2014年09月

2014年09月23日

アオサギの知恵

 何だろう。池の水面が盛り上がり、コイがバシャバシャとひしめいている。餌をやっていないのに。

 アオサギが餌をやる場所に立っている。そうと分かったとき、羽をばたつかせて舞い上がった。

 人が池に近づくと、コイやキンギョが集まってくる。餌をもらえるからだ。体高が
1m近いアオサギがその場に立つと人影に見えるらしい。アオサギは首を下げれば、足元に寄る魚を食べることができる。

 夏に、コイやキンギョの稚魚が泳いでいた。今はキンギョも稚魚も見えない。アオサギは、「人を見ると、餌がもらえる」という条件反射を利用して採餌(さいじ)していた。恐るべき鳥だ。
アオサギ
(出典: 「ウィキペディア」 アオサギ)



outdoor_activities|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!