2018年04月23日

シャクナゲの花

母と毎日。
地下鉄に乗って。

父が入院している。
病院に行く。

父の肺炎も。
良くなっているが。

体力が復活するまで。

もう少し入院だそう。

母とずっと一緒に。
いるようになって。

10日くらい経つが。

自分もかなり疲れが。
溜まってきた。

母が横にいる状況で。
晩酌しているが。

自分の家のように。
リラックスできず。

父がいかに頑張って。
母の世話をしていたのか。
良く分かった。

病院からの帰り。

少し歩いて。
途中の駅から。
地下鉄に乗ろうと。

提案してみると。

結局家の近くまで。
休みなしに。

歩いた母。

調べてみると3卍。

通販業務や。
自分の事も。

やらなくてはならないので。

明日は姉に。
病院をお願いしようか。

丹下

  
Posted by outrage at 16:09Comments(6)

2018年04月20日

EYEさんとSAKIさんとおじさん

ラジオ番組に。
ゲストで来て下さった。

MARY'S BLOODの。
EYEさんとSAKIさん。

アルバムを聴いて。

EYEさんの歌は。
迫力があるし。

いわゆる女性ボーカルっぽくなく。

良いと思う。

SAKIさんもかなり。
引き倒していて。

良い作品だと思う。

収録が終わって。

近所で一人ランチ。

生中を8杯飲んで。
昼寝をする。

父の病院は。
姉に任せて。

これから母と。
名フィルのコンサート。

人生初めての。
オーケストラ。

ファイル_000






















丹下


  
Posted by outrage at 17:10Comments(10)

2018年04月19日

ヨッシーのいるところ

父が入院している。
病院から見える光景。

名古屋城。

今日肺炎の検査があり。
先生から来週の月曜か。
火曜には退院できそうだと。

言われたそう。

入院する前は明らかに。
疲れた顔をしていて。

それから考えたら。
入院中のほうが。
元気に見えるくらい。

入院初日には。
先生がこのまま寝たきりに。

なる可能性もあるし。

高齢だから容態が。
急変する事もあると。

言われた事を考えると。
早く退院できる事になり。

本当に良かった。

もしもの時は。
延命処置を。

するかどうかと聞かれ。

姉も自分も。
あまりの突然な話で。

何も言えなくなる。

先生は本人にも。
意思を聞いて下さいと。

言うけれど。

入院した初日に。
そんな事を聞ける訳なく。

父が退院したら。

両親に延命処置について。
聞いてみようか。

母との生活も。
約10日で終了予定。

一緒の部屋で。
母と寝るなんて。

小学生の時以来か。

DSC_0105





















丹下

  
Posted by outrage at 15:42Comments(5)

2018年04月18日

ドイツの丸子さんより

CDが届きました。

THE FINAL DAYが。
ヨーロッパで。

レコードが。
リリースされたのは。
知っていたけれど。

CDも発売されていた。

そしてSPITのCDも。
発売されていたとは。

自分も全く。
知らなかった事。

多分レコード会社の人も。
マネージャーも。

知らなかったのでは。

DSC_0102






















丹下

  
Posted by outrage at 13:30Comments(8)

2018年04月16日

ヨッシー入院3日目

父の顔を見に。
病院に行くと。

点滴をしながら。
歩いてくる父が。

顔色を見ると。
昨日よりもずっと良いし。
声もしっかり出ていた。

何よりも入院3日目で。
自力で歩く事が。
できているので。

寝た切りになる事は。
免れたようで安心。

検査の結果を聞くと。
肺炎も少し良くなり。

今日のお昼から。
食事も出るように。
なったそう。

もう1週間もあれば。
退院できるのではないかと思った。

退院後に今までのペースに。
戻ってしまったら。

父もまた弱ってしまうだろう。

これから先どうするか。
よく考えないと。

丹下





  
Posted by outrage at 19:51Comments(9)

2018年04月15日

ヨッシーの最近

10日ほど前から。
父の体調がすぐれず。

微熱が続いていた。

皮膚科では。

帯状疱疹からの微熱と。
説明されていて。
薬を飲んでいたが。

体調は戻らず。

そして肺炎になり。
緊急入院する事に。

高齢者だから。
様態が急変する場合もあるし。

入院している間に。
足が衰えてしまい。
寝た切りになる。
可能性もあると。

先生は言う。

顔色を見ている限りは。
何とか復活する気はするが。

また外に飲みに。
出掛けられるような。

元気までは戻るだろうか。

母と入院先に。
お見舞いに行く前に。

大須で南米音楽フェスを見る。

母は音楽にあわせて。
手拍子をしたり。

ライラライと。
掛け声を口ずさんだり。

地下鉄に向かう途中。
音楽は楽しいねと母。

病室に行くと。

昨日よりは元気そうな。
父の顔を見て少し安心。

しばらくは病室で。
不自由な生活だから。
かわいそうに思うが。

ゆっくり休んで。
回復して欲しい。

父が入院して2日間。
24時間母と一緒にいる。

今までも頑張ってきた。
つもりではあったが。

24時間一緒だと。
もう本当に大変で。

父はこれまで3年間も。
このように過ごして。
きたのかと思うと。

良くここまで。
やってくれたと。
感謝しかない。

大酒飲みは父ゆずり。
音楽好きは母ゆずり。

自分の人生の。
大部分を両親から。

与えて頂いた。

今こそ恩返しする時。

丹下







  
Posted by outrage at 17:41Comments(11)

2018年04月14日

ローズコートの朝

今朝も母とモーニング。

いつもとは違うお店と思い。
ホテルのモーニング。

ここ半年くらいの母。

波のあるのが特徴的な。
認知症だと知ってはいた。

1日の内でも。
晴れの時もあれば。

台風がやってきて。
また晴天になる時もある。

以前はその周期が。
もう少しゆるやかだったか。

今は本当に目まぐるしく。
変化していっている。

今まで宇宙人との。
交信だと思っていたのが。

ちょと前に。
母がいつも会話しているのが。
ちずこさんという女性と判明。

ちずこさんは上のほうの。
どこかに住んでいて。

お金持ちなのに。
凄くケチで意地悪。
更にとても残虐で。

そのちずこさんから。
家族を守るために。

ちずこさんとの会話中は。
戦闘モード。

しかしそのちずこさんも。
ユニークな面もあるようで。

母の笑いのツボを。
つく事も言うようだ。

ホテルのモーニングを食べながら。
母の笑いが止まらなくなる。

母に笑っている理由を聞くと。

天を指さし。

眞也の音楽は。
蛇の眼がたるんでいる。

そう言った。

それはHEAVY METALだからかと。
母に聞いてみたら。

更に笑いが止まらない母。

それは面白いので。
天の人に座布団を。
あげてやってと母に伝える。

晴天でも台風でも。
雪でも母は母。

明日も元気で。
モーニングに行けるかな。

丹下










  
Posted by outrage at 16:43Comments(8)

2018年04月13日

鯖好きな人の本日

良いニュースばかり。
お伝えしたいけれど。

人生なかなか難しく。

頑張っていくしかない。

困った時こそ。
楽しい時と。

同じように笑顔で。

丹下
  
Posted by outrage at 19:08Comments(8)

2018年04月12日

勿体ないお化け

長い間使っていた。
バックパックの。

ジッパーが壊れてしまい。

一緒に旅に行った。
思い出深い。
バックパックだけれど。

使いづらいので。
新しいのを買おうと。

しかしまだ使用していない。
バックパックを持ってる事を。

思い出して。

引っ張り出しては。
みたものの。

使うのが。
どこかもったいないと。

思うとやはり使えず。

結局は新しい物を購入。

使わないほうが。
もったいないのにと。

思っても踏ん切り付かず。

同じように。

バンドのスニーカーも。
未使用がいくつか。

DSC_0100






















丹下

  
Posted by outrage at 16:25Comments(9)

勿体ないお化け

長い間使っていた。
バックパックの。

ジッパーが壊れてしまい。

一緒に旅に行った。
思い出深い。
バックパックだけれど。

使いづらいので。
新しいのを買おうと。

しかしまだ使用していない。
バックパックを持ってる事を。

思い出して。

引っ張り出しては。
みたものの。

使うのが。
どこかもったいないと。

思うとやはり使えず。

結局は新しい物を購入。

使わないほうが。
もったいないのにと。

思っても踏ん切り付かず。

同じように。

バンドのスニーカーも。
未使用がいくつか。

DSC_0100






















丹下

  
Posted by outrage at 16:25Comments(0)