シリーズ2作目。
前作は「トンカチ振り回すマッチョマンが格好良いワケないじゃん」と思って観なかったんだけど、「アベンジャーズ」観たら意外にも格好良かったし、最近のマーベル映画は全シリーズを一括りにして作ってるから「アベンジャーズ」の続編を満喫するためにも観ておかねばと。

で、観てなくても耳に入ってくる程度の前作の何となくな情報と「アベンジャーズ」の知識だけでも別に置いてけぼりにはならなかった。
でもどっちも観てないとなると少し厳しいかも。

お金のかかった派手なシーンはあるし笑いもあるし華のある出演陣だしで、アクション映画としては十分合格点だと思うし、他作品とのリンクも楽しい。
ただ、「今後の展開としてコイツはこういうポジションに置いておきたいし、こういう設定もあった方が盛り上がるよなぁ」っていう着地点ありきで、そこから逆算して話を作ったような気がしなくもないのよね。

3Dで観たけど、あんまり意味なかったかな。

ソーってもっと無敵キャラかと思ってたけど意外と苦戦してたね。
トンカチマッチョマン素敵。

「アベンジャーズ」で美味しい役所だったロキが今回も美味しい。
観に行った動機のそこそこをロキが占めてたけど満足ですわ。
イイよねぇ、トム・ヒドルストン。

ジェーンの本筋への絡め方が無茶苦茶だったけど、まぁナタリー・ポートマンお綺麗ですし。
眼福眼福。

浅野忠信はカメオレベルだったけど、それでもやっぱり日本人が当たり前のように出演してるのは嬉しいね。
エンドロールでの扱いも大きかったし。

内容とは関係無いけど、上映前にスクリーンに「エンドロール後にも映像があるよ」的なコトが映し出された。
親切だけどさぁ、映画ってそういうモノじゃないんじゃないかなぁ?

そういや終盤の他作品リンクパートは映像処理にだいぶ手を抜いてなかった?