クリント・イーストウッド監督&まさかの主演。
大きなスクリーンでイーストウッドが観れる。
それだけで有難い。

猛烈に重たい予告編に反してかなり軽やかな本編に驚く。
麻薬の運び屋の話なのに割とほのぼのしてる。
マグナムをリップクリームに持ち替えたイーストウッド。
ただ、そんなに起伏のある話でもないのに面白いのよコレが。
流石はイーストウッド。

お爺ちゃんの余裕で色々解決していく絶妙な塩梅は、お爺ちゃん監督にしか撮れないバランスだし、好々爺過ぎてもクソジジイ過ぎてもいけないジャストなキャスティング。
イーストウッド監督&主演じゃなきゃ作れない映画でした。