いや〜ナメてましたわ。
こりゃ凄い。
「邦画として」ではなく、「洋画邦画問わずゾンビモノとして」衝撃的だった。

予告編の段階では全く観に行く気が起きなかったけど、なんか評判がとても良いので観てみたらコレが大当たり。
このゴア描写は一見の価値ありかと。
テレビドラマの延長だったり、事務所のタレントの宣伝用だったりしがちな邦画が多い中、久々に「こういうモノが作りたいんだ!!」っていう作り手の気概を感じられた一作。
序盤の長回しとか、ラストの戦いとか最高です。

でもあの予告編で観賞意欲をそそられた層はこの内容は受け付けない気がするなぁ・・・。

キャスティングも絶妙。
大泉洋の絶妙なダメさと、丁度良い格好良さ。
そりゃ有村架純と長澤まさみに囲まれたら頑張りますわ。

岡田義徳は相変わらず最高に上手いし、久し振りに見た吉沢悠も良かった。
片瀬那奈があそこまでやるとはねぇ・・・。

ゾンビモノでは定番の投げっ放しエンドだけど、続編は作らない方がスマートな気がする。
制作陣にはこの技術と志でまた別の映画を撮って欲しいなぁ。