久々の感想文。
去年はマルッとサボったワケですが、一応春も夏イベも高見沢ソロも秋も参加はしちょりました。

閑話休題。

ニューアルバムを引っ提げてのツアーってのはイイやねぇ。
どんな感じで演奏されるのか、どのタイミングでどんな順番で演るのかとか、もう色々想像は膨らみます。

今回は一階席の前の方。
めちゃくちゃ久しぶりな気が。
ここ数年、NHKといえば3階が定位置でしたからねぇ・・・。
逆に前方の下手過ぎて、ドラマーの姿は微塵も見えず。

が、客席に長谷川浩二が来てまして。
ある意味ではドラマーもよく見えました。
相変わらず格好イイ。

研ナオコも来ており、開演前から温まりまくりの客席でした。

今回はベースの人が一生懸命弾いてる曲が多め。
歌に楽器に頑張るねぇ。

以下ネタバレあり。

・「Shadow of Kingdom」
まさかの一曲目。
コレは予想出来ないよ。
意外性はあるし、自分の好きな曲だし。
音の増えたドラムがイイ感じ。

・「Masquerade Love」
・「Count Down 1999」
えらくハードに展開していくねぇ。
そしてニューアルバムの存在はガン無視。
アコギソロで音が鳴らずに些かコミカルに。

・「It's for you〜挽歌」
そろそろ「It's〜」から「挽歌」でも「冒険者たち」でもない展開があっても面白い気が。
ちなみに「挽歌」はアコースティック版の方が好き。

・「SWEAT & TEARS」
ここでこの曲を演っても、後半も失速しないイイ感じのライブでした。

・「Ticket to Ride」
余興で「Help!(笑)」なども聴けた。

・「リバプールから遠く離れて」
ようやくアルバム曲。

・「初恋の嵐」
意外とライブ栄えしますねぇ。

・「ONE」
「キュン、キュン、キューン!!」の後にコレってのはどうなんだ?

・「新世界を越えて 〜Neo Universe PART III」
3曲連続で演るかと思いきや、ここからスタート。
若干ガチャガチャしている気が。

・「Zipangu」
なんかイントロのオリエンタルなムードなところで、ミョーに格好悪い音が混ざっているような気が。
ライブでも栄えるけど、エレキがツインだったらなぁと思ったり、思わなかったり。

・「春の嵐」
・「LAST OF EDEN 〜Neo Universe PART II」
生でどうするのかと思ったら、エレキは省エネ仕様に。
終わり方はバシッと格好イイ。

・「君に逢ったのはいつだろう」
・「Neo Universe PART I」
Bメロで「パンパパン」は違うんじゃないか?

・「夢を急げ」
・「Bad Girl」
・「星空のディスタンス」
お馴染み。
最初の部分を生声で歌うコトはもうないのかなぁ?

・「GET YOUR CHANCE」
この曲でテープが舞うとは思わなかった。
桜井の喉さえ保てば、新たなスタンダードになりそうな感じ。

・「LONG WAY TO FREEDOM」
欲望が燃えまくり。
熱くてイイ感じでした。

・「Wind Tune」
曲自体は嫌いじゃないけど、この曲がライブの締めになるのは嫌だなぁ、といった感じの曲。
そしたらもう一曲あって良かった。

・「風の詩」
去年の武道館初日で聴いたこの曲が余りに酷かったので、ちゃんと歌えてて一安心。