があったこともありつつ・・ 最近 思うのが


 「ダウンロード販売に重要性が高まってるな〜」 


 という〜ことですね。  


 で・・


 あと・・ こういう形で ニーアが100万本(アジア50万本) を達成したなら ゲーム雑誌などの広告代理店さん達って なんなの??  ドラクエ10のブログランキング同様(?)  ランキングに意味ないね & 何を他人の手柄を掠め取ってるの? & ニーアが100万(アジア50万) 売れても ゲーム雑誌の人達とは (もうこういう感じであるのなら) なんにも関係ない話だよなぁ〜〜 とか思ったりもした次第です。 


 これってさ〜 今度の ドラ11 とかにも少しは通じる話なのかね?(笑)  ドラ11の販売本数は 『マヂ見物だわ!』 と思ってもいる次第です。  これ(ドラ11) が まさかの初回100万本程度(下手すると以下) だった場合・・ 恐ろしい話になりますな〜 (まぁ PS4版 100万 3DS版 176万 くらいかとは思うけど)。


 こういう数字の話だけで見ると 任天堂・ド・ピンチ! やな〜〜 という〜気にもなるわけですが(笑) (実際は どうだか分かりませんけど)  でも そもそもで 「これが 真実 で当たり前なんちゃう?」 という〜気もするしねぇ〜。 


 ま 『眺めてるだけ』 で 眺めててると結構〜 オモロイな〜 と思っている俺でした。


 まぁ ニーアのアジア50万本は それなりに腑に落ちました。




 


 
 
 

■ドラ10話 対メイヴで戦車のカードに注目が集まっているようですが・・(笑)

 メイヴ実装で 「内容が目立つ」 こともありなんか最近 「戦車のタロットカードが注目されているらしい」 ですね。 


 レベル50では基本的には戦車のカードに限らず 「攻撃力依存のダメージソース」 はあまり考えに入らないのですが あまりにも戦車戦車戦車と目にするので 「今!」 少しだけ戦車のカードをレベル50で使ってみるとどうなんのけ?? という〜ことを書いてみました というよりも 「今!」 適当に調べてみました。 ミスあったらスマンね。


 まず レベル50時における占い師の 「素の攻撃力」 は 「今!」 ちょっと調べてみた限りでは 「135!(爆笑)」 らしいです。 


 現在のマイキャラはこれに 「戦士の剣(店売り 450G 攻撃力41 (爆笑)」 を装備しており 他にアクセなどで攻撃力が上がる要素が 「きんのロザリオで 攻撃力+3」 しかないので 現在の基本攻撃力は 「179」 ということになるようです。


 ネットなどの戦車話ですと 攻撃力 550 欲しい(?) とか 500は欲しい とか 400は厳しいとかを見かけるわけですが・・ この状態から 「本気出してみた場合」 レベル50ではいかほど伸びるのか?(笑)。


 考えやすかったり 手に入れやすかったりするものから考えたいと思います。


 その場合・・ 最初に考えるべきは 「武器スキル」 なのですが でも まずは 「タロットカード(笑)」 から考えます。 ま 単にそこらにあるネット情報をかき集めてまとめて列するというだけですが。

 
 キラーマシン。 1枚につき攻撃力+3上がる を まず 5枚。

 タイプG。 1枚につき攻撃力+4上がる を 5枚。

 キラーマジンガ 1枚につき攻撃力+8上がる を 2枚。 

 まずは これらをブチ込むことになります。 キラーマシンは 「Aランクタロット」 ですが 攻撃力を上げる! という〜場合では 気にせず 「Aランクのカードを!」 ぶち込むとします。 もう この時点で 酔狂なことを思って レベル50占い師戦車デッキで立ち向かうという場合 残りのモンスターカードの 「枠」 が 「8枠しかない」 ので 多分・・ 「スミス 3? ミケ 2〜3? エンゼルスライム 2 わたぼう? 1」 とかで終わりな気がしますが(笑)。  タロットカードによる 攻撃力アップは これらの合計により・・ 「51」 となる模様です。 


 タロットの次は まぁ 「武器スキル」 という〜ことになるでしょう。  まず NPC店売り系 だと・・

 戦士の剣 攻撃力 41

 クラッシュロッド? 攻撃力 48

 みわくのリボン 攻撃力 29

 ゆうわくの弓 攻撃力 49

 であります。


 で 「武器スキル振りで上がる分」。

 150スキルまでをひとまず考えて・・

 片手剣 +40

 棍 +55

 ムチ +35

 弓 +40


 のようです。 180スキルまで考えた場合・・

 片手剣 +40 +10(180スキル) ⇒ 50

 棍 +55 +10(180スキル) ⇒ 65

 ムチ +35 +10(180スキル) ⇒ 45

 弓 +40 +10(180スキル) ⇒ 50

 
 のようです。 


 ここで 「レベル50武器だった場合」 を書きますと・・

 片手剣 ほのおのつるぎ +66 が一番攻撃力があるのですが 炎属性なので・・ これどうなの? が ややあるので 念のため もう1つ。 きせきのつるぎ +62。

 棍 白蛇のこん +81

 ムチ カルベロビュート +48

 弓 アルテミスの弓 +84 


 
 となるようです。 レベル50武器にツボ錬金で 最高錬金がついているだとかあんまりない気がするのですが(笑) まぁ 『上級成功品 3か所』 あるなら 上記の数値に 「+18」。  全部大成功とか意味が分からない性能だと 「+18」 に更に 「+9」 できるっぽいので 一応〜 錬金関連でゲインすることができる 攻撃力自体は 「MAX+27」 ということになるようです。 


 全て足すとして・・ 「レベル35武器+スキル180 (+27)」 〜 「50武器+スキル180(+27)」 としますと・・


 片手剣 91(+27) 〜 116(+27)

 棍 113(+27) 〜 146(+27)

 ムチ 74(+27) 〜 93(+27)

 弓 99(+27) 〜 134(+27)


 となる模様。  弓ポン と 水流 の効果で悩めるところですが ここでは一応〜 一番 攻撃力が高くなるパターン ということで 「棍」 を考え・・ 棍パートのみで 「146〜173」 とか考えてみたりしたいと思います。


 ここまでが 「比較的簡易と言えば簡易な 机上攻撃力算出」 になるので ひとまず 足してみましょう。

 「基礎攻撃力 135」 + 「タロットカードによるゲイン +51」 + 「スキル180まで振った棍スキルで白蛇のこん 146〜173」 により・・

 
 「332〜359!」 になるっぽいです。


 ーーアクセーー

 顔。 攻撃力が上がるのが一応〜 ダークグラスしかない模様で あるなら MAXで 「+6」 ですが これは 「メイヴを倒すために レグナード・ダクキンを倒して来い みたいな代物」 なので 省くと 顔アクセで攻撃力が上がるものは まぁ ない。 とここではする。


 首。 一応〜 忠誠のチョーカーが 伝承含めて 「+30」 っぽい。 妥当な 「きんのロザリオ」 で 攻撃力 「+18」 っぽい。


 指。 レベル50的には妥当ではないのだが 「武刃将軍の指輪」 で 伝承含めて 「+12」。 「ちからのゆびわ」 で 「+11」。  幻界闘士の指輪で 「+12」。  まぁ 武刃の方が 他の効果もある のでそちらが重要なんだけど・・ まぁ 「+12」 って感じ。

 
 胸。 ここでは 何も考えずに 「セト」 とする。 伝承含めて 「MAX+19」 の模様。

 
 腰。 特になし。


 札。 攻撃+8。

 
 その他。 『攻撃だけ』 を見るなら 「ま・さ・か・?」 のパワーチャームで 「+14」 の模様。 レベル50だと HPとかいくら盛っても死ぬ気がするので パワーチャームでいいんじゃないか? と思うが・・ 個人的には 「まよけのすず(笑)」 で まよけのすずでも 攻撃力上がるので・・ 「まよけのすず で +6」 もアリなんじゃないか? という気はする。 


 証。 魔人の勲章 で 「+3」。  占い師の証 による10%程度の確率でテンション消費しない という効果自体が若干捨て難い魅力がある気がするが・・ 今回は 魔人で。


 最大値想定で 全部 足しますと・・ 「30+12+19+8+14+3」 ⇒ 「+86(+6 ダークグラス)」。 となるようです。


 ここまでで 上記の 「332〜359」 と足しますと・・ 「418〜445(+6)」 となるようです。  おお凄い。

 
 −−宝珠ーー

 炎: 武神の剛腕 +5(+1) 

 風: 禁断のちからアップ +5(+1) 

 これにより 『一応』 ですが 更に 「+12」 となります。  上記の数字と合計して 「430〜457(+6)」 です。


 ーー防具ーー

 防具で 攻撃力が上がる要素は ないっぽいので パス。



 どうなんザマショ??  レベル50占い師でも 一応〜 流行りの 戦車デッキ考案で 戦車部分以外はあまり考えない(笑・笑・笑) で 「完全脳筋占い師仕様」 で 一応〜〜 ですが 攻撃力 「430〜457」。 平均として・・ まぁ 「攻撃力 443程度」 は できないこともない 用意できないこともない という感じ。 


 で 実際のメイヴ戦では まぁ ダメージはなるべく 占い師である自分は受けない(笑) & 基本的に攻撃担当にさせて下さい ゴメンネ としたとして・・ 


 まぁ レベル50占い師ですと 「1分間に 入力できるコマンド数」 は 「8回(笑)」 だとかです。 かつ よくダメージ源の元としていわれる 「災禍の陣なし!(笑)」。

 
 戦車のダメージを 「ついている良い効果」 で トコトンまで上げる として 普通 考えられるのは 「水流で ガード率アップ と カウンター率アップ」 で 「2つ?」。 次に 「教皇のカード」 で 「スクルト & リベホイム」。 あと 戦車を使うとなると やはり さすがに 「力」 による 攻撃力自体のゲイン + バイキルト(良い効果カウントしては 「1」 らしい) あとは 自分に使うのか 味方に使うのか分からんが 「皇帝」。 で あと 時々 「世界」。 ここまではあると思うんです。 (まぁ 弓ポン もちょっと考えられますが)

 
 ここまでで 仕様追加効果スキル数は 「5つ」。  つく良い効果数は 「7つ(〜バイキルトによる 攻撃力自体の上昇)」。 これを 基本的には 「災禍なし(笑)」 で 繰り出した時に 攻撃力 443程度の占い師で 何ダメージなのか? 

 で・・ 1分間 「8回行動」 だとすると ここまでで 「5回行動している」 ことになる。  ここから 「戦車自体を使うターン」 と 「エンゼルの導きを使うターン」 と 状況によっては 「魅惑の水晶球も使う」。  これと 「ついていると良い効果 の 1つ として」 も含めてで 多分・・ 「節制」 があると思う。 


 なんていうか・・ 『ここまでで 操作する行動が終わってる気がする(笑・笑・笑)』。


 で メイヴ検,世箸(笑) は 頻繁に言われることだが 「時間が足りない」 と。  まぁ 一応〜 メイヴ検,痢。硲个蓮 嵬鵤横緩らしい」 のだが・・。 これを 「20分で倒す」 となると 基本的には 「1分間で 12000ダメージ(超) を与えないといけない」。  災禍+戦車? とかを 安定して 1分間毎で使い続けるなんてことは ちょっと考えづらいのだが・・ まぁ 災禍なしでも 2人がダメージャーだとした場合で・・ まぁ 最低でも 占い師は 「1分間で 6000ダメージを与えるとかでないと ここで 安直に机上論だけで 分間ダメージを考えた場合でも ちょっと 倒しづらいのでは??」 となりますね。


 という〜ことは 「1分間で 1999ダメージ与えることができる 戦車を最低でも 3回は使う」 ということになりますわ。  『なんかありえない気がするね(笑)』。  ダメージャーが 3人なら・・ まぁ 1分間 4000ダメージでいいので これは (味方があんまり死にまくらなければ) 現実的な数字な気もしますがー・・。 


 まぁ・・ 「エンゼル ⇒ 戦車 ⇒ 戦車 ⇒ 戦車(え?)」 とかができたとして・・ 「残り4回の 補助効果がけで ダメージ 1999付近の 戦車ぶっぱなせるのか??」  これは 普通・・ 「水流+教皇+力+皇帝」 になり 基本的には 「6の良い効果 + バイキルト」 になるのかなぁ〜? と思います。 もちろん ここに僧侶の 「聖女」 とかもありうるんですが(笑)。 (これだと 「弓ポン 考慮」 で 「弓」 でも いい気がしてきますが・・)。


 というわけで 妥当? かと思われるのは 「オーラ死神 または オーラ戦車」 の2枚をエンゼルで引っ張ってきて 使う・・ になるんかな〜〜・・。 これ・・。  普通の攻撃タロット主体で 戦車分のダメージになるなら・・ という気もするのですが・・ でも 「災禍(笑)」 が 入ってからの 「オーラ戦車(笑)」 を連発することが マイヴ撃破のために 「必要なこととして 設計されとるんか?(笑)」 という気も・・・。
 

 まぁ・・ 「攻撃力440程度で 良い効果 5〜6程度で ひとまず オーラとか災禍とかなしで 戦車が何ダメージくらい出るのか??」 ではありますね。 やってみたい気はあるのですが そこまで揃えるための準備の時間を考えますと あまりやる気が現時点でも 出ませんね・・。 


 ただ まぁ レベル50占い師でも これくらいのことは 頑張ればできるんかね? これまで 戦車なんて 「ありえんわ(笑)」 と思ってたけど それを撤回(笑) してでも 試す価値のある案件なのかどうか? 


 まぁ・・ 「そんなような話」 ですなぁ〜・・。 うん。 どうなんだろね? (^−^;;;)


 メイヴは一応〜 属性耐性があるのですが (属性攻撃のダメージが 25%カットされる)  一応〜 「攻撃魔力盛り盛りのレベル50占い師で 各種攻撃タロットカードのダメージは 平均的には 500程度 になるんじゃないか?」 と思う。 攻撃魔力盛り盛り 「しない場合」 では 平均400ダメージくらいな気がする。  属性耐性 25%ある ということは つまり 「攻撃魔力盛り盛りで 平均ダメージ 400 くらいですか?」 ということになり・・ 1分間8ターンで 攻撃タロットだけを 使いまくったとして 「1分間 合計ダメージ 3200(笑) (+死神による呪いが入れば 更に 上がる)」 なんよねぇ〜・・・。  まぁ 「そのへんとの兼ね合い」 ってことですな。  まー 実戦抜きで 頭&机の上で考えたみた場合では 「そんな感じなんかね?」 というこってす。


 実際は 「頻繁に死ぬだろう(笑)」 ので まったくもって 「この通りにはいくはずもない(笑)」 んですけどね(笑) (^−^;;;)  (やはり 「まよけのすず(笑)」 か・・ (笑・笑・笑))









◆ファイアーエムブレムヒーローズ話

 なんか昨日から ファイアーエムブレムエコーズの発売記念に合わせて(?) ファイアーエムブレムヒーローズでも発売おめでとうイベント(?)が追加され 幾つかのプレゼントと 「ペガサス三姉妹手に入るよミッション」 が始まったりしたのです。


 で なんとなくやってみたりしたのですが・・ ここで 注釈が入ります。


 実は 俺のファイアーエムブレムヒーローズプレイ模様は 「所有ユニット数がかなり少なかったり」 します(笑)。 基本的に 俺自身が つかえんなー と判断されたユニットは英雄の翼のためもありますが これまでで ことごとく送還され(笑) ガチャ引きまくりの人は所有ユニット可能数の枠(兵舎)も全開まで拡張してそれでも保有ユニット枠が足りないとか ドラ10で言えば倉庫課金するかマジ悩む みたいな話になっているのかもしれないし また 何故か そういう悩みを持っている人の方が大半であるという 思い込み認識であったりするみたいなのですが 私の場合はそういうことはまったくなく むしろ ユニット枠にしても 倉庫枠にしても 「ガラガラに空きまくり」 です。 


 俺は基本的に過去作のキャラをサルベージ&リメイクして 往年の過去の遺産達や英雄達が蘇り 現代でもそういうキャラ達がデカいツラして 『現在のタイトルを 浸食してしまうようなこと』 が 『大嫌い』。  過去の戦いは過去であり 現代の戦いは現代であり 現代の戦いは 「現代で 「主人公のキャラ達」 が 文字通りの 「主人公であるべきだ」 と思っている」 人です。 


 このため・・ FEHの場合ですと 一応〜の主人公キャラ達である 「アルフォンス」 「シャロン」 と 「アンナ」 の3名が それにあたるので彼らの強さを ☆5 にするために 英雄の翼が 20000 ×3キャラ分 必要だ。 そして それを基本的に 『無課金(笑)』 で やろうとすると 提供オーブや無償オーブなどなどで ガチャ引きした英雄達のほとんどを 『送還(笑)』 して かつ 闘技場でも 英雄の翼を稼いで・・ などなどをして・・


 で・・・ 実は つい最近・・ アルポンスくんとシャロンたんとアンナたんのレアリティが 全員☆5! となり いや ホント つい最近のことです(4月初旬だった気がする)。  2月2日(だっけ?) に配信が開始されたアプリということですので それまでに様々な 英雄の翼プレゼントなどなどもある のであるのですが 『無課金でやった場合で 元々☆3(だっけ?) のキャラ 3体を ☆5 にするのにかかる日数というか歳月は 約2カ月半! かかる!!』 という〜ことになります。  ガチャで手に入れた英雄を送還して貰える 英雄の翼だとかも含めてね。 


 別にこのゲームは キャラを強くしなければクリアーできないマップがあるわけではなく そういう意味では ドラ10の 「キャラを強くしても倒す相手がいないよ問題」 同様・・ レベルを上げてキャラを強くする 「意味がほとんどない(笑)」 のですが・・ で どぉ〜してもクリアーできない最終付近のマップだけは 「コンテニューする(笑・笑・笑)」 で クリアーすればいいので キャラを強くする とか キャラを集める だとか キャラをゲットしてレベルを上げるだとか そういうモロモロの活動は 厳密には 『意味がないおまけ』 ではあるのです(笑)。 


 やはり そういう意味では 一応〜シナリオとして用意されている連続クリアー達成型マップを進めていき・・ その進める 『過程』 にキャラの成長物語が盛り込まれている部分・・ という〜のが FEHに限らないかもしれませんが この手のゲームの 『一番の楽しみどころ』 となりますね。 『過程』 です。


 で・・ 主人公キャラ3体が☆5カンストしてしまうと 過去の亡霊達とも言える過去キャラ達を 「送還」 するのも面倒になってきたりしますので 最近はイベントなどで手に入るキャラ達を送還もせずに 手に入れたら割と放置 していたのですが・・ 



 まず 「エコーズ」 の影響です。  あ いやね。 エコーズガチャを引いてみたら いきなり 『1回目のガチャで アルムくんが出た!』 んですね。 クリフはガチャで出ないのか? とか そういうことはひとまずさておき・・ 1回目で出るとは これは 『確定してたんか?(笑)』 と思ったりするのですが・・ で アルムくん = ファイアーエムブレムエコーズ ⇒ ファイアーエムブレム外伝 という〜ゲームは 私的にちょっとひっかかるファイアーエムブレムタイトルではあるのですが それはさておき・・


 アルムくんを育ててみましたら 「結構〜つおい」 んですね。 最初 「風薙ぎ」 という スキルの効果説明を読んでも 何がなんだか分からん これ普通〜に 素早さ高めで再攻撃した方が強くね? とか思った 「新スキル」 もあるにはあるんですが・・ 使ってみると これ つおいんですね。  「風薙ぎ 3」 までにすると 敵よりも 「素早さが 1でも高ければ!」 敵からの追撃などなどを喰らわない・・。 つまり 『1回だけ 敵からのダメージを 喰らわないで一方的にダメージを与えることができる!』 という〜スキルだったのが 「風薙ぎ」 です。  でも これ・・ よくよく考えてみると 「敵からのダメージを喰らわないで 1回攻撃できる」 ですので よくよく考えてみると 「弓ユニットの性能」 なんですね。  アルムくんの装備は 「剣」 なので 1距離攻撃武器種なので 2距離攻撃の 弓 とはちょっと違う のですが。  でも 外伝のアルムくんも クラスチェンジして 「戦士 ⇒ 勇者」 になれば 弓が使えるようになるので 元祖ファイアーエムブレム外伝のアルムくんの 「剣+弓のユニットである」 という〜特徴を表現したスキルということではありますね。 それにしても アルムくんのクラスチェンジは 「ロード ⇒ スターロード」 とかではなく 「戦士 ⇒ 勇者」 で 「勇者」 なんですね(笑)。


 1距離攻撃とはいえ・・ 普通の弓ユニットよりも使える感があるとはどういうことなのだろう? と思いますれば・・ やっぱ それは 「基礎攻撃力の高さからかな〜?」 と思ったりしました。  FEHの弓キャラは 「無属性」 で じゃんけんのような相性の 3すくみ から除外されるため・・ 元からある程度攻撃力高めのアルムくん(剣) で 斧キャラに攻撃仕掛けるとそれだけで 1発で倒せるシーンもチラつきつつ・・ 敵が存命しても アルムくんはダメージ 0 ですからね (アルムくん(=こちら)から攻撃した場合で 敵よりも素早さが 1でも高ければ)。 次のキャラで倒せるか・・ または 踊り子で再行動してアルムくんが攻撃すれば 「ノーダメ」 で 敵の数が1体減る・・ っていう・・。  敵の数が 「3〜5体くらい」 になっている今作において 「ノーダメで 敵の数が1体減る」 という〜のは なかなかデカイんですね。 


 でも これ・・ 厳密には 「弓キャラでもできるはず」 なのに 何故か弓キャラだと この手ごたえがないんですよね・・。 やっぱ 「基礎攻撃力の違い」 なんでしょうか? まぁ ユニットのステータスとかよく見てないんですが(笑)。 


 これまで・・ ほとんどのキャラで 「これつぇぇ!」 という〜手ごたえのあるキャラは あんまりいなかったんですが・・ (まぁ そうであるべきなんですが(笑) 課金ガチャ系ゲームで あまりにもユニット間にキャラ性能差があり過ぎるのは ちょっとね〜・・ というとこも チョロチョロあるので) あ 個人的に これつぇぇ! と思ったのは 「踊り子の オリヴィエ」 「魔法騎士の オルエン」 です。 多分 育成すれば強そうなのが 「天馬騎士の ツバキ」。 このへんは 強そくね? と思うんですが・・ 「オリヴィエ」 とか ☆3で使ってますからね(笑)。  まぁ 「踊りスキルがあまりにも絶大な効果過ぎるため」 な上で オリヴィエは スペシャルマップで手に入るので 「誰でも手に入る」 という〜点からしても 「つぇぇ!」 というか 「つかえる!」 ということなんですけどもね。 


 オルエンは 兄妹ガチャの時に たまたま コイツだけ出たのですが・・ 最初は弱くね? と思ったんですが・・ やはり 「魔法版勇者の剣」 である 「ダイムサンダ」 の潜在的威力が物凄く・・ しかも コイツ 「騎士ユニット」 ですので FEHにおいて 「3マス移動できる」 という〜 脅威の移動数。 よぉ〜するに 「5マス射程」 なのである。  森マスとかは移動できないが・・。  今作のマップは 「横6 × 縦8 マスしかない (48マスしかない)」 のに 5マス射程とか・・ ありえん広範囲射程範囲 でありまして・・ あ これは別に これまたスペシャルマップで手に入る 「セシリア」 でも同様のことは言えるのですが セシリアたんと違い オルエンたんは 「ダイムサンダがある!」 ですので・・ いきなり出てきて 「2回攻撃確定でかます & 2距離攻撃なので これまた 一方的にダメージを与えるだけ」 なので これで 1体倒せちゃう〜 とかも 結構〜 あったりするわけなんですよ。  


 ツバキ は これまたスペシャルマップで手に入るキャラなんですが (なので ガチャ引き運に依らず オリヴィエ同様 「みんな取得できる!」 と言えばできるキャラなのですが!) 使っててどうも 生き残りやすい? 印象で コイツは多分・・ 素早さ・防御・魔防 の値が 絶妙〜に微妙〜に多分高い。 レアリティ1〜5 ×レベル40 の範囲帯の渦中という〜 ステータスのバラつきにより イマイチその 範囲内におけるステータスの強さの基準が実感しにくい側面がある中で 多分・・ ツバキは 素早さ・防御・魔防 の数値が 他キャラよりも ちょっとだけ高い? していて 結果的に 同レベルキャラ同士で比較した時に バランス調整上で 少し抜きんでてしまうキャラって どうしてもいると思うんですが その 「たまたまの抜きんでているキャラに なったキャラ(笑)」 な感触がある。 

 
 あと入手したことはないのですが 敵で出て来ると 「コイツ 強くね?」 と感じるのが 「ヘクトル」 ですかね。 まぁ 定番(?) の 「タクミ」 と 「リョウマ」 も 強げ感は受けるのですが(笑)。 状況次第では 「ニノ」 と 「歌う(踊ると同じ効果) を持っているからこそ! の アクア」 たまに 「リリーナ」 極稀に 「ファ」 あたりも 強げ感を感じますが・・ まぁ それは それとして。 


 ただ まぁ こういうことを書いてはいますが 基本的に 「別にマップをクリアーしてところで なんかあるわけではないゲーム」 なので 俺としては 「イベントなどのマップなどが高速で終わる(笑)」 または 時間がかかる時には 「コンテニューを数回使えば それで 1回クリアーして終わりで もう再戦をやる必要がないことで その後のゲーム時間をカットできる」 という〜方を 『採用する!!(笑)』 ので まぁ 「オルエンちゃん」 が いきなり切り込みで 「敵1体倒す・・ あわよくば 2体倒す」 の後・・ 育成したいキャラ達を まったりと オリヴィエたんで 倒す ⇒ 以下繰り返す ことで 早く終わらせる(笑) で いんじゃね? っていうプレイスタイルなのでねぇ・・。  まぁ それも オリキャラの 「アルポンスくん・シャロンたん・アンナたん の 3キャラが ☆5レベル40カンストした」 ので 必要なくなってきてはいるのですが(笑)。


 まぁ それはそれとして・・・


 で・・ アルムくんは 従来の弓キャラの特徴があるキャラなだけなのに使ってみると案外強いんですね。 やはり 「一方的にダメージを与えることができるキャラ・・ それも 敵のHPの半分以上を与えることができるキャラ (かつ 防御とかが高い)」 という〜のは 使える 「印象を受ける」 んだなぁ〜 と思いつつ・・ でも さすがに この 「アルムくんだけ」 は オリキャラの3名を 「喰う性能やな」 と思ったわけなんです。 あ 「オルエンたん」 も食いますけど(笑)。 


 そうした中で 「ペガサス3姉妹の無償提供イベント」 が 追加されたわけです。 これは 現在の時空ですと 外伝キャラのみが目立つ様子 となり (まぁ ペガサス3姉妹は 初代ファイヤーからいますけど) 個人的に 「そのゲームタイトルは そのゲームタイトルのキャラが活躍 と言いますか 活躍できなくても 使ってあげるべきだ(笑)」 という〜スタンスの俺からしますと・・ なんていうか さすがに 「ヒーローズキャラ 対 外伝キャラ」 で 無視できない キャラ割合比率になってきたんちゃうか?(笑) と。 


 で・・ 「そういうようなこと」 がありつつ・・ ペガサス3姉妹の内・・ 2姉妹 (パオラとカチュア) をひとまずは ゲットしてみたんですねー。  そしたら・・ なんて言うんでしょう・・ 吐き気が・・ (スマン)。


 他の課金系ガチャゲーでもそうなんですが・・ 所有キャラの数が多くなり過ぎると それらのキャラが (俺の脳みその性能では) 把握できないこともあり あまりにもキャラの数が多くなり過ぎると 「キャラ削除(笑)」 とか すぐに俺はやってしまうんですが(笑)  今回は 「外伝キャラのキャラ比率」 も踏まえつつ・・ ここ最近で 「無償提供キャラがちょっと増えた」 こともあり・・ いつもなら (他の課金ガチャゲーでもそうなんですが) 私的に 『ここまではキャラを保有しない』 という基準を 『丁度超えたところ』 だったようです。 


 で・・ 数えてみたんですね。  つまり・・ 「俺は 保有キャラ数が 何キャラ以上になると 「これ ちょっと多過ぎるわ!」 と感じるのか?」 という査定です(笑)。

 
 そしたら 「パオラゲットのところ」 で 「22体目(笑)」 でした。 で 22体目のパオラのタイミングで 「うっ・・」 となり・・ 「カチュアゲット」 になる 「23体目のところ」 では もう 「多過ぎて あかんわ!!(笑・笑・笑)」 モードが 完全に発動していました(笑)。


 という〜わけで 俺のような人間が 課金ガチャゲーなどの 「大量〜ユニットゲー」 で 『耐えることができる 保有ユニット数』 という〜ものは どうやら 『21体が限界!!(笑)』 という〜ことらしいです。  21体までは そこまで放置気味で 所有していても そこまで気にならなかったんですが・・ 22体目の節目数から 「多い・・ キツい(笑)」 と感じるっぽいらしいです(笑)。 


 ここ(21体目)を超えると・・ 「あぁ キャラ削除してぇ〜〜・・ FEHの場合は キャラ送還・・ または 最近 実装された スキル継承で 保有キャラ数 減らしてぇ〜〜・・・・」 という〜 謎の欲求が発動するっぽいです。 俺の場合は・・ ですが・・。


 という〜わけで 「21体までが限界なんやなぁ〜〜 (俺の場合は・・ &FEHの場合では・・ で ですが)」 と実感した という次第です。  この21体までの枠の中で 「特定シリーズキャラのみの枠数」 が 「3キャラ以上になる傾向が見えてくる・・」 と・・ 「今作のキャラ達を 他のタイトルのキャラ達が食ってる感」 も出て来る・・ ようです。  まぁ・・ 確かに 出撃可能ユニット数が 「4体まで」 で かつ オリキャラも 「3体」 なので 「3〜4体でパーティが組める」 となると 出撃ユニットから オリキャラ3体を完全になくせるので そのへんも理由なのかもしれませんが。 

 
 あー ちなみに 「こういうようなこと」 なんで FEHのミッションの中にある 例えば 「全員飛行ユニットだけで レベルなんたらの敵を なんたら体倒す」 とか 「重装の仲間もユニットに入れて マップをクリアーする」 という〜ような 「お題」 は たいがいの場合は 『スルー』 しています(笑・笑・笑)。 


 で・・ 今回の場合は エコーズ(と初代ファイアーからのペガサス3姉妹含む) のキャラの大幅な(?) 「所有ユニット割合率の増加」 ・・・ とは言っても・・ 「21体で うっ・・ 多い」 と感じるということは 今回は 「+4体追加」 なので・・ 全体としては (俺の所有ユニット数的には) 「20%程度」 なのですが・・


 ・・・てか・・ こうして書いてみると 「20%程度」 って 多いな・・。 これに現在の場合では 大英雄戦で手に入れた 「ミシェイル(笑)」 が 居たりするので てか・・ 今 よくみてみると 「ドーガ」 もいたりするので 初代ファイアーキャラはこれで 「5体」。 エコーズ重複は 「3体」。 初代キャラだけだと 「キャラ所有率 25%超えてる」 という次第だなぁ〜。 (今 よく見て見たら ゴードンくん もいたわ(笑))


 で・・ この 「20〜25%」 程度になってきたら・・ このゲームは アルポンスくんとシャロンたんが一応〜の主人公キャラで 一応〜 アンナたんは 全(?) ファイアーのナビゲートキャラっぽいところがあるけど 今回 キチンと戦線に立っているので(?) (だっけ?) まぁ 今作キャラとカウントしたとして・・ で・・ このゲームは アルポンスくんとシャロンたんが 『主役のゲームで 世界のはず』 なのに そういうアルポンスくんの世界に 「居つき・・ 居つき続けることで 使えるユニットだったりすると だんだん外せなくなる もしくは 該当キャラを使っての ゲーム進行の 「習慣」 が ユーザーにつくことで そのキャラを外した戦闘が考えられなくなる などなど」 により まるで 「住み着いているようじゃないか?」 となり・・


 そして・・ そうして住み着いていることで いつの間にか 数を増やしていき・・ 気が付けば 「彼らの世界だったはず(アルポンスくんとシャロンたんの世界だったはず) なのに 人口数の力により 過去キャラ達の世界に 移り変わってしまうかのような気配・・」 を 物凄く感じ始める最初の段階・・ を感じたんですね。 


 あぁ〜 こうして だんだんと 「その人達の世界を 食っていく」 んだなぁ〜〜・・ って実感です。 


 ファミコンゲーム人口が 3万人しかいないんですか? じゃあ 移民(笑) で 人口増やして 100万人 300万人にしませんか? そしたら 経済的効果も凄いですよ! とか言って 気が付けば 「100〜300万人の人気投票(民主主義) によって その世界の政治や 未来の方向性を 他の人種が決定する」 という展開になる。  そして 遺伝子的には その異種族の違いは感覚としては分かっているので 人口により決定された政治(&未来の方向性) は 人口有利になった移民達に有利になるものを採用し続け・・ 元からいた人達の境遇はどんどん酷いものへとなり・・ ゆくゆくは 「移民してきた 大人数の方々を 「喰わせるため」 に 奴隷のように従事する(させる) ような扱いへと 位置づけさせる」。 


 そして・・ 「種がなければ 作物は育たない。 増えない」 により・・ ゆくゆくは 「元から住んでいた人達が その過酷な扱いと重労働に疲れ果ててくたばる時がやってくる」。 その時・・ 「根」 をなくしたその世界は 移住してきて 数を暴力的に増やした方々にとっても 「喰えない世界」 となり・・ その時には 「新しく移住できる世界を求め・・ その移住した世界でも 同様の タネ・根っこ の食いつぶしをすればいい」 増えるだけ増えたら 俺らの勝ち! だし 有利だ! 


 『こういうの 俺 嫌い』


 なんですよ。 


 つ〜わけで FEHキャラの 間引き(笑) と言いますか・・ キャラ送還 ないし スキル継承 させて 保有キャラ数を 減らす作業(笑) を ちょっとやりたいと思います(笑)。 


 そやの〜。 現時点で残すキャラ候補は (オリキャラは送還できないし オリキャラは この世界の元からいる住人なので 除外したとして・・) 現時点ですと 「オリヴィエ(笑)」 「オルエン」 「アルム」 の 『3キャラだけ残しておけばいいんじゃないか??(笑・笑・笑)』 という〜気がする。  他のキャラは 「送還」 ないし 「スキル継承」 で サヨウナラ と・・。


 ダメですか?(笑) そういうの??(笑・笑・笑)


 そんなことをちょっと思った次第ですな。




 
プロフィール
このブログを書いている人
コードネーム 516
 自分では1つも楽器の演奏はできませんが音楽とつきあう人生を送っている普通の人です。 最近の日々的趣味はドラクエ10 ⇒ ポケモンサン&ムーン ⇒ まったり です。 
記事リスト
  • ライブドアブログ