「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督の最新作。
単独監督じゃなくてもう二人と一緒に監督したそうで。
「カメ止め」の助監督とスチールカメラマンらしい。
脚本も三人で一緒に。

で、つまらないんだわコレが。
前作の良いとこ全部削って、悪いとこだけ残した感じ。
大手シネコンでやっていいレベルじゃないよ。

浅いドラマ、巧くないドンデン返し、安い画面作り、大根芝居、前作と丸被りな構成。
あ、川瀬陽太は上手かったわ。
井桁弘恵は可愛い。

前作は三谷幸喜のフォロワーの新星って感じだったけど、今作では「カメ止めっぽさ」を意識しちゃって早くも自家中毒に陥ってる感じ。
自分で自分の質の低いフォロワーになっちゃダメだろうに。

秋の上田監督単独最新作の出来次第では、ホント一発屋として消えちゃうよ?
シャマラン臭が漂い始めてる気がします。
前作が奇跡の出来だったのかなぁ?

コレは練られた脚本では全然なくて、ただの後出しジャンケンだよ。

そもそも、「カメ止め」の助監とスチールって、一緒に監督&脚本として組んで映画撮ったからって面白くなりそうな要素無くない?