新型コロナウィルス感染の報告が滋賀県でも毎日のように続いています。
なんとか収束に向けて、私たちがしなければならないことを考えてきました。

あうとりーち和泉が大切にしてきた、子どもたちの生活の場での発達支援も、今はできなくなっています。

あうとりーち和泉では、学校、園が臨時休校中の間の対応を以下のようにさせていただきます。

生活の場が安全になり安心して登校できるようになるまでは、保育所等訪問支援をご自宅での直接支援とさせていただきます。(ただし、預かり登校等への対応は応相談)

訪問支援にあたっては
1、支援員は家庭訪問前に検温と手指消毒の実施
2、家庭訪問先のご利用者と同居のご家族の発熱の有無の確認
3、訪問支援時の換気にご協力をお願いいたします
4、支援時間は感染リスクを考え1時間以内とします
5、訪問の回数は、これまでの利用回数を限度とし、実施状況によって可能な限り行います

利用料については、3月24付け厚生労働省事務連絡に基づいて報酬算定をさせていただきます。

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします

大変な時ですが、「おうちで過ごそう✨」


先日のアンケートの質問に
「児童発達支援ガイドラインに沿った支援計画やサービス提供がされているか」
とありました。
「ガイドライン?」となった方も多く、ご案内不足を感じました

児童発達支援ガイドライン

ご一読いただければと思います
また、コツコツですが
大切なところは、こちらにアップしていきます。

アンケート調査へのご協力ありがとうございました

あうとりーち和泉の特色(訪問支援のみ)から、ご回答に困られたかと思います。
加えて、年度替わりは子どもさんの書類が多いときに
お時間をとっていただきありがとうございました。

これからの事業所運営やスタッフの資質向上につなげたいと思います

今後とも、ご協力よろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/outreach_izumi/児童発達支援自己評価表(公表).pdf








↑このページのトップヘ