初の黒人メジャーリーガーの話。
もっとガンガン感動を煽ってくるかと思いきや、地味に淡々と作られてた。
それでもグッと来るのが実話の強みか。

黒人差別もジャッキーの聖人君子っぷりも綺麗に纏まってるけど、その辺は観てる方が「でも実際はもっと色々あったんだろうなぁ・・・」と想像で補えるのも実話だからこそ。

ジャッキーは立派だなぁと思うけど、そんなに深い葛藤とかが描かれないからむしろ周りがとても魅力的に映る。
この映画で一番格好イイのはピー・ウィーでしょう。
あそこが一番の山場かと。
格好良過ぎ。

あとリッキー。
彼も世界を変えた男だよ。
格好イイなぁハリソン・フォード。

あの監督も素晴らしい悪役っぷりだった。

野球のルールが全く分からなくても楽しめる人間ドラマに仕上がってるぶん、試合のドラマが殆どない。
何にも盛り上がらずに優勝しちゃうのは残念。

2時間超えてる上映時間だけど、全然長いと感じない。
むしろもっと色々なエピソードを盛り込んで欲しかったくらい。
地味だけど丁寧なイイ映画でした。