新鮮味の無い脚本と何処かで見たコトのあるシーンばかり。
シーン毎に元ネタが透けて見えるようで、パッチワークみたいな映画です。
古今東西新旧問わず、色んな作品を上手に継ぎ接ぎしてるだけあって、それなりに楽しめました。
が、「新しいモノを生み出す気は微塵もありません」っていう感じが伝わってきて何だかなぁ。

自分に「考えちゃダメだ、考えちゃダメだ」と言い聞かせながら観ると吉。
何も考えずに観てれば娯楽作品として結構楽しめる。
「新しいモノ」云々を抜きにすれば、邦画のアクション(?)モノでコレだけの出来のモノにはなかなかお目にかかれないと思う。
でも少しでも考えちゃうと投げっ放しの伏線とか、疑問符出まくりの演出とかがバシバシ目に付き始めます。

街並みのCGは頑張ってた。
邦画もここまで出来るようになったんだなぁと感心。

主演は金城武。
彼の日本語芝居は聞き取りにくいなぁ。
そんなに声も良くないし、舌滑は悪いし。
日本語芝居はケイン・コスギと大差無いんじゃないかい?

CMで「二十面相の正体は?」みたいな煽り方をしてるし、実際に劇中には有名俳優が結構出てくる。
けれど、その面々がどれもほぼカメオ出演で残念。
フーダニットの意外性は薄め。

「カリオストロの城」を意識した感じのシーンがチラホラとあって、「同じ泥棒モノとしてのオマージュかなぁ?」とか、「監督が好きな作品なのかい?」とか思ったけれど、終盤にもはやオマージュどころでは無いシーンが出てきてビックリ。
キャラ設定、台詞、仕種、構図と全てそのまま。
コレはやったらマズイんじゃないかなぁ・・・。