今回はドラ11話です。 


 先日の発売日発表会の後・・ 今週のジャンプ(4月17日発売号)でドラ11のパッケージイラストが公開されました!!


 が! そのイラスト!!(笑・笑・笑)  それを見た俺は 「うわぁぁ〜〜〜 これはぁぁ〜〜〜・・・」 と感想したりしてしまいました!(笑)  っていうか パッケージイラスト自体は先日の発売日発表会で 「ソフトの箱をそのまま見せている(笑)」 ので もう公開されているのですが(笑)  この実物の箱(パッケージ)のイラストでは あまり 「うわぁぁ〜〜〜 これはぁぁ〜〜〜・・・」 と思わなかったんですが それは 「実物の箱の状態」 だと パッケージイラストの 「とある部分」 が 「ドラゴンクエスト11 というタイトルロゴ」 により 『隠されてしまう』 ために イラストの全貌がよく分からなかったためでした(笑)。


 で そのパッケージイラストの全様を ちょろっとどっかのネットページから拾ってこようと思ったのですが まぁ〜 なんつ〜か 「ちょろっと検索しただけでは どこにもね〜〜んですよ(笑)」。 というわけで 「今週のジャンプ立ち読みして確認してね☆」 もしくは 「実物の箱の画像とかをよく見て見てね☆」 ということになるんですが・・ まぁ だから これ・・ 一種の情報規制かな?(笑) と思うんですが・・ まぁ それは さておき・・


 「ドラゴンクエスト11 の タイトルロゴ」 を消した 「イラストの全様が見れる」 と何が変わるのか? タイトルロゴのところに 「何があるというのか??」 です。


 それは 「旗」 です。 ドラ11の主人公が 「ロトのしるし のマークの旗を持っている」 のです。 そういうイラストとしての 「全様」 が分かります。 



 これを見て・・ 俺のような人間としては 「何を思ったか?」 なわけです。 それは・・


 俺 「うわぁ〜〜・・・ スティーブ・ジョブズ やんけ〜〜(笑・笑・笑)」 と!!!(笑・笑・笑)



 『1981年にMacintoshプロジェクトに乗り出したジョブズは、メンバーを鼓舞するため、Macintoshプロジェクトが行われていたテキサコ・タワーの屋上にドクロの海賊旗を掲げていました。「海軍に入るより、海賊であれ」という精神に基づいてMacintoshの開発が進められた結果、ジョブズが「“メチャクチャすごい”(Insanely great)」と評した初代Macintoshが誕生したわけですが、その「シリコンバレーの海賊旗」が発売されることになりました』


   03_m


  (適当なネットページより転載)



 ドラ11のパッケージイラストは (俺のようなヤツからすると) このイメージ・・ ということになります。  つまり 「アップル精神をちょいっと拝借した」 ということです。


 以前から書いていますが・・ 日本におけるゲーム文化の始まりのゲームハードである 「ファミコン」 と 「アップルの商品」 というものは 俺の個人的な 「感覚&感触」 から言うと 「ほぼ同質のもの」 です。  そして アップルと言えば ジョブズです。  そのジョブズの掲げたドクロの旗のイメージを (ある意味で) 模倣した(コピーした(笑)) ドラ11のパッケージイラストであるということは やはり・・・


 やはり・・ 今度のドラ11は 「ファミコンドラクエプレイヤーに向けて提供されている(?) (ただし めちゃくちゃ根底にある 「隠し要素として!(笑)」 ですが!!)」 と (俺のようなヤツからすると) 『感じ取ることになります!』。


 ふむ〜〜・・。 やはり ドラ11は 「Y染色体ハプログループ N」 の 人達に対してのメッセージを 『あくまで 隠し要素として!』 内包している・・ という〜狙いがあるのか〜・・ と思えるところです。


 まぁ Y染色体ハプログループ N は アス学で言えば リソル(笑) で 「悪魔の子 (笑)」 で ドラ11の主人公も 「悪魔の子 (と呼ばれた)」 で・・ スティーブ・ジョブズも まぁ・・ という感じですからね。 


 しかし・・ 「ハプロN」 の連中〜というのは 以前でもチマチマ書いてきていますが 「ちょっと特殊」 なのです。 基本的には この日本と中国に少数おりつつ・・ 勢力分布フラフとしては ロシア〜北欧にかけての分布が多く見られますが・・ アップルのあるアメリカなどでは 基本的には生息しているようには 分布グラフからは見られず・・ つまり アメリカは移民の国なので いないことはないだろうが メチャクチャ少人数(グラフに現れないくらいに) また ロシア〜北欧は グラフで見ると分布が多いように見えるのですが 実際は 少数民族がバラついて生息しているので これまた少ない。  北欧〜バルト三国 付近では そこそこの人数でいるようなのですが・・ そういう連中なので(笑)  例えば スティーブ・ジョブズが 「やってきたことは 確かに ハプロN っぽい感じだが ここで都合よく スティーブ・ジョブズが ハプロN か?」 と言われると 確率的には かなり怪しいことになるのです。  まぁ ジョブズは シリア?(だっけ?) の人が養子に出した? とかいう境遇もあるのですが シリアとかなると ますます ハプロNとかいるんかよ!(笑) っていう(笑)。  普通 ヨーロッパ付近&アメリカだと 「ハプロR」 とかの方が よくあるわけなんですよ。 ただ シリアは・・ う〜〜ん・・・。 


 ハプロN自体の 「世界人口自体」 は 世界で 「5000万人程度」 らしく・・ 60億の世界人口から考えると 全体の 「1%以下」 であり・・ 人口数だけなら 「ハプロO」 「ハプロR」 の方が断然多いんですわ。 (ハプロOとハプロR だけで 世界人口全体の 半分以上だったっけ?? よく調べてません(笑))


 この 「ハプロNの連中の特徴」 は 俺の 「トンデモ妄想仮説」 からすると ちょいと以前にも書きましたが・・ まず 発祥の地が 一応〜 中国東北部と言われている。  一応〜 ハプロNO から派生。 で・・ 俺のトンデモ妄想仮説ですが この地方で 「雷の音 (≒恐竜の鳴き声に多分近かったと思われる)」 を聞いて 人類が人類になる前の 「本能とその本能に近い部分の記憶が覚醒(笑)」。  その後・・ 人類の歴史を 「脳内で高速でやり直す (シュミレーションする)」 というスキルを身に着けてしまい それにより 「現在の環境や状況に合わせて 古代の記憶から 「やり直し」 をすることで 最適化する (環境適応する)」 という〜スキルがある連中(笑) かと・・ 『勝手に妄想解釈している次第』。 


 この 「一度 全てをリセットして やり直す というスキル」。 これが 「ファミコンにもあった精神性」 で アップルの iPhone にも 「ホームボタン ⇔ ファミコンのリセットボタン」 として その精神性(?) が採用されている。 され続けている。  そして 「記憶を 何度でも 成功するまで 最初からやり直す」 という〜 「所作」 は 「音楽演奏と同じ」 (例えば 特定の曲を うまく演奏することができるようになるために 何度も最初から練習を繰り返す・・ という〜ことと同じ ということです)。 


 特徴となるスキルの覚醒の 「きっかけ」 が おそらく 「雷の音 (≒恐竜の鳴き声 ⇒ 雷 + 恐竜 で ドラゴン)」 だったのだろうということも 「音楽 と結びついている」 と推測されるわけです。  だから 「ドラゴンクエスト」 という〜ゲームとそのタイトル&内容 という〜のは そういうところから考えると 「元々 ドラゴン(=ハプロN」 のゲーム(笑) みたいな話になり・・ ハプロNの連中の中で 「勇気あるもの」 が 昔のおっかない恐竜の 「脳内イメージ」 に立ち向かい その脳内イメージで現れる恐竜(ドラゴン) の恐怖を乗り越えた先にある 未来 (環境最適化) を手に入れる! という〜 ことになんのけ?? となるわけなわけです。


 しかしですね〜・・。


 ジョブズもそうなんですが・・ 『そんなに都合とく ハプロN の連中が関係してんのかよ!!(笑)』 ってことです(笑)。  なんせね・・。 アメリカでは 生息グラフに現れないくらいに少人数であろうことと 世界人口的にも5000万人と少数。 そりゃ ビジネスとかの世界では 飛び抜けて成功したヤツが目立つので 5000万人もいれば 数人くらいは 世界クラスのビジネスに名前が出てきても おかしくはないのですが・・ 


 なので 俺としては 「ハプロNは特殊」 とよく言うのですが・・ 多分・・ ハプロN という〜のは 「精神性(笑)」 に 転化されているんじゃないか? と思うんですよね。  言ってみれば 「魂になってしまった連中(笑)」 という〜わけです。 音楽は心 だとしますと ハプロNの連中というのは ある意味で 「肉体を離れて 魂に その遺伝子的特徴が 投影されまくってしまった連中ではないか??(笑・笑・笑)」 と!(笑・笑・笑)


 まぁ 恐ろしいほどにトンデモ妄想仮説(笑) なのですが!!(笑)  もし 「魂の情報の方に 遺伝子的特徴が 転化している連中(笑)」 だとすると 「物理的遺伝としての ハプログループは無視できることになる(笑)」 ので どのハプログループでも 「ハプロN の精神性はありうる(笑)」 という〜ことになるわけです。  でも 自分で書いてて思うんですが・・ 『そんなことあるか??(笑・笑・笑)』 と!!(笑)


 まぁ・・ 言ってしまえば 「ハプロN の連中というのは 「人の心 や 魂」 に なっている連中(笑)」 であり・・ 言ってしまうなら・・ 「憑依(笑)」 と言いますか・・ 「のりうつり(笑)」 と言いますか・・ 「音楽の曲の中に 自分達の精神性を 記録し・・ その音楽を演奏する人の 「心」 に 蘇る(笑) (なんせ 人類がハプログループ分岐する 『前の記憶』 まで 『リセット』 してから 『やり直す』 という〜 手順なので 屁理屈の上では これは 成り立たないこともないが・・ (笑・笑・笑) という〜次第です)」 というわけです。  まぁ 「心を奪う のり移りの 幽霊のようなもの(笑)」 ですね(笑・笑・笑)。


 そうなってしまってるのが 「ハプロN なんちゃうか?」 と思うのです。 だから これは俺のトンデモ妄想仮説クライマックス もいいところですが・・ 「ハプロN という〜連中は とても特殊!」 なのです。  また そういうことなので 言い換えると 「誰でも ハプロN の (精神的特徴を) 持つことができる!(笑)」 という〜こったでもあります(笑)。


 なので もし 俺が酔狂なことを思って 遺伝子検査でもしてみて(笑) もしも ハプロNグループでは なかった場合では・・ こんだけ ファミコン! ファミコン! ファミコン! アップル! アップル! アップル! と連呼し続けているので・・ 『俺も その ハプロNの 『霊魂達(笑)』 の影響を受けてヤツ!(笑)』 という〜ことになると思います。  俺の場合では 「ファミコンによって!(笑)」 です。  検査結果が そのまんま ハプロN だった場合では 「素養(笑)」 という〜ことになりますかね・・。


 少し 話が変わるんですが 今度 ニンテンドースイッチ と PS4 のダウンロードソフトで (あ・・ それにしてもですね 「ダウンロード」 って 上記のように考えてみると 「凄いこと」 ですよね。 「ダウンロード」 って これ まさに! ゲームハードではありますが・・ 「データをコピーしている」 わけです。 なので 「データコピー = 脳内情報を書き換える = 上記で言うところの 脳内情報を書き換えて 魂を入れ替える(笑) という〜ことですからね。 まぁ それは さておき)  「ワンダーボーイ」 という〜ゲームが出ます。 詳細は コチラ ⇒ となりますが・・ ( http://www.4gamer.net/games/377/G037777/20170418026/ )


 この紹介画像の最初の 「カミナリに打たれている画像!!!(笑・笑・笑)」  そして 「ゲームストーリー背景」 が これ なんですが・・ (笑・笑・笑) 


 『メカドラゴンの呪いによってトカゲの姿に変えられてしまった主人公の「ヒューマン」。(今作では待望の女の子キャラクター「ヒューガール」も初登場!) 主人公が元の人間の姿に戻る方法はただ一つ、メカドラゴンの呪いを解く力の宿る魔法のアイテム「サラマンダークロス」の力を手に入れることです。 冒険の行く手を阻むドラゴンたちを倒すたびに呪いの力はさらに強くなり別の生き物へと変身してしまいます。それぞれの呪いには特殊な能力が備わっています。それぞれの能力を駆使して「サラマンダークロス」のもとへ。』


 俺 「モロ やんけ・・!!!」  と!!!


 いやぁ〜〜・・ 「狙ってます」 ね〜〜・・・。  これらの話を踏まえた後ですと 『明らかに狙ってます!!』 ねぇ〜〜・・・。  


 このゲームが 「フランスから出る(笑) (フランス在中の人が作った ないし作ってるらしい)」 という〜のが また イミフで面白いですね。 
 
 
 まぁ・・ すると 上記の 「ハプロN 魂化 理論」 は 正しいのか・・?? と やっぱり ふと ちょっと思ったりしてしまうわけですが・・ (笑)  (それに アメリカのトランプも先日 なんだかんだで シリアに攻撃しかけてますし・・ なんか 繋がりがありそうな気がしてしまう・・ と言いますか・・) 




 まぁ そのへんの話はこれくらいにして・・ 話を戻してとにかく・・



 ドラクエ11のパッケージイラストで 旗を掲げていれば 見る人によっては これは 「ジョブズだろ!!」 と思ってしまう(笑) という〜こと!! です!!(笑)。


 ドクロの旗が ロトの紋章 になっている というね。  で・・ ジョブズは ファミコンと精神性が同じだと俺は思っているし感じてますので ここで(ドラ11で) 「ロトの紋章の旗を掲げる!」 という〜ことは これは 「ファミコンからの ドラクエプレイヤーへの 強〜〜〜烈 なる メッセージ!!」 という〜ことになり・・ 「今こそ 立ち上がれ! ファミコンドラクエプレイヤー魂!」 ということになり・・ でも それって 言ってしまうと・・ 「ドラ11の主人公は ハプロN (アス学で言えば リソル(笑)) で ファミコンからの ドラクエプレイヤーのための・・ ファミコンからのドラクエプレイヤーに対して 提供しているのが ドラ11 なん??(笑)」 という〜 ことになってきてしまう。


 だから?? もあるかと思うのですが そのメッセージは 「分かるヤツにだけ分かればいい」 として タイトルロゴで目立たないようにしている? してしまった? と??  まぁ ファミコンドラクエプレイヤー という〜のは 人数としては メチャクチャ少ないので(笑) (多分 多くて 3万人くらい(笑)) 300万本くらい売ろう! とか考えている ないし 想定している とすれば・・ その販売本数自体を記録するのは ファミコンドラクエプレイヤー顧客ではない(笑)。  断然 ハプロO や ハプロD や ハプロQ の連中である(笑)。 


 しかし・・ 堀井雄二的に 「ドラクエは日本でしか売れない。 そして ドラクエは日本の 「みんな」 が プレイしてくれるゲームにしたい」 と思っているとするなら・・ ここで 「ハプロN (と ハプロN魂の方々(笑)) だって 「みんな」 に含まれるはずだ! ・・・しかし ハプロNは非常〜に特殊(笑) な上で 人口も少なく・・ かつ・・ ちょっと面倒な連中(笑) なのだが・・ しかし・・ ドラクエというゲームの 「根幹として」 も やはり 安易に無視できる連中でもない(笑) という〜 非常〜〜に 小難しく・・ 複雑な 連中(笑・笑・笑)」 である中で・・・ (日本のゲーム文化の発祥がファミコンで かつ ドラクエも ファミコンでブレイクし・・ かつ ドラクエは 『ドラゴンクエスト!』 という〜 『タイトルでもある(笑)』 ため・・ もし 日本のゲーム文化の 「根幹」 「根っこの部分」 として 「ハプロN が 重要であるとするなら」 ・・・ ここで(ドラ11で) ハプロNの成分の要素を (仮に) カットしてしまうと・・ もう 「ドラ11は終わりの始まりにしかならない(だろう)」 という〜 ところが 「ちょっとありうる」 ため(笑))


 なので しょうがないので 「そこかしこに ハプロN に向けての 「隠しメッセージを散りばめる(笑) という〜手法」 で アピールしてんのか?? という〜 気配・・・ (笑)。


 しかし・・ それらの 「隠しメッセージ的に」 言ってしまうなら・・ 今回の ドラ11の主人公ハプログループは 「ハプロN!!」 なのである!! (多分(笑))。


 面白くなってきたが・・ マズイ・・。  俺は もう ドラクエに限らんのだが・・ ゲームをあんまりもうプレイしたくないのだが・・ ここまで (隠しメッセージだが) 強〜〜力 な アピールをしてくると・・


 俺 「今度の ドラ11 は しょうがないので 試しにでも やらんといけないのではないか? (2Dモードで)」


 という〜 「気になってきちゃう」 ではないですか??(笑)


 ん〜・・・。


 まぁ〜〜・・・。  なんだかんだで 今後の追加新情報次第かな〜〜(笑・笑・笑)。 


 まぁ 「ジョブズのドクロの旗」 を 彷彿とさせる 「ドラ11の主人公の掲げている ロトの紋章の旗」 を見て・・ ちょっと ぐっときた・・!  ってお話でした。