久々に映画館で宮崎アニメを観た。
「千と千尋」以来だから結構経ってますねぇ。

わざわざ映画館で観るのにモノラルサウンドってのはさておき、今までのとは大分毛色の違う感じ。
起承転結とか盛り上がりとか関係なく、監督が好き放題やってる感じ。
大して面白い映画ではなかったけど、嫌いな映画かと言われるとそうでもない不思議な映画。

純文学的な娯楽要素薄めの映画だけど、飛行機のシーンとか傘が飛ぶシーンとかちょいちょいアニメ的にグッと来るシーンがあるのは流石はジブリ。
アニメーションとしてはやっぱり見所いっぱい。

恋愛映画としてもプロフェッショナル映画としても描き方が余りに淡泊なのはちょっと残念。
いつになく大量のキスシーンがあったけど、そういうこっちゃないじゃん。
やっぱりもうちょっと盛り上がり所が欲しいなぁ。
良くも悪くも今の年取った宮崎駿だからこその映画かと。

主演はまさかの庵野秀明。
若い頃はイマイチだけど、ある程度の年になってからは結構悪くない。
こっちの耳が慣れただけかもしれないけれど・・・。

周りも凄い良かった。
まぁ何人かは残念な人もいたけれど、野村萬斎とか西島秀俊とか抜群に良かった。