2017年09月20日

買い物の日。

母は毎日夢と。
現実を行き来している。

レビー小体性の。
認知症は。

幻視や幻聴を。
引き起こすのが。

特徴だそうで。

母も同じく。

宇宙人が見えたり。
宇宙人の声が聴こえたり。

しているよう。

夢の中にいても。

外出すると。
現実に戻される。
場合が多い。

また母を外に。
連れ出すのが。

自分の役目。

朝喫茶店に行ったり。
昼にランチを食べたり。

足腰が弱らないように。
なるべく沢山歩いて貰っている。

たまにはいつもと。
違う喫茶店に行こうと。

母に提案した。

いつもの所より。
徒歩3分くらい。
遠くにあるお店で。

モーニングを注文。

帰りに母が。

松坂屋に行きたいと言う。

理由を聞いても。
声が小さく聞き取れず。

多分洋服が見たいのかと。
婦人服売り場に向かう。

母が手に取ったズボン。
ズボンと呼んでは。
失礼な感じのパンツ。

値札を見ると。

普段母が履いてる。
大須の年配向けの洋服屋の。
ズボンが20本買える。

これを買うと言い出すと。
困ったなと思い。

この階を一周して。
色々見てから決めますと。

女店員さんに伝える。

くるっと周って。

下の階も見てみようと。
母を誘導する。

母が入ったのは。
女性下着売り場。

そして母が手にしたのは。
800円のパンツ。

これなら問題ないので。
購入して松坂屋を出る。

色々な妄想があり。

掛かりつけの医者にも。
ずっと行けてなかった。

松坂屋から帰り道にある。
わたなべクリニックに寄る。

わたなべ先生が。
たまにはお母さんに。
会いたいなと言っていたと。

母を騙してクリニックに。

お変わりないですかと。
先生が母に聞くと。

元気ですと答えた母。

先生は自分の顔を見て。
ようやく来られて良かったねと。
言わんばかりの笑顔を。

いつものように。
血圧を測り。

先生が100点と母に伝える。

嬉しかったのか。
母も笑顔になった。

帰宅すると2時間。
近く経っていた。

良く歩いたねと母と話す。

名古屋の中区の。
真ん中に住む両親。

歩いて行ける範囲に。
松坂屋があり。
喫茶店もいくつもある。
掛かりつけの医者も徒歩で。

こんに環境が良いから。
できる事であって。

田舎のほうに住んでいる。
ご年配で生活に介助が。
必要な方々の事を想像すると。

とても心が痛む。

一緒に散歩する母も。
夢の中にいる母も。

同じ母。

身体が元気なら。
それで十分。

丹下












  
Posted by outrage at 19:51Comments(8)

2017年09月19日

レコーディングセッション。

自分が叩いたドラムに。
色々な人が音を被せて。

想像を超えた音になる。

ラジオ番組のテーマソングを。
萩さんと作り。

ギターソロの録音。

こんな感じで。
アルバムでも出せたら。

とても面白いだろう。

丹下  
Posted by outrage at 17:41Comments(9)

2017年09月18日

秋晴れ

母と出掛け。
中華料理に。

自分はビールを飲み。

母は日替わりランチ。

帰りに母が服を買い。

家にビールを買って帰る。

昼寝をしてる間に。
父は大須に飲みに出掛け。

夕方目が覚めたら。
父がほろ酔いで帰宅。

小さな幸せ。
大きな幸せ。

いつまで続くか。

明日はレコーディング。

音楽に携われるのも。
とても幸せ。

丹下

  
Posted by outrage at 18:39Comments(10)

2017年09月17日

浜松より

ネットカフェで。
本番まで時間つぶし。

すでにザザシティの。
食品売り場で。

今夜の晩酌の。
つまみを購入。

マグロのカマが。
安く売っていたが。

さすがに帰宅してから。
カマを焼くのも面倒。

明日から個人練習を。
開始して。

もっとドラムの。
プレイに切れを。
出して行きたい。

夜には両親と一緒に。
ご飯を食べようかな。

丹下





  
Posted by outrage at 19:22Comments(9)

2017年09月16日

ヒロト

志道君のレッスン日。

文化祭で。
バンドの演奏を。
する事を聞いていた。

今日からその曲の。
練習を開始する予定。

曲は何かと聞いたら。
THE BLUE HEARTSの。
リンダリンダ。

曲はシンプルだが。
なかなかテンポが速い。

右手がこの速さに。
ついていけるかが。

問題だと。

志道君に伝え。
レッスンを開始。

やってみると結構いけそう。

何とかなりそうなので。
何度か一緒に練習をして。

いつものツインペダルの
練習に移る。

レッスンの最後に。

この曲で格好良く演奏するには。
どうしたら良いかと質問が。

前回のレッスンで。

文化祭の話を聞いた時。

演奏も大事だが。
パフォーマンスも。
同じように大事だと。

志道君に伝えておいた。

家で少し考えたのだろう。

リンダリンダは。
ドラムに休みがないので。

なかなかパフォーマンスを。
入れていくのは難しい。

イントロがギターと歌だけなので。

志道君も。
ステージの前で。

ボーカリストと。
一緒に唄えばと。

言ってみたが。

その絵が浮かんでこないのか。
あまりピンとこなかったよう。

曲のエンディングに。
ドラムのフィルと。
全員でジャーンと。
締める部分があるので。

フィルを長めに。
派手に叩いて。

最後は立ち上がって。
シンバルを叩いたら。

どうかと提案。

よく考えたら。
自分がステージで。

やっている事だった。

話を聞いてみたら。
文化祭に出場するには。

まずは先生の前で。
演奏するオーディションがあるそうで。

1年生は1組しか。
出場できず。

オーディションは。
ダンスチームと。

志道君のバンドの。
2組で競うそうで。

そのダンスチームは。

世界大会に出てるような。
本格的なチーム。

オーディションの時に。
先生にもリンダリンダと。
歌わせるような。

パフォーマンスをやったら。
絶対勝てると。

志道君に。

丹下





  
Posted by outrage at 21:08Comments(6)

2017年09月15日

インタビュー

なかなか興味深い。
ところから。

インタビューのオファーが。

自分が重度の歯周病だからか。
それともイレーバー3号を。
所持しているからか。

喜んでお引き受けしますと。
即答でお返事を。

本当に有難い事です。

丹下  
Posted by outrage at 20:45Comments(10)

2017年09月14日

秋到来

そろそろ。

パンツもシャツも。
着て寝る時がきたよう。

涼しくなるのは。
大歓迎だけれど。

やっぱり自由に。
してあげたい。

丹下

  
Posted by outrage at 19:06Comments(11)

2017年09月13日

ロッキード丹ちゃん

今日は母の調子も良く。

一緒に大須に行き。
ドトールでコーヒーを。

帰りに食材を買う。

ゆったりとした。
時間を過ごす。

父は夕方から。
飲みに出掛け。

ほろ酔いで帰宅。

母の調子が。
悪くなってから。

自分の生活サイクルも。
ずいぶんと変化があったが。

今が一番幸せと言える。

両親と毎日会って。
会話をする。

今日も料理をして。
リラックスの時間。

モヤシとキュウリと。
パセリの梅胡麻和え。

鶏肉の野菜炒め。
カレー味噌味。

明日は朝早く起きて。
メルマガを制作。

いよいよ宛名書きの始まり

ファイル_000 (75)





















丹下

  
Posted by outrage at 20:32Comments(13)

2017年09月12日

録音

レコーディングに。
疲れていたのに。

今日またレコーディング。

音が重なり。
出来上がっていくのは。

やっぱり面白い。

そして楽しい。

丹下

  
Posted by outrage at 18:42Comments(8)

2017年09月11日

入稿完了

CDジャケットなどの。
デザインも無事に入稿でき。

雑誌のインタビューのため。
日帰りで東京に行く。

人の評価が。
気にならないと。

言ってしまうと。

嘘になる。

折角作った作品。
1人でも多くの人に。

好きになって欲しい。

心を込めて。
作った作品が。

世に出て歩いていく。

レコーディング中に。
あまりに沢山の事があり。

なかなか冷静に。
自分の音を聴けないが。

インタビュアーの方が。
指摘して下さった。

若返った音。

達成できたかなと思う。

丹下

  
Posted by outrage at 23:01Comments(11)