「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。
監督の特撮趣味全開。
この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るかどうかでも、脚本に惹き込まれるかどうかでもなく、監督に感情移入出来るかどうかが全てだと思う。

ストーリーは正直大したコトない。
特撮やらアニメやらで死ぬ程観てきた定番のお馴染み展開。
でもそれをハリウッドが巨大な予算で本気で作っているのに意義があるワケで。
様式美ですよ。
かつての「GODZILLA」にはなかった様式美がそこここにあるのよ。

ピンチになるまで出さない兵器があるのもお約束。
海が浅いのもお約束。
お約束が繰り出される度に大興奮。

話が粗いのとか設定がユルいのとかもどうでもイイのです。
この手のモノが大好きな監督が撮った映画を、この手のモノが大好きな客が観るんだから。
ロボと怪獣がボコスカしてりゃそれでイイんです。

飛ぶんかい!?
剣あるんかいっ!?
オマエが乗るんかい!!
という驚きが堪らんのです。
音楽が伊福部的なのも堪らん。

まぁそれでも気になるところがなくもない。
怪獣いっぱい出てくるけど違いがあんまりないなぁ。
各イェーガーの差別化ももっと欲しかったなぁ。
1人くらい日本人デザイナー呼べばよかったのに。

劇場は夏休み中なのに自分も含め大きなお友達ばっかりだった。
もっともっと子供に観に来て欲しいなぁ。