ブログネタ
古畑ラスト! に参加中!
三夜連続の第一回目。横溝正史な雰囲気がプンプン。っていうか金田一耕助な雰囲気がプンプン。
流石は「ファイナル」と銘打っただけあって非常に面白かったです。
まぁミステリーですし、細かいトコロは「続き」で。

主演は勿論日本一の二枚目俳優田村正和。今回のゲストは藤原竜也&石坂浩二。
田村正和は相変わらずの長台詞を早口でテンポ良く進みます。台詞回しも絶妙。仕草も一々格好良いし。
理詰めの展開の中で西村雅彦が一服の清涼剤となってます。
藤原竜也は例によって舞台くさい芝居(褒め言葉)です。イイ役者だわ。
石坂浩二も知性が滲みまくりです。でもこの人も年をとったねぇ・・・。

ところで明日のゲストはイチロー、最終日は松嶋菜々子。初日は演技派を迎え、中日は猛烈なインパクト。
でも最終日は菜々子。この人選に首を傾げるのは僕だけ?まぁ観ますけど。

ちなみに僕の髪型のコンセプトは田村正和。
え?知ったこっちゃない?

殺人犯は藤原竜也(音弥)だけど黒幕は石坂浩二(天馬)。天馬は自分では手を汚さない犯人でした。
音弥パート(?)は普段の「古畑任三郎」(倒叙モノ)だったけど、天馬パートは趣の違うミステリー。一粒で二度美味しい見応え十分の出来。

「君が被害者になれば・・・」と吹き込んでたあたりでそんなコトだろうなと思ったけど、あんなにも伏線が散りばめられていたとはねぇ。
おばさんを一生懸命音弥が引き止めようとするシーン。天馬がおばさんを引き止めたのは偶然だとばかり思ったもん。「命拾いしたなぁ音弥」とか思ってたからねぇ。名刑事にはなれなさそうです。

天馬がやらせたコトは察しがついたけど証拠が無いワケで、「今回は捕まらずに終わっちゃうの?」とヒヤヒヤしたけど、過去の事件を解決するとはね。副題はこのコトだったのね。発掘品まで伏線なんだねぇ。気が抜けないねぇ。

今泉くんは髪型変えたね。まぁそんなに依然と差はないけど・・・。
ナイスなコメディーリリーフ。台詞が少なくても顔で魅せます。

西園寺くんはまぁ例によって例の如く。影が薄いワケじゃないけど凄まじい個性を発揮してるワケでもなく、別に邪魔じゃないけどそれほど重要でもないっていう感じ。向島くんの方が印象に残ってます。

しばらくは日本中で田村正和のモノマネを披露する人が増えるんでしょうねぇ。