新シリーズの2作目。
前作は導入ってコトもあって中々スパイダーマンが出てこなかったけど、今回は最初からスパイダーマン。

3D版を観たけど、物凄くイイ感じ。
ニューヨークの街中を飛び回るシーンは気持ちイイ。
アクションに関しては完全に3D映えを最優先に作られてる感じだから、2Dだと意外と大したコトないかも。
「俳優の熱演」というよりは、「リアル路線CGアニメ」だし。

序盤のアクションにはグッと掴まれるんだけど、中盤が何だかダルい。
前作はリブート一発目でマーク・ウェブらしい青春恋愛描写も新鮮だったけど、世界観の説明も終えてアクション押しで幕を開けた今作ではその「らしさ」がちょっと邪魔。
それ単体ならアクセントだったかもしれないけど、今回は悪役が複数いて、そいつらの背景とかも触れなきゃならないから余計に話が止まる感じがする。
本筋を進めつつ、青春モノもやりつつ、悪役の説明もしつつで全体が散漫に。

各悪役の印象も、それを倒すときの盛り上がりも薄くなっちゃうから一人に絞った方が良かったんじゃない?
戦闘シーン自体は見応えあるんだけどね。
アトラクション的な面白さ。
映画としては文句もあるけど、コレを体験するだけでも値段分の価値はあると思う。
展開の熱さが加わればもっと良かったろうにねぇ・・・。

主演2人はこの年齢の役するのそろそろ厳しくない?
髪形もあいまってか、アンドリュー・ガーフィールドが少し昔の関根勤に見えてならないのは僕だけ?

ジェイミー・フォックスのパラノイアックな感じが良かった。
ディン・デハーンも目付きがグッとくるね。
あとハゲ格好イイ。
ポール・ジアマッティもいるし、今作のゲストキャラは全体的に薄いんだね。

3D体験は猛烈に楽しいけど、映画としてはちょっと残念。
でもまぁ3部作の真ん中でコレなら大健闘じゃないかと。

エンドロールの途中に入るX-MENの映像は強引過ぎて感じ悪いなぁ・・・。