2015年02月26日

祝子川と尾鈴山6

6月25日 毛鉤釣りの呼吸

 11時に池田君を迎えに行く。釣果を聞くと、1匹だけ出て合わせ切れだったとのこと。クモの巣と枝に悩まされたそうだ。20cmから25cmのヤマメを10匹はかたいと思っていたのだが。「フライフィッシングをやめて渓流竿にしようかな」とぼやいている。

 祝子川のヤマメは警戒心が強く、毛鉤への出方が速く、ニセモノと見破る能力が高い。そのため、川の歩き方、毛鉤の構造、合わせのタイミングなどに不具合があったのかもしれない。

 アオサギのように、音もなく近づき、息を吐き頭を空にして、毛鉤を流れに乗せる。目の力を抜き、毛鉤とその周囲50cmくらいを何気なく見る。ヤマメが毛鉤をくわえる瞬間、竿を握る。竿先が上がり、魚が掛かる。釣りたいという欲や雑念があると、合わせが遅れる。不意に魚が飛び出し、あわてて竿を上げると、合わせ切れが起きることもある。

 11時半に祝子を出発。大分に入り道路が空いてきた。嶺君が別府まで送ってくれるという。1時半に別府の竹甓(たけがわら)という温泉の前に着く。四国の松山にある道後温泉のような構えだ。嶺君にお礼を言って別れる。入浴は60円。先客が1人いる。木造の天井の下、熱めの湯につかる。

 コンビニで、昼食を兼ねて氷とビールと食料を買う。日差しが強い。海辺の公園に行き、木の下の長椅子に座る。涼風がここちよい。池田君とビールで乾杯する。銀色の保冷袋に氷とビールを詰めてきたので、よく冷えている。横の芝生でスズメの群れが餌をついばんでいる。猿で有名な高崎山が烏帽子のように見える。木陰のまわりには、いつしかハトが集まってきた。
                                       (1994年6月)
                                        

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔