やたらと寒かったMy初日。
ここまでネタバレから目を逸らし続けてきた甲斐がありました。
やっぱり初日は新鮮でイイねぇ。

3階の上手。
遠いっちゃあ遠いけど、別に見えないワケでもないし。

サポートメンバーにもコーラスをさせるコトでかなり厚みが出ました。
お馴染みの曲も新鮮な感じになったり。
しかしキーボードはまだしも、ドラム叩きながらコーラスまでやらされるってのは大変だねぇ。

以下曲順とかネタバレありな感想とか。
余興の際に3人それぞれに専用のマイクが。
効率化ですねぇ。余興の幅が広がりました。

序盤は「RENAISSANCE」だったけど中盤はすっかり「The Day Of Love」って感じに。
アルバム「THE RENAISSANCE」の曲が意外と少なかった。
「鋼鉄の巨人」とかを期待してたんだけどねぇ。

・「孤独の美学」
ツアータイトルが発表された時点で誰もが予想したであろう曲。
終盤が従来とは違う感じで新鮮。
RENAISSANCEを体現したオープニングかと。

・「真夜中を突っ走れ!」
武道館DVDと同じ感じ。

・「GATE OF HEAVEN」
序盤から重いねぇ。
高見沢裏声?

・「仮面舞踏会」
生で聴いたのは初めて。
それどころかiPodでさえ最近は聴いてなかったからかなり新鮮。

・「冒険者たち」
定番ですなぁ。

・「暁のパラダイスロード」
6曲目にしてようやく桜井メインボーカルの曲。

・「君が通り過ぎた後に」
厚いコーラスが素敵。

・「Wonderful Days」
桜井は良い声だ。

・「SAVED BY THE LOVE SONG」


・「愛の鼓動」
ただすけミス。
なかなか演らない曲で、なかなかしない大胆なミス。
生の醍醐味ですなぁ。

・「ONE LOVE」


・「Nouvelle Vague」
全員参加のコーラスワークが面白い。

・「LOVE」
アウトロが非常に格好良い。
でも本編と乖離しすぎな気もしなくはない。
「祈り」のアウトロみたいな感じっての?

・「確かにFor Your Love」
高見沢の裏声がカッスカス。
ご自愛下さい。

・「Lifetime Love」
特に前口上もなく普通に始まってビックリ。
サビのギターの「愛してるんだ(ミョーン)と叫んで(ミョーン)みろぉ〜♪」の「ミョーン♪」ってのが好きだったんだけど、そうは弾いてくれずに些か残念。

・「It's For You」
DVDにもよく収録されてるけど、コレは生で聴くに限るねぇ。

・「挽歌」
個人的にはアコースティックVerの方が好きだけど、バンドもまた良し。

・「ロックンロール・ナイトショー」


・「D.D.D!」
カバンからはみ出している人も、曲の前に手袋を用意する人もいなかったからネタバレされずに済んだ。
コレと「Victory」は事前ネタバレの二大巨頭だと思う。

・「クリスティーナ」
高見沢のバラードよりもこういう曲で終わってくれた方が気持ちがイイんだけどなぁ。
この曲で振る拳は非常に爽快。

・「星空のディスタンス」


・「明日なき暴走の果てに」


・「Always」
この曲自体は嫌いじゃないけど、ライブのラストが高見沢のバラードっていう構成は嫌い。
たまには「Blue Age Revolutuon」みたいなので締めてもイイと思うんだけどなぁ。