23区内からみなと横浜の先まで乗換え一回で行けるようになったんだねぇ。
まぁ乗換えは一回だけでも、電車に乗ってる時間は結構あるから別に近いワケじゃないのよね。

去年の有明コロシアムと比べると随分とこぢんまりとした会場で、思っていたよりも舞台が近かったねぇ。
下から見上げる限り、2階はまだしも3階は舞台が見えるのだろうかと余計なお世話を焼いてみたり。

会場の音響が悪いのか、マイクが悪いのか、高見沢が悪いのか、僕の耳が悪いのか、聞き取りずらいところがチラホラと。
MCで何を言っているのか解らない瞬間があったり、何て歌っているか全く聞き取れない歌があったり。

とはいえ、音の大きな、ハードな曲の多い、イイ感じのライブだったと思います。
随分ザックリした感想だけど、まぁ一曲毎の感想でもない限りはまぁこんなもんよ。

んじゃ、以下曖昧な記憶に基づく曲目とか感想とか。

・「Kaleidoscope」
たぶん誰もが予想した一曲目だと思う。

・「君に会いたい」
アレンジがガラッと変更になってGSの面影は皆無に。
CD版よりも、こっちのゴリッとしたアレンジの方が好き。

・「O.Z.Y.」
久々に聴いた。
下手すりゃ去年のライブ以来かも。

・「千年ロマンス」
せんとくん吉田太郎とのハーモニーがイイ感じ。

・「愛の偶像」
曲前に法話のようなMC。
いやぁ有り難い。

・「Super Star」
詞がイイ。

・「Yesterday」
ビートルズはEMIだからDVDには収録されるかもね。

・「ヤマトより愛を込めて」
イイ映画だよねぇ。号泣したもん。
この辺りを聴きながら、「あ〜、今年は同じ曲を2回演らなくてもイイように頑張ってるなぁ」と思ったり。

・「天使の奇蹟」
CDと比べて随分と低音の利いた奇跡。
ベース格好良い。

そういえば、この曲の前のMCでKOJIが伝達して高見沢が抜けたアレは何だったんだろうね?
ギターの交換をし忘れたままMCしてたのかな?

・「Desire Red Rose 2008」
マスク付き。

・「まほろば」
メタル関連の話題をして、「満月の夜に〜」っていう話で、本人に了解も取ったって言ってたから、てっきり聖飢魔兇「満月の夜」を披露するのかと思った。
さだまさしだとは。
アレンジがめちゃくちゃ格好良い。
が、歌詞は全く聞き取れず。

・「禁断の果て」

・「白夜〜Metal Byaku-ya〜」
コーラス要員がいっぱいいるんだから、終盤の「ラ〜ララ〜ラ♪」のところも全員で歌えば迫力があったかもしれないのに。

・「月姫」
盛り上がるねぇ。
ドラムも2個だし。
「ANCHANGがいないのに演奏してイイのかい?」と思うものの、「あ、もう一度演奏するのか」とすぐに納得。

・「Berlin Rain」
この曲を聴くと「100億の〜」にいきそうな気になっちゃう。
コレよりは「〜Calling」の方を聴きたかった。

・「Techno Glamorous ('59 LP Standard)」
去年も聴いたし、生で聴けたからってどうという曲でもなしに。
コレを演るなら「〜Rain」→「Calling」って流れにして欲しかった。

・「Lonely Heart」
去年のソロでコレが披露されずにガッカリしたのよ。
だから喜びもひとしお。こぶしの振り甲斐もあるってなもんです。
火の演出は舞台上は暑い(熱い?)だろうねぇ。

・「Endless Dream 2007」
剣がグレードアップ。

・「サマータイム・ブルース」
何て歌っているのかが全く聞き取れず。
ヘドバン講習のコーナーで、「この期に及んでまだ云々」の口上が「JACK THE RIPPER」のときのデーモン小暮閣下みたいだった。
あ、解る人だけ解って下さい。
閣下「どうすればイイ?」
信者「殺せぇ〜!!」

・「悲劇受胎」
アレンジが変わってるし、まさかの選曲だしで何の曲だかちょっと判んなかったよ。

・「騒音おばさんVS高音おじさん」
やかん付き。

・「月姫」
ギターが一本増えての本日2度目。
全員で一気に弾かれるとワケワカメ。
DVDで楽しみませう。

・「One Way Love」
せっかくビシッと決めたのに、最後の最後、もう後は退場するだけってところでコケちゃったね。
高見沢らしい。