『第9地区』の監督の2作目。
前作はあんなに面白かったのになぁ。
マグレだったのか?

画的には驚くほど前作と変わり映えしないし、まさかストーリーも似たような流れだとは。
でも前作の方が(粗いなりにも)世界観を丁寧に作っていたし、グッとくる熱いアクションもあった。
途中で予想が付くオチから微塵もぶれずに終了しちゃうのも残念。
出演者を豪華にした代わりに色々失くした気がするなぁ。

マット・デイモンのパワードスーツは主役なのに地味過ぎるガジェットだと思う。
豪華なのはイイけどジョディ・フォスターの無駄遣いっぷりが半端無い。
シャルト・コプリーは熱演してたけど声が高くてイマイチ悪役の迫力に欠けるなぁ。
ウィリアム・フィクトナーはシュッとしてて格好良かった。

CGは良かった。
ドロイドとか凄い。
主役の銃も見せ方格好良かった。

せっかく大きな予算使えるようになったんだから、せめてアクション映画としての見所がもっとあると良かったなぁ・・・。