2017年06月18日

日高の渓流釣り

 6月初めに北海道・日高の川で釣りをした。川幅は10〜15mある。水面を流す毛鉤には反応しにくいと考え、ミミズを使った餌釣りにする。

 仕掛けは、6mの竿に1号の糸を2m結び、上から30cmの所に矢羽の目印を付け、下の方にガン玉を付ける。マス鉤10号を外掛け結びで縛る。ガン玉は、鉤の結び目から30cm上に固定する。

 砂利が敷き詰められた河原を歩き釣り上がる。深みのある瀬脇を流すと当たりがあり魚がかかる。遊ばせると沈んでいる木にからまるので、強引に岸に引き上げる。ニジマスで36cmある(写真2番目)。

 川が曲がっている所に水深2mくらいの大きな淵があり、餌を流すと、30cmの太ったウグイがかかる。

 大淵の上にさらに淵があり、仕掛けを投入すると、強い引きがあり、ニジマスらしき魚が水面を飛び出す。鉤が外れる。40cmはあった。

 気をとり直し再度仕掛けを投入する。すぐに34cmのニジマスがかかる(写真3番目)。さらに淵の上方から流す。大岩の下を餌が通過するとき、竿が引き込まれる。大きい。糸鳴りがして竿が弧を描く。岸に寄せ、そのまま引き上げる。36cmの幅広のサクラマスだ(写真一番目)。

 さらに釣りのぼると、20cm前後のヤマメがかかる。アメマスも釣れるが放流する。その後、林道に上る小道を見つけて釣りじまいとした。

  20170606_桜鱒36cm

 家に戻り魚を料理する。30cm以上の3匹の身は桃色をしている。ガスレンジに入らないので、ホッケの開きのように切り込みをいれ、頭と尾を落とす。アルミホイルに乗せ、塩をかけてレンジで10分ほど焼く。

 肉厚ホッケのようなサクラマスは脂がのり、口に入れるとぷりぷり、さくさくとしている。魚店で買ったあった本マス(=サクラマス)よりも美味しい。20cmのヤマメと味が似ている。

 日高の渓流には大物が潜んでいる。一時、ヒグマがいることを忘れるほど釣りに夢中になった。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔