ブログネタ
野ブタ。をプロデユース に参加中!
あぁ重たいよぅ・・・。観てるこっちも辛くなってくるねぇ・・・。
暗い内容だったけど光の見える終わり方だったんで一安心。
感想文くらいは明るくいきましょう。

「最初はグゥ〜!!」
斬新です。まぁ字面じゃコレっぽっちも伝わりませんけどね。
写真を見なかったコトにした彰は立派だよ。漢だねぇ。彼ならいつか笑って写真を掘り返せるコトでしょう。
常に修二を信じる姿は格好良すぎです。ただの変な奴じゃなかったね。
絶賛してるけど、別に同じ学校だからってワケじゃないよ。

キャサリンのドラキュラの話はよく聞く話だけど、好きな話です。必ずしもドラキュラなワケじゃないですけどね。
「信じるから本当になる」ってのはイイ言葉だねぇ。
手品まで伏線になってるとは思わなかったよ。最後の野ブタの手品はグッときました。

犯人登場。
このドラマが始まった頃はまり子を疑っていました。ごめんよ、まり子。メチャメチャイイ娘でしたね。最終回には彼女も幸せになってくれるといいなぁ・・・。

修二の家ではお腹が冷えないようにしっかり服の裾をズボンの中に入れてたね。なんか妙に嬉しかった。

ゴーヨク堂曰く「生きていれば最低の日もある。されど最高の日もある」
最終回が修二にとって「最高の日」になってくれるコトを願っています。

あ、そういや予告が無かったけど間に合わなかったのかな?