死ぬ程つまんなかった。
「福田雄一作品だからまぁこんなもんだろ」と下げたハードルを更に下回ってくるとは…

エピソードの摘み食いの連続で起承転結無いし、笑いのツボも全く合わない。
呂布放置だし、突然井戸に飛び込むし、本編のラストシーンををエンドロール後にもそのままもう一度流すし何が何やらですよ。

中途半端なデキの殺陣がちょいちょい挟まれて、燃えるアクションなワケでもなく、笑いに繋がるワケでもなく、感情が無の時間が出来ちゃう。

週一の地上波ならまだしも、2時間お金を払って観るもんじゃない。
そもそも基本的に棒立ちで喋るシーンばかりならラジオドラマで十分じゃないかい?

大泉洋目当てに観たもののかなりキツかった。