2004年10月16日

羅針盤 in Psychedelic Wonder Land @心斎橋クアトロ

rashinban久しぶりに心斎橋に。クアトロで羅針盤のライヴだ。
それにしても「秋の夜長にサイケデリックな空間を」はともかく、「人間味あふれる、毒舌の効いたおしゃべり」って…

開演前からすでに照明は落とされ、ステージにはサイケな映像が映し出されている。BGMに流されているデッドを聞きながら、そういえば、デッドもはちみつぱいも実は羅針盤のおかげで聞くようになったんだと思い出したのだった。
ガルシアのソロが最高潮に盛り上がったところでメンバー登場、少しずつ音を積み重ねていくように曲がはじまり、山本さんのうたが入り、演奏が絡んでうねりが大きくゆったりと盛り上がっていく。1曲目「いるみ」から続いて「足りないもの」と、「いるみ」の曲が2曲終わったところですでに25分、このへんの時間が捻じ曲がるようなゆるいうねりの感覚が、山本さんの目下目指している「サイケ」なんだろな。
中盤、ひとしきりメロディアスな歌が続いた後で、チャイナさんの刻む弾んだビートに山本さんの炸裂するガルシア風味のギターが最高にデッドぽいインストから、「ソングライン」になだれ込むあたりまでは覚えてるのだが、その後は心地よく意識がとんで、気づいたときはラストの「チャーチ」になっていた。まさに時間軸がゆがんでいる。ていうか居眠りしてたみたい。すいません。

アンコールも2回もやってくれました。特に1回目の「不明のバラッド」のエンディング、いままでのゆったりサイケモードから一気に「永遠のうた」のポップなイントロにギアシフトした瞬間、かっこよかったな。
「毒舌の効いたおしゃべり」もアンコールでは炸裂しており、最近新譜を出したあの某バンドに対しても…。
山本さん、そんなこと言ってもいいんですか?

羅針盤(2004年10月15日心斎橋クラブ・クアトロ)
1.いるみ>
2.足りないもの
3.光の手
4.Souls
5.小さなもの
6.朝うたう夜のうた
7.波
8.(Inst.)>
9.ソングライン
10.星のね
11.チャーチ
E1.不明のバラッド>
E2.永遠のうた
E3.羅針盤
羅針盤:山本精一(g・vo)・CHINA(ds)・吉田正幸(keyb)
with caori(b, from drillman)
VJ:和車

out_of_mind at 00:32│Comments(0)TrackBack(0)clip!ライヴ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔