メガネを買うときのお話。
伊達メガネじゃなくて、ちゃんと度が入ったのを買うのよ僕は。
それがなくちゃ生活できませんからねぇ。
だから金に糸目はつけないワケよ(そりゃ勿論予算ってものはありますが・・・)。
レンズも平面加工にしたり、傷を防止するコーティングを施したりとハイクオリティなものを買います。多少高くても薄くて丈夫な方がイイし。
レンズは大事です。フレームの予算を削ってでも良いレンズを買うべきです。
で、顔の一部になるんだから色々試着してみるワケ。メガネを含めて僕の顔ですもん。自分でも鏡に映るメガネの無い自身の顔は新鮮に感じるくらいだからねぇ。
それに値段が値段だからそれは真剣に検討します。失敗が許されない値段だもんね。

ところで、何年か前に「メガネ男子」ってのが流行ったじゃん?
で、今やメガネはファッションの一部になって、別に目が悪くない人も普通にメガネをかけるような時代になりました。
でも長年度入りのメガネをかけていた身としては「メガネ=高価」ってイメージが刷り込まれちゃったし、「メガネ=顔の一部」って気持ちもあるからそうホイホイ変える気にもなれなかったのよね。
でもそれは勿体無いような気がしてきたのよ。
メガネに関しては長年メガネを使用してきた人間に一日の長があると思うワケ。その先行者利益を活かさない道理は無いじゃん?

オシャレメガネなら安くても構わないというか、ある程度の質があればあとは安いに越したコトないのよね。
で、「Zoff」ってお店があるそうな。
オシャレメガネ屋さんです。
5000円〜だったり、最短30分で出来たりとイイ感じ。
今ならメガネを買うとオリジナルカレンダーが付いてくるんだと。
安いと普段の自分じゃ買わないようなデザインにも手を出せそうな気がするのよ。
非常に気になるところです。