三吉彩花が大画面に映りっぱなしで、時に歌い、時に踊る。
もうそれで十分じゃないすか?
目に優しい。
眼福。

三吉彩花に魅力を感じない人には、なんか普通のエンタメ映画としか思えないはず。
矢口史靖も正直昔のキレがない気がするし。

でも往年の輝きを失ってるとはいえ、直前に観た「イソップの思うツボ」と比べると監督&脚本の圧倒的な地力の差を感じます。

宝田明の出番が思ったより多くてそこも満足。
歌って踊ってくれたし、インチキ臭さプンプンで最高でした。

無難な出来っちゃそれまでだけど、安定した明るいエンタメ作品で、美人が出てて、インチキおじさんも出てる。
それで良いじゃないのよ?
登場人物総登場でのカーテンコールとか最高じゃないのよ?

三吉彩花のパンチラも嬉しいところ。