時間の無駄と言わないで

あれよあれよで10年目 古い記事でもコメント・TBお気軽に

THE ALFEE

『Battle Starship ALFEE』THE ALFEE


45周年アルバム。
遂に〇〇周年記念アルバムがちゃんとその年に間に合いました!
そのうえ完全新作8曲収録!!
素晴らしい。

ワケわからんコトになってるアルバムタイトルも素晴らしい。
でもこのごった煮感には合ってるっちゃ合ってる。
なんのコンセプトもなく、ただ今ある引き出し全部開けて作った感じがとにかく好印象。

「愛をとりもどせ!!」で多用してた「ハーッ!」ってコーラスが全編で多用されてるから、通常盤ボーナストラックにそれを収録ってのは理解できる。
むしろラスト3連続のシングル曲はそのコーラス使ってないから若干浮いてる気がしなくもない。
頑張ってもう1曲作ってラストに「はじまりの詩」が来るようにした方が45周年アルバムとしては綺麗な仕上がりになったんじゃなかろか?

・「Battle Starship Neo」
一曲目はイントロ約2分。
ただ、殆どが序曲というかSEチックな感じだから、何度も聴くうちに「イントロは最後の30秒からで良くない?」という気もしてくる。
いっそ別けちゃっても良かったのに。

スイッチボーカルだけど美味しいところは桜井が持っていく安定のスタイル。
歌詞は洋額メタルの和訳版みたいでコレはコレで良し。

・「Rock 憂」
完全に映画「ボヘミアン・ラプソディ」観た後に作ったんだろうなっていう曲。
で、Queenオマージュなんだからボーカルは勿論桜井。
「カモーン!ヘイヘイヘイ!!」は流石にやり過ぎなような気も。

曲もアレンジもとてもイイんだけど、この曲調で声高らかに「頑張らなくていいんだ!」って連呼されましても・・・。
暑苦しいまでの頑張れソングを聴いてきた身としてはなんともモヤモヤする。

・「東京狂詩曲」
まんま高見沢ソロ曲。
コーラスの入れ方も、メロディーも高見沢ソロの集大成みたいな。

このところ、こういう「ハードな曲にそうじゃない詞」ってのが多い気がするけど、たまには「ハードな曲にハードな詞」ってのも書いてくれると嬉しいなぁ。

・「いつかの未来」
良い意味で、ジャニーズのオリジナルアルバムに入ってそうな曲。
坂崎メインの3声ハモが爽やかで美しい。

・「はじまりの詩」
桜井ボーカルの「Musician」って感じ。
ライブだと最後の最後で歌われたりしそうな。
45周年を一番感じる曲。

・「私的恋愛論」
40年前に歌ってたような曲を今改めて作ってみた感じ。
「東京狂詩曲」と同じ人が作った歌ってるとは思えない落差が良い。
スリーフィンガーのこういう曲も今聴くと新鮮。
濃いめの曲が多い中でのコンパクトな作りも良い。

・「進化論B」
今回のアルバムで一番驚いた猛烈な変化球曲。
45年やってきてもまだこんな引き出しがあるとは面白い。
曲も詩も面白い。
3人とも楽器弾きっぱなしの歌いっぱなしで生で演るのは大変そうだし、聴くのが楽しみだし。

・「風に消えた恋」
うん、まあ、可もなく不可もなくというか…
6分もあるしなぁ…

『今日のつづきが未来になる』THE ALFEE

今日のつづきが未来になる(初回限定盤A)今日のつづきが未来になる(初回限定盤B)今日のつづきが未来になる(初回限定盤C)今日のつづきが未来になる
久々のシングル。

3曲収録で、3曲目のライブ音源が異なる4種類。
シングルCDなんてたかだか1,000円かそこらなんだから、4種出すなら買ってあげるけどさ、せめて初音源化の曲とかにしてよ。
4曲全てが既発の夏イベBlu-rayに収録されてる音源。
全然嬉しくないチョイス。
もうちょっと他に何かあるだろう?

・「今日のつづきが未来になる」
定番の押しつけがましいメッセージソングじゃないけど、コレはコレでとても良い。
42年やってきたからこそってのを感じる詞。
桜井版「タンポポの詩」って感じ。

直近のアルバムがスイッチボーカル押しで良くも悪くもガチャガチャしてた反動もあってか、一曲通して桜井ボーカルの安定感はやっぱり素晴らしいなぁと。
メインが桜井で、上が高見沢の下が坂崎のって構成がとてもしっくりくる。

イントロ短めだし、最後も短めのアウトロでしっかりカットアウトで終わるシンプルな作りも曲に合っててイイ感じ。

・「風の翼」
カップリングの定番マラソング。
こちらもボーカルは桜井一本勝負。
イントロが特撮番組っぽい。

マラソン中継で聴いたときよりもだいぶハードな印象で驚いた。
けど、アコギも効果的に使われててバランス良し。

Aメロが1コーラス目、2コーラス目、3コーラス目でアレンジが変わるのが好き。
特に2コーラス目のシンプルな演奏に桜井・坂崎の声が映えるところが良い。

『三位一体』THE ALFEE

三位一体(通常盤)
昨年末にやっとこ発売された約6年振りのオリジナルアルバム。
昨年末なので勿論デビュー40周年には間に合わず。
そういえばその前に出したアルバムもデビュー35周年には間に合いませんでしたね。
ロクなタイアップが付かなかったり、イマイチ新規層を取り込めなったりってのはこういうのをしっかり間に合わせられないところが響いていると思いますよ。

6年空けて出てきた10曲アルバム。
既発のシングルをそのまま収録が2曲あったりして、このアルバム用の曲が結構少ないのは残念。
とはいえ、そもそも新規曲ばかりで構成されたオリジナルアルバムなんてとんとお目にかかってないしね。
毎回甘目に数えても6曲くらいだからいつも通りっちゃあいつも通りか。
でも、今回の「三位一体」っつうコンセプトに全然合わない2曲だからいっそ削った方が美しいアルバムになったんじゃない?

さて、今回のアルバム用の曲たち。
良くも悪くも「オリジナルアルバムの7曲目とか8曲目とかにありそうな曲」のみで構成されてます。
変化球。
座って聴くでもないけれど、テンション上げて拳も挙げてって曲でもないので、音源を聴くのは楽しいけれどライブでの定番にはならなそうなラインアップに見える。
まぁライブで演ると化けるかもしれませんが。

・Orionからの招待状
いきなり3人スイッチボーカル。
ファンタジックな歌詞は何を言ってるのかよく解らん。
僕は暑苦しいメッセージソングが好きです。
曲調も構成も好きですよ、面白い。
どうせなら「YELLOW SUNSHINE」くらいバシバシ入れ替わって歌っても良かったのに。

・碧空の記憶
「あれ?アルバムコンセプトはどうした?」と2曲目にしてゴリゴリの坂崎ボーカルアコギ曲。
個人的にはガロには何の思入れもないので・・・。

・或いはノイシュバンシュタイン城の伝言
「あれ?アルバムコンセプトはどうした?っていうかどうしたんだ高見沢!?」っていう凄まじいアレンジのイントロで始まる曲。西洋っていうか暴れん坊将軍っぽい。
ザ・大仰。
「ソロを本家に還元」というけれど、「コレはソロで演りゃイイんじゃないかい?」と思わなくもない。
でも高見沢は無理やりスイッチするよりは1人で歌ってる方がアラも見えずにイイ気もする。
最初は驚くけれど慣れると格好イイ。

・G.S. I Love You -あの日の君へ-
やっとスイッチボーカルに戻り何故かホッとする。
歌詞は有名GS曲のパッチワークなのでそれを見つける楽しさはあるけど、この歌詞を聴いて元気が出るとかグッとくるとかそういうモノではない。GS世代だとまた感じ方が違うのかもしれないけど。
メロディーは抜群に綺麗。

・Manhattan Blues
そこはかとなく「あみん」を感じる。
坂崎ボーカル曲かと思いきや、サビになると桜井がグイッと割り込んでくる感じがイイ。

・無情の愛 X
歌詞カードに「m」パートと「f」パートがあるまさかのデュエット仕様。
ここら辺にきてようやく「あ、今回の本当のコンセプトはスイッチボーカルなんかじゃなくて、『とにかく今やりたいことを全部やる』だったんじゃないか?」と気づく。
「殉愛」をもう一回作ったらこうなりました、って感じ。
この曲の路線で、ただただ格好良さを追及した曲を1つくらい入れて欲しかったなぁ。

・恋の花占い II
ソロ曲の本家スイッチボーカル版。
Aメロのリフが電撃ネットワークに聞こえてならない。
でもソロ版よりこっちの方が好き。

・One Step ~再始動
マラソング2015。
桜井ボーカルの安定感たるや。
やっぱり王道はイイものです。
今回のアルバムに一番足りないのはこういう押しつけがましい頑張れメッセージソング要素です。
2コーラス目の「自分を〜奮い立たせよ♪」のところは曲も詞も譜割も新鮮で出色のデキかと思っております。

・英雄の詩
このあとシングル出してないし、その間ライブでも演りまくっているので何もここに収録戦でも・・・と思う。
Ver.違いでもないし。
っていうかコレ削って桜井ボーカルのアルバム曲作ってよ。

・GLORIOUS
アルバム用の曲じゃ絶対に締めたくない理由でもあるのか?


あ、そうそう。
今回の初回特典のライブ盤とか、最近のシングルのお手軽カップリングのライブ音源とかを既発だったり今後出たりする映像ソフトに収録されてるのを持ってくるの止めない?
あれ、凄い損している気分になるのは僕だけでしょうか・・・。

『THE ALFEE 40th Anniversary Film THE LAST GENESIS 〜40年の軌跡と奇跡〜』

THE ALFEEのドキュメンタリー(?)映画。
最近音楽系のこういう映画増えてるね。

レコーディング風景とか、ライブの裏側とかそういうのを期待してたけど結構控えめだった。
ゼロだったワケじゃないんだけど、既出の映像が大量だったからねぇ。
「あのDVDの映像だ」とか、「あのCDで聴けるやつだ」とかじゃなくて、この映画じゃなきゃ観られないモノってのが薄味だったのがちょっと残念。
まぁ昔のは仕方ないかもだけど、コレの制作が決まっていたであろう2014年の映像はコレ用のモノを用意してよ。
だって2,800円も取るんだから。

とはいえ割と良くまとまってた。
芸能人コメントも色々面白かった。

3人のインタビューも凄い良かった。
特に坂崎。
「だって信じてたもん」
コレが聴けただけで満足かも。

ベタ褒めなナレーションはちょっと気持ち悪かった。

何だかんだ言っても劇場のスクリーンと音響で観られるってのは大きいよね。

『英雄の詩』THE ALFEE

英雄の詩 (通常盤A)英雄の詩 (通常盤B)英雄の詩 (通常盤C)
40周年のシングル。
曲としてはめちゃくちゃ格好イイんだけど、40周年の節目のシングル曲となると果たしてコレでイイのかよと思う。
オリジナルアルバムも出さないようだし。
なんかモヤモヤするアニバーサリー。
どうせこの1枚しか出さないんだから、如何にもなのをカップリングで作って欲しかったなぁ。

でもホント格好イイ。
全力で特撮ソング歌ってるんだもん。
そら格好イイわな。
熱いわな。

久々にシンプルな構成だけど、意外とそれを感じさせないアレンジ。
同じメロディーなのに間奏明けはだいぶ雰囲気が変わる。
ラストでAメロに戻るところも堪らん。

ただ、そろそろ間奏に強引な変拍子入れるの止めない?

カップリングは「LOVES FOR ONE」
桜井マラソング。
直球です。
最近は変化球が多かったから余計に新鮮。

ライブ音源も入ってるけど、全部先行のDVDに収録の音源。
やる気あんのか?
まぁどれも完成度は抜群なんだけどね。
特に「Beginning of the Time」が凄い。
「シュプレヒコール〜」もアコギがグッとくる。

曲自体はどれも素晴らしいんだけど、売り方にモヤッとする感じがちと残念。

『THE ALFEE 40th Anniversary 2014 40年目の夏』初日

2年ぶりの夏イベ。
さいたまスーパーアリーナだから天候関係なくて喜ばしい。
ってか35℃とかで野外だと死んじゃう。

2days初日。
結構グダグダなライブだった気がするなぁ。
高見沢は全く声出ないしギターもミス連発。
あんまり高見沢に負担かからない感じのセットリストなのはそういう事情からなのかしらん?
で、ほぼ半分を桜井ボーカル曲にしていて、そのせいか判らないけど桜井の喉も途中で死にかける。
まぁ最後持ち直したけど。

MCもかつてなくグダる。
コレなら前回の夏イベ同様にMCは最小限で良かったなぁ。

それでもまさか還暦のフライングが見られるとは思わなかったし、そういう状況でのROCKDOMは熱いし、クラッシュした桜井をフォローする高見沢にグッと来たし。
高見沢のライブ感はとても良かった。

桜井もどうにもこうにもダメダメだったのはSWEAT&TEARSくらいだし。

舞台装置と照明は素晴らしかった。

最新曲以外はEMI時代の曲がゼロだったけど、2日目が新しめ選曲なのかな?
にしても偏り過ぎのような気もする。
サプライズ曲が少なめの上に、前回夏イベとかなり被るセットリストは結構賛否わかれるんじゃない?
両日参加すると40周年を感じられるセットリストになってるんだろうなぁ・・・。

追伸
お隣が体重の不自由な方だったのかなり窮屈でした。
舞台の上の人たちが凄い頑張ってるんだから、こっちもちゃんと節制しようぜ。続きを読む

『GLORIOUS』THE ALFEE

GLORIOUS (TYPE-A)GLORIOUS (TYPE-B)GLORIOUS (TYPE-C)
水墨画(?)とウサギのジャケットは良く解らんセンスだ。

唐突に雑なタイアップを伴って発売された結成40周年シングル。
まさかの高見沢ソロ活動からの逆輸入。
でも節目に相応しい曲だとは思う。
シングルに向かない要素てんこ盛りなのに無理矢理シングル化した意義はあるんじゃないかと。

やっぱり歌詞が良い。
たまにはこういう地に足ついた歌詞も作って欲しいなぁと。
ベテランなんだし。

高見沢の尺の長いメッセージソングは得てしてソロ色が強く、今回も他の2人はかなり控えめなのが残念っちゃあ残念。
ブラスもイイけど、もうちょっとアコースティックに攻めて欲しくもあったなぁ。
まあそこは来年バシッと決めてくれるだろうし。

「雷神」同様声に安定感のある高見沢。
維持して欲しいものです。

カップリングはライブ音源。
ケチケチせずにもう一曲くらい収録してくれたってイイんでないの?

『NEO UNIVERSE 2013 Grateful Birth II』 at 東京国際フォーラム

我が地元東京。
国際フォーラムの2階の後ろ。
かなり後ろ。

そろそろグッズ販促コントはお腹いっぱい。
コントっていうか、販促の部分は毎ツアー同じコトを喋ってるようなもんだし。
なんならチケット代をもう500円くらい値上げして、販促をやめて一曲演ってくれてもイイのに。

一方で序盤の歌ネタは軽くてとても良かった。

で、結局どの辺が結成40周年のツアーなのよ?
ってのに答は出ませんが、とてもイイ感じのライブではありました。

以下曲目と極々簡単な感想。
続きを読む

『Takamiy Legend of Fantasia 2013 雷神-raizin-』 at パシフィコ横浜初日

コレでソロ活動は一段落だそうで。
一年空けるくらいで復活しそうだけどね。
本家でメタルは年々出来なくなっていくだろうし、5年も10年も待てる年齢じゃないし。

さて、久々にパシフィコ。
ホームが変わってから初めて渋谷で東横線に乗り換えたけど、不便になったねぇ。

「主義」〜「雷神」までのアルバムからそこそこ万遍なく曲を選んでいた感じ。
でもソロにはハードさを期待している身としては「主義」からは1曲で十分だったなぁ・・・。

マーティ来たし、宮野真守も来たし、サポートメンバーのMCもハジけ気味だし、何だかんだで良いライブでした。

以下セットリストと極々簡単な感想。
続きを読む

『雷神』高見沢俊彦

雷神 (通常盤)
このアルバムでソロ活動はひとまずお終いだそうな。

収録曲単品それぞれはとてもイイ感じだけど、コンセプトがぶれぶれな気がする。
「雷神」な感じの曲・・・「雷神の如く」「Samurai Basara」「黄金龍王」の3曲。
「ウルトラマン」な曲・・・「Legend of Galaxy」「君だけを守りたい 2013」「ULTRA STEEL」「サーガ(ボーナストラック)」の4曲。
その他・・・「仮面の宴」「嵐が丘」「孤独なRudy Boy」「Fantastic Love Metal」の4曲。
せめてもう一曲「雷神」系のが入ってて欲しかったなぁ。
ド頭の2曲がとてもイイだけに残念。

全体的に高見沢の声が良くなってる。
身体鍛えたから?
全然がなるコトなく綺麗な高音で歌ってます。
とても大きな収穫かと。

・「雷神の如く」
和楽器との絡みが超格好イイ。
別にラブソングな歌詞にせんでも・・・とは思うけど。
このキーでも全くがならないのに一曲目から驚く。
そしてマーティ・フリードマンが今回もメチャうま。
個人的には今アルバム内で一番お気に入り。

・「Samurai Basara」
コレまた和メタル(?)&マーティ。
「雷神の如く」の直後に聴くと大人しく感じるというか、「いつもの高見沢」感が強いというか。
とはいえやっぱり和太鼓格好イイ。

・「仮面の宴」
紫の薔薇の人の歌。
しっとり始まるけど、結局いつもの感じになります(誉めてます)。
ソロにはしっとりは求めてないし。
ラジオで1コーラス目だけ聴いたときはイマイチだったけど、通して聴くとイイ感じに。
それにしても相変わらずタイアップ曲はきちんと作品に合わせた歌詞を書くなぁ。

・「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」
ウルトラマンのOP曲。
宮野真守とのツインボーカル。
初めて聴いたけど宮野凄ぇ歌上手いなぁ。
ライブではゲストに来てくれないかなぁ?
Aメロにウルトラマンの合いの手(?)入るのね。
相変わらずタイアップ曲は・・・以下略。
構成がシンプルな分、ツインの格好良さ全開。

・「嵐が丘」
ライブでこのドラム再現出来るんだろうか?
やたらと朗々とした歌い出しには何事かと思ったけど、この曲好きですわ。

・「君だけを守りたい2013」
ん〜、この曲こそボーナストラックで良かったんじゃない?
「〜2013」っていったって、演奏は九分九厘去年の流用だし、ほぼつるの剛士の歌になってるし。
つるの剛士のアルバムにゲストで高見沢が参加してる感じ。
つるのはとても上手いし格好イイ曲に仕上がってるけど、このアルバムに入れる曲かなぁ?

・「黄金龍王」
既発のシングル曲だけどコンセプト的には合ってるんでないかと。
で、ほぼ2年前の音源なワケだけど、ここで改めて聴くと「この2年間で随分ノドを鍛えたんだなぁ」と実感します。

・「孤独なRudy Boy」
新鮮な曲調。
ここまでは良くも悪くも「いつもの高見沢」だったけど、コレはちょっと新しい。
最後のサビ連発のところのブリッジがまんま「この愛を捧げて」な気もしますけど・・・。

・「Fantastic Love Metal」
曲はメロディーもアレンジも格好イイけど、Aメロのコーラスは格好イイのか?
本家の「悲しみの雨が降る」でも似たようなコトしてたけど、アレはメインの桜井ボーカルがあってこそだと思うワケで・・・。
ソロ恒例の既存曲のメタルアレンジは「無理にメタルにせんでも良くない?」というのも多いけど、コレは素直に格好イイ。
当時はサビの部分くらいしか聴いたコトなかったけど、通しで聴くとイイ曲だねぇ。
この曲は高見沢ギター。
この曲こそマーティ出番じゃん。

・「ULTRA STEEL」
去年のシングル。
何度聴いても熱くて格好イイ曲だけど、ここに持ってきちゃったせいでアルバム全体のウルトラマンっぽさが上昇しちゃう。

・「ウルトラマン組曲『サーガ』」
ボーナストラック。
ホント何のアルバムなんだよ!?
「雷神」は何処行っちゃったんだよ!?
まぁ格好イイは格好イイんですけどね。
高見沢版アニメタルって感じ。

『NEO UNIVERSE 2013 Grateful Birth』 at NHKホール初日

結成40周年。
まぁ通常営業だったような気もしますけど。

2階席だったんだけど空調効き過ぎでえらく寒かった。

セットリストと簡単な簡単な感想は以下で。
続きを読む

『Final Wars!/ もう一度ここから始めよう』

Final Wars! / もう一度ここから始めよう (TYPE-A)Final Wars! / もう一度ここから始めよう (TYPE-B)Final Wars! / もう一度ここから始めよう (TYPE-C)
結成40周年の今年は早々にシングル発売。
ウルトラマンと大阪国際女子マラソンとのタイアップ。

・「Final Wars!」
桜井ボーカル。
特撮とのタイアップは初かな?
とても格好イイ。
徐々に桜井のテンションが上がるので、フルコーラスで聴いてナンボな曲かと。
徐々にテンションの上がる高見沢ボーカルは多いけど、桜井ボーカルは珍しいね。
2コーラス目の「永遠の星になる」のところの色気がヤバイ。

TVだとよく判んなかったけど、CDで聴くとアコギも結構ジャカジャカ鳴ってます。
踏みっぱなしのツーバスとアコギの同居がとてもイイ。

アルフィーはアニメ・特撮のタイアップに全力で挑むのがとてもイイ。
熱い熱い。

終盤のサビのゴリ押しにエレキが絡んでくるのも熱い熱い。
間奏明け以降が若干窮屈な気がしなくもないけれど。

間奏の変拍子は絶対に要るのか?
まぁ、「ガチャガチャガチャ、ピロピロピロ〜♪」ってギターソロよりは変拍子の方が好きですけども。

・「もう一度ここから始めよう」
高見沢マラソング。
安定というか、無難というか。
「頑張ろうぜ」は新鮮。
歌詞は結構好印象です、はい。

ライブ版は「My Truth」と「鋼鉄の巨人」はどちらも素晴らしい。
安定感抜群の前者と、ライブ感抜群の後者。
「ライブなのにスタジオ音源をちゃんと再現出来てるなぁ」って前者と、「スタジオ音源がヌルく感じるなぁ」って後者。
「鋼鉄の巨人」のBメロは高見沢に戻ってるけど、CDよりずっと格好イイ。

「A Last Song」も悪くないとは思うんですけど、最後が余計な気が・・・。
あと8分越えってのも。

『NEO UNIVERSE 2013 CATCH YOUR EARTH』 at 武道館千秋楽

2日目。
まさか2日連続で大声で歌っちゃうオバサンの隣になるとは運が悪い。
こちとらお前の歌を聴きに来たんじゃねぇっての!!

さておき。

今回は舞台から遠い遠い。
スピーカーよりも上の位置。
雪が降る演出の雪吹き出し口よりも上の席。
雲の上かと。

やっぱり初お披露目の新曲が聴けるってのは嬉しいよね。
好きな系統の曲だったし尚のコト。
ゲスト(?)も来たし。

こういうサプライズがあると、全く同じ台本で進むMCとか、しっとり目になったセットリストとかもまぁイイかなという気にさせられます。

以下、ささやかな感想とネタバレと。
続きを読む

『NEO UNIVERSE 2013 CATCH YOUR EARTH』 at 武道館初日

秋ツアーの終盤が今年も別仕様に。
去年もそうだったけど、ほぼ秋ツアーと変わらずというちょっとガッカリな感じでした。
今年は秋ツアーには参加してないのでその辺はよく判らず。
が、ネットで調べてみたところ、かなり変更しているようてして。
とてもイイんじゃないかと思うワケです、はい。

以下ネタバレあったり、感想あったり。
続きを読む

『Takamiy Legend of Fantasia 2012 ULTRA STEEL』 at 東京国際フォーラム

さて、今年も高見沢ソロの季節。
ステージセットがアイスラッガーだったのには笑った。

歌詞が抜けたり、知らない曲を歌ってるんじゃないかと思うくらいに譜割がくちゃくちゃな曲があったりするのも相変わらずですが、去年と比べると随分声が出ていたのではないかと。

今年はマーティ・フリードマンも参加して、ギター5人体制に。
こんなに必要かとも思うけど、3人でギター弾くコーナーになると少し物足りないから不思議。
ソロライブも最初は3人ギターだったのにね。

ってか、マーティが死ぬほど上手い。
どの曲もクソ上手い。
かつてサポートがルークとKojiだけだった頃にゲストでANCHANGが加わってもギターソローのバリエーション向上効果くらいしか感じなかったけど(あ、ヘドバンはダントツで美しいと思う)、マーティ加入はどの曲も新鮮に感じる程に強烈でしたわ。
もう笑うしかない。

来年もソロやるのかな?
マーティ来るのかな?
マーティ来ないならアルバム出してガラッと曲目変えるくらいじゃないと、この感じを超えるのは結構難しいかもよ。

今回はドラマーがKEN'ICHIに。
重たい音がとても良かった。

以下曲目と簡単な感想。
続きを読む

『ALFEE GET REQUESTS』THE ALFEE

ALFEE GET REQUESTS(初回限定盤B)
アルフィーの新録ベストアルバム。
「ベストアルバム」だけど、ご新規さん向けの知名度の曲は「星空のディスタンス」くらい。
ただ、アコギ曲からエレキギュインギュインの曲まで幅広いので、どんな趣味の人が聴いても何がしか聴き所がありそうな点では「ベストアルバム」的な中身なのかもね。

値段もお手頃なので、少しでも興味が湧いたら手に取って頂きたい一枚ではある。

基本はライブでお馴染のアレンジ。
でも中には「コレ、新録して収録する必要あった?」って曲もありますが・・・。
ライブ仕様版なんだから、もうちょっとベースの音量上げてもイイんでない?

トータル的にはとても好ましいアルバム。
選曲も斬新なのがチラホラとあって面白い。

・「DNA Odyssey」
長いけど、それでも原曲よりは短縮してるっていうビミョーな尺の曲。
アレンジは原曲の方がゾワゾワする感じで好きだなぁ。
でも「遠い昔〜♪」に入る前のところのドラムはとても格好イイと思う。

・「ジェネレーション・ダイナマイト」
頑張る桜井。
「まだまだハードなのも歌っていくぜ!!」という決意表明を感じる一曲。

・「星空の下のディスタンス」
まぁ「ベスト」と銘打っちゃった手前、コレか「メリーアン」かは絶対に入れるんだろうなぁとは思っていましたが。
そろそろ別の曲でもイイんじゃない?
僕の世代だと「希望の鐘が鳴る朝に」も結構代名詞的な曲ですよ。
後奏が最後までちゃんと入っていてカットアウトで終わるのがイイ。

・「孤独の美学」
キーが高いけどガナらずに頑張る高見沢。
基本的にはライブアレンジだけど、間奏は新規。
最近の間奏は前後の繋がりを無視しがちだけど、今回はその辺もイイ感じ。
原曲が風呂場で演奏してるような音質だったから、色々クリアになってます。
コーラスとかくっきりはっきり。

・「夕なぎ」
まさかのチョイス。
アレンジかっちょいいい。
アコギとエレキのバランスが絶妙。

・「あなたの歌が聞こえる」
何事が始まるんだというくらい壮大な前奏に。
どうせなら一曲丸々この壮大さで突っ切ればイイのになぁ。

・「いつも君がいた」
んー、コレは収録する必要あったのかねぇ?
嫌いな曲でもダメなアレンジでもないけれど、このアルバムに収録する程原曲からの変化が感じられない。

・「Over Drive~夢よ急げ」
ライブではお馴染みの繋げ方。
iPodのシャッフルで偶然この順番で流れてくるとめちゃくちゃ嬉しいワケですが、それをフィックスに。

・「シュプレヒコールに耳を塞いで」
何年か前のライブで演奏したアコギアレンジ。
「風の歌」のアコギ版みたいな謎のSEはなく、ホントにアコギのみ。
カウントの声までご丁寧に入っているのが嬉しい。

・「恋人になりたい」
今年の春ツアーで演ったアレンジ。
テンポも良く、なんと2分半。
こういうのをもう1曲くらい入れて欲しかったなぁ。
6分×2、7分×1、8分×1はちょっと胃もたれが・・・。

・「祈り」
他のアルバムにも入っているアレンジ。
ラストのギターソロがライブ仕様。
このソロはライブだからこそイイんじゃないかと思うのは贅沢なのだろうか?

・「君に逢ったのはいつだろう」
恐ろしい程に壮大なアレンジだった原曲からすると凄く大人しいアレンジに。

『One Night Summer Dream 2012 We Get Requests!』

さて、3年振りの夏のイベント。
今年はさいたまスーパーアリーナ。
初めて行ったけど大きいですねぇ。

「ファン投票を踏まえて曲目を決める」っていう試み。
どうせ口だけだろうという気持ちも若干あったけど、蓋を開けてみれば結構反映させていたような気がする。
普段のツアーならどちらかしか演らないような曲を両方したり、ハンドマイク曲盛り沢山だったり。
定番曲も沢山あったけど、リクエストを反映すりゃそうなるだろうし、それでも1日だけのイベントだから出来るラインアップだったと思うし。
喋る時間もいつもより短く、一曲でも多く演奏しようという感じ。

「こんなお馴染み曲ばかりじゃなくて、普段全然演らない曲をもっと聴きたかった」って声もあるかもしれないけれど、あくまでも「夏イベで聴きたい曲」だからコレでイイと思うなぁ。
普段演らないアコギ曲とかは通常ツアーのアコースティックコーナーとかだと嬉しいけれど、夏のイベントでは盛り上がり重視の選曲にして欲しいもの。

個人的には素晴らしいライブでした。
僕のリクエストは全く演奏されませんでしたけども。

あと、ライト振るの楽しい。

以下曲目と簡単な感想。
続きを読む

『ULTRA STEEL』高見沢俊彦

ULTRA STEEL(A)ULTRA STEEL(B)ULTRA STEEL(C)
夏恒例、高見沢俊彦ソロ活動。
今回はウルトラマンの主題歌。
ゲストにマーティ・フリードマン。

マーティの加入の影響なのかは知らないけれど、今回はどれもアレンジの幅が広がった感じ。
ファンタのCMも捨てたもんじゃないね。

・「ULTRA STEEL」
Endless Dream 2012?
マーティ上手ぇなぁ。
ギター聴き応えありまくですがな。

強引な変拍子がなくてイイ感じの構成。
素直に熱いメタルになってます。

まさか間奏で「ダァ!!」だの「ヘアッ!!」だのといったウルトラマンの声が入るとは思わなんだ。
コレはコレで面白い。

・「君だけを守りたい」
人に提供して、アルフィーでセルフカバーして、ソロでもカバー。
アレンジが新鮮で、歌が始まるまでは何の曲か全然判らん。←誉めてます。
坂崎の声がベストかと言われれば何とも難しいけれど、高見沢の声はこの曲向きじゃないような気が・・・。

・「蒼いタメイキ」
今回のカップリングでは一番好き。
メロディがとてもイイ。
詞もイイ。
良くも悪くも他人に提供する曲はイイ詞が多いなぁ。
間奏の展開は悪いクセが出たというか、無理にそういう方向にしなくてもイイのにと思う。

・「カッチーニのアヴェ・マリア」
自分名義のインスト曲なんだから、ギターは全部自分で弾けよ。
一回聴けば十分かなぁ・・・。

『NEO UNIVERSE 2012 Flowers』 at NHKホール2日目

とても良いライブでした。
でも、何が「Flowers」なのかはよくわかりませんでした。
せっかく曲名じゃないツアータイトルなんだから、もうちょっとコンセプトを全面に押し出しても良かったんじゃないかと。
まぁ曲名っちゃあ、曲名なんですけどね。

熱くて盛り上がる一日でした。
明日からまた日常に戻らにゃならないので、感想は気が向いたらちょこちょtこと埋めていこうかと。
一応セットリスとは以下です、はい。続きを読む

『生きよう』THE ALFEE

生きよう(A)生きよう(B)生きよう(C)
今年のシングルも大阪国際女子マラソンとタイアップ。
去年もそうだったなぁ。
もうマラソング以外はタイアップ獲れないのか?

マラソングだけど、そもそもは春ツアーでの震災復興ソング。
それに色々手が加わって今回のシングルに。
春はアコースティック曲だった気がするんだけどなぁ・・・。

高見沢はとても丁寧に歌ってる。
歌詞もイイ感じ。
まぁ「今日を生きよう♪」とか、「自分らしく生きろ♪」とか、過去のマラソングでお馴染みの部分もありますが。

変拍子の間奏はどうなんでしょ?
どうなるか判んない人生を表すためにこうなった的なコトを高見沢言ってたけど、んなコト言ったら最近のバラード曲は全部人生の困難さを歌ってるコトになっちゃうぞ。
アコースティック要素の強い1コーラス目も、おかずが加わって盛り上がる2コーラス目も、間奏明けの3コーラス目もアレンジの展開はとても好感触なんだけど、間奏がやり過ぎなんじゃなかろうか。

間奏以外は文句は無いです、はい。
震災後で色々あった時期に春ツアーに参加した人には格別の曲なのではないかと。

編曲が高見沢俊彦&本田雄一郎ってなってるけど、桜井&坂崎は言われるがままに弾いたってコト?

カップリングは3パターン。
どれもライブ音源っつう手抜き仕様。
せめてライブアレンジをスタジオ録音して欲しいな。
一応テーマ性を感じる2曲と違い、「うつろな瞳」だけは「とりあえず桜井ボーカルを入れときゃイイか」って感じがするなぁ・・・。

・「Zipangu」
坂崎ボーカル。
エレキが一本だとやっぱりリフが寂しい。
歌は安定してるし、アコギも目立っているしイイ感じ。


・「うつろな瞳」
初っ端のベースが格好イイ。
桜井はライブ版でもめちゃめちゃ上手くてイイ声だわ。
この曲の高見沢は自分のボーカル曲よりも上手に歌う気がする。

・「I Love You」
入りに躓く高見沢。
もうちょっとイイ音源使ってくれよ。

どうせライブ音源を入れるなら、春ツアー版の「生きよう」を入れてくれても良かったのに。

『NEO UNIVERSE 2011 Final Series I Love You, Always...』 at 武道館千秋楽

初アリーナ席。
超新鮮。
正面だから新しい照明装置もバシッと見えたし。

ツアータイトル変える程のモノか?
という武道館公演ではあったけど、ラストの高見沢のMCに感動したのでまぁ良し。

続きを読む

『NEO UNIVERSE 2011 Final Series I Love You, Always...』 at 武道館初日

何やら今年から武道館と城ホール公演が「Final Series」とやらに。
ツアータイトルも「I Love You, Always...」に。
で、期待させたものの蓋を開けてみれば例年通りの武道館公演。
そういうコトしてると客足が遠のくんでないかい?

とはいえ、いつもよりは
「ここを変えてきたかぁ」
「この曲かぁ」
とワクワクさせられたのも事実。
来年もっと良くなってるとイイなぁ。

国際フォーラム公演時にはなかった舞台照明が加わってました。
天井から電球がいっぱいぶら下がっていて、色が変わったり位置が変わったり。
「正面から見ると綺麗なんだろうなぁ」と、真横の上方から眺めていました。
何が起きてたのかサッパリでした。

以下曲目。
続きを読む

『NEO UNIVERSE 2011 ALWAYS』 at 東京国際フォーラム

さて、久々のTHE ALFEEです。

今年から武道館と城ホールが違う趣になるっぽいですが、まぁ蓋を開けるまで判りませんなぁ。
で、コレは「通常営業」の秋ツアー。

ソロツアーでは相当歌声のヨレっていた高見沢(そういや感想書き忘れてた)も元気に歌っておりました。

なんかお座りタイムが長いなぁ。
春の方が好きなラインアップだったなぁ。
仮にアリーナ公演を一年の総集編的な内容にするつもりなら、春要素の方を大めにして欲しいな。

ただ、個人的ライブで聴きたい曲第一位の曲があったので満足です。
続きを読む

『黄金龍王』高見沢俊彦

黄金龍王(Aタイプ)黄金龍王(Bタイプ)黄金龍王(Cタイプ)
今年もやって来ました、高見沢ソロの季節が。
ジャケットが1つとして格好良くないのはご愛嬌。
チープな龍はネタとして面白い。
フィリックスもイイ笑顔じゃないか。
だからもう1つを格好良く作ってくれれば何の文句も無いのに・・・。

・「黄金龍王」
例によってハードな音、面倒な構成、ビミョーな音程の三拍子。
面倒な作りのイントロは慣れるととってもイイ感じ。
サビへの盛り上げ方とか相変わらず上手いし、そんなにがならず歌ってるし結構安定してます。
ただ(だからこそ)、Aメロの歌唱はもうちょい何とかならんかったか?

サビ前のピロリロ鳴ってるキーボードがイイ。
間奏明けのサビの「天高く〜♪」の件のコーラスの付け方は好き。
長〜い間奏の殆どが手癖で弾いてる感じの速弾きなのは少々残念。

Aメロが些かアレであるくらいで、全体的に見ればとても好ましい曲。

・「You in Eden」
「エデンの君」の英語版。
Aメロにコーラスが付いてるのは面白いけど、もう少しちゃんと歌って欲しいというか何というか。
そんなにがならんでも良かろうて。
ってか、個人的にサビの入り(「星空の〜♪」)のところが一番の聴き所だと思っているので、そこでダミ声されちゃうとなぁ・・・。

・「Felix the Rock」
曲調は好きなタイプ。
この手のを本家に還元してくれるととても嬉しい。
本家で桜井ボーカルで演ってくれりゃ良かったのに。
サビの既聴感にモヤモヤする。
がならないでもちゃんと歌えるじゃないのよ。

・「Thanks for Your Love〜PartII」
イントロ長ぇ。
超長ぇ。
インスト曲かと思うくらい長い。
可もなく不可もないバラード。
今年のソロライブのオーラス曲の予感。

『NEO UNIVERSE 2011 I Love You』 at NHKホール初日

DSCF1049
「AUVE」から「NEO UNIVERSE」に。
新しい10年の幕が開いたワケですねぇ。

で、そのせいかどうかは知らないけれど、選曲が非常に新しめ。
後半の盛り上がりは素晴らしい。
コント無し。
でも時間は例年通り。

最後の曲はサプライズ。

曲目と簡単な感想は以下に。
続きを読む

『Let It Go』THE ALFEE

Let It Go(A)Let It Go(B)Let It Go(C)
久々のニューシングル。
2011年大阪国際女子マラソンのイメージソング。

今年は去年の感じを踏襲。
アップテンポでスイッチボーカルで、サビが桜井。

アコギ弾きまくりの前奏・間奏・後奏と、サビの猛烈な美声が印象的。
高見沢パートがソロアルバムで耳に馴染んだフレーズに似ているのは気のせいですか?
近年の曲と比べるとコーラスワークは地味路線。

アコギソロ押しな分、エレキソロが控えめ。
たまにはこんなバランスもイイんでないかと。
ってか、アコギが格好イイ曲がもっと増えてくれるとイイなぁ。

アコギとエレキの絡まりっぷりが凄くイイ感じ。
ラストもバシッとカットアウト。
メロディーもアレンジも非常に好きなタイプです、はい。

・「冒険者たち」
終盤のサビの繰り返しが、ひたすらバスをドコドコ鳴らしてばっかりのアレンジでメリハリが無いなぁ。
英語ver.は昔のよりも聴き取り易い英訳になってます。

・「WEEKEND SHUFFLE」
キーが下がった。
この曲をこのアレンジでってのはどうなんだろ?

・「二人のSEASON」
イントロのリフさえあのままなら、あとはどうイジってもらっても構わない曲。
僕の嫌いな「パンパパン」を排除する感じのリズムがイイ感じ。

『AUBE2010 新世界 Neo UniverseII』 at 武道館初日

そういえば、今年は1枚もシングル出さないで終わっちゃったね。

やっぱりお座りコーナーが長いなぁ・・・。

余興でヤマト聴けた。
出来ればちゃんとフルで一度聴きたい。

もう2回目なので大した感想は書けませんが、一応ネタバレしつつの感想は以下。
続きを読む

『AUBE2010 新世界 Neo UniverseII』 at 東京国際フォーラム

国際フォーラム初の2階席。
まぁ揺れる揺れる。

全体的に大人しい選曲だった気が。
クリスマス武道館みたいな。

マーティ・フリードマンが来てた。

ネタバレありの感想は以下で。
続きを読む

『青空を信じているか?』高見沢俊彦

青空を信じているか? (A)青空を信じているか? (B)青空を信じているか? (C)
ソロシングル。
ジャケットはサングラスしたアップがベストじゃね?
ちなみに作詞は秋元康。

NHKのドラマのタイアップ曲。
そのドラマで流れたのを聴いたときは正直いまいちだと思ったワケで。
でもどうやらそれはドラマ用のアレンジだそうでして、原曲(?)のアレンジは結構好み。
まぁソロ活動なんだから、アルバム路線を踏襲して欲しかった気もするけどね。

このアレンジと歌詞にしては、間奏がえらく大仰な感じ。
もっとシンプルな感じでもイイのでは?

秋元康の歌詞は正直大したコトない。

『Legend of Fantasia2010 Fantasia』東京国際フォーラム初日

行ってきました国際フォーラム。
前から10列目で見られるとは、今年の運は使い果たしたかな。

音が大きいのは素晴らしい。
演奏者が良く動き、良く煽る。

4年目にしてようやく一日の中で同じ曲を演奏しないライブに。

以下、曲目と簡単な感想。続きを読む

『Fantasia』高見沢俊彦

Fantasia
高見沢の3年ぶりのソロアルバム。
前作は色んな人に作詞をしてもらった色んな曲の詰まったアルバムだったけど、今回はメタル一本に絞った感じ。
前作よりも歌詞の外注率が減ったってのもあるけど、つんくも綾小路翔も高見沢に寄せた感じの作詞をしてるから、詞・曲ともバラエティに富んではいない。
だからアルバム一枚丸々好きか、丸々苦手か、スパッと別れそうな気がする。

個人的には大好物。
歌がもう少し上手けりゃホント文句の付け所が無いわ。

歌詞カードにいちいちギターソロを誰がどんな順番で弾いているのかが載っている親切設計。

・「エデンの君」
作詞は綾小路翔だけど、別に高見沢でも書けそうなタイプの詞。
ギターソロでマーティ・フリードマンが参加。イイ感じ。
わかりやすく格好イイ始まり方のイントロだと油断していると、初回は何が起こっているのか解らないうちに歌が始まる。
コレでPV作れば良かったのに。
1コーラス目のサビの「つい〜おくの♪」の「い〜」のところがゾクゾクくる。

・「仮面の魔法」
プログラミングが朝倉大介。
初めて聴いたときはいまいちピンと来なかったけど、聴けば聴くほど味が出る。
「Dress Parade♪」の件とか堪らん。
高見沢と朝倉大介のコンビは面白い。

・「Fabtasia 蒼穹の彼方」
ギターソロで松本孝弘が参加しているコトよりも、ドラムが長谷川浩二だってコトがグッとくる一曲。
ドラムが前にガンガン出てくる感じが堪りません。
曲は他と比べると結構シンプルな作り。
歌詞は「Neo Universe PARTI」的な、格好イイ言葉を並べただけの中身空っぽソング。
まぁメタルの歌詞なんてそんなもんですわ。

・「夜桜お七」
ライブならコレでイイけど、CDではもうちょっとちゃんと歌おうよ。

・「HEY! JOE!」
みうらじゅんの平城京の歌。
コミックソングかと思わせておいて、意外と深い歌詞だったり。
イントロ明けのサビのアレンジが面白い。

・「月姫」
シングルのまま。

・「Snake&Maruguerite」
リリー・フランキー作詞。
「夜桜お七」とコレが、アルバム内で聴く頻度の低いツートップとなってます。
前者は間違いなく歌唱力だと思うんだけど、こっちは何かねぇ?

・「VAMPIRE 誘惑のBlood(Album Mix)」
イントロの前にSEが加わった程度じゃない?
アルフィーなり高見沢なりの「アルバムミックス」は、アハ体験的なビミョーな変化ばっかりだなぁ・・・。

・「Blood of Eternal」
愛を惜しみなく奪いそして与えてくれそうなバラード。
なんかこのアルバムっぽくない一曲。
岸利至が参加してるのにアレンジも普通。
歌は丁寧。

・「クレオパトラの涙」
アレンジがイイ感じ。
展開しまくりのイントロからメイン(?)のイントロへの流れとか素晴らしい。
サビも気持ちイイ。

・「One Way Love」
シングル時のまま。
入れる必要あるのかい?

『THE ALFEE in MUSIC FAIR』

THE ALFEE in MUSIC FAIR [DVD]
「MUSIC FAIR」におけるアルフィーの25年分の歴史を詰め込んだ感じ。
トークなんかは無しで、歌パートだけ。

この収録時間でこの値段ならまぁ悪くはないけれど、収録内容がビミョー。
「Promised Love」と「希望の鐘が鳴る朝に」が何度も収録されてまして。
口パクは一回で十分だよ。

他の歌手とのセッションとか、他の歌手のカバーとかは僅少。
コレを除いたらミュージックフェアの意義が随分と薄れる気が。
上記2曲をどうにかすれば、もっとイイ内容になったと思うけどねぇ・・・。

無編集でイイんだから、容量の許す限り収録してくれりゃ良かったのに、変なところで手を抜くなよ。

ラストの「この愛を捧げて」は超額縁放送に。
4:3のTVで観る人はコレでイイかもだけど、低い方に合わせるのは如何なものかと。

『AUBE2010 新世界 Neo Universe』 at NHKホール2日目

久々の感想文。
去年はマルッとサボったワケですが、一応春も夏イベも高見沢ソロも秋も参加はしちょりました。

閑話休題。

ニューアルバムを引っ提げてのツアーってのはイイやねぇ。
どんな感じで演奏されるのか、どのタイミングでどんな順番で演るのかとか、もう色々想像は膨らみます。

今回は一階席の前の方。
めちゃくちゃ久しぶりな気が。
ここ数年、NHKといえば3階が定位置でしたからねぇ・・・。
逆に前方の下手過ぎて、ドラマーの姿は微塵も見えず。

が、客席に長谷川浩二が来てまして。
ある意味ではドラマーもよく見えました。
相変わらず格好イイ。

研ナオコも来ており、開演前から温まりまくりの客席でした。

今回はベースの人が一生懸命弾いてる曲が多め。
歌に楽器に頑張るねぇ。

以下ネタバレあり。

続きを読む

『新世界 -Neo Univeres-』THE ALFEE

新世界-Neo Universe- (初回限定盤)(DVD付)
3年ぶりのオリジナルアルバム。
待たされたねぇ。
せっかくの35周年を逃しちゃうんだもんねぇ。

でも今回はアルバムとして凄く良く出来ていると思う。
シングルが4曲も入っているけど、流れの中で浮いてないもん。
アルバム曲も丁寧に作られてる感じ。

ちゃんとカットアウトで終わる曲が多いのも嬉しい。
高見沢のいつギターソロのままフェードアウトしていくってのが最近のお決まりだったから新鮮。

クレジットを読んでいて驚いた。
高見沢の担当が
「voice,E.Guitars,A.Guitars,E.Bass&Programming」
だった。
まさか高見沢がベースを弾く時代が来るとはねぇ。
まさに「新世界」
次のシングルではカップリングで坂崎にエレキを弾かせて欲しいものです。

・「Neo Universe PARTI」
一曲目が高見沢ボーカルじゃないのが新鮮だわ。
頭の3曲で3人それぞれのメインボーカルを網羅って流れじゃないのも。
桜井がメインで高見沢と坂崎で挟むっていう王道な作り。

・「LAST OF EDEN ~Neo Universe PARTII」
高見沢ボーカル。
ソロが還元されまくりの曲。
変拍子全開でライブではリズム隊大変だろうなぁ・・・。

・「新世界を越えて ~Neo Universe PARTIII」
A→B→Cで1コーラスを構成するっていう王道を完全に無視。
面白い構成だと思う。
一曲で判断するとビミョーな感じもしなくはないけど、「PART?」だし。
3曲1セットとすればコレはコレで必要な大人しさかと。
前作で多用していた「アー、アー」コーラスが久々に登場。
前作があったからこそ生まれた感じ。

・「Zipangu」
一番の掘り出し物かもしれない。
タイトルを見たときは高見沢のメタルかと思ったけどね。
坂崎版「I Love You」って感じのメッセージソング。
メロディーも詩もアレンジもどれもイイ感じ。

・「この愛を捧げて」
シングルのまま。
でもこの位置にあると流れとして綺麗。
前半戦の締め的な。

・「GET YOUR CHANCE」
今年のマラソング。
それぞれが高めのキーで歌うスイッチボーカル。
桜井に関しちゃ「高め」どころか限界。
ライブで歌えるのか?
でもここまでギリギリでシャウトしてる桜井は久々で嬉しい。

・「初恋の嵐 ~Love Hurricane」
ビートボーイズっぽい。
アルバム曲じゃないと出来ない歌詞。
「ヒュールールール♪」は許容範囲内だったけど、「ビュン、ビュン、ビュ〜ン♪」かぁ・・・。
CDでじっくり聴くんじゃなくて、完全にライブ向きの曲だと思う。
サビに入る直前が好き。

・「風の詩 (Acoustic Version)」
キー下げてます。
昨年末に武道館で聴いたときは酷い出来だったから、ちゃんとしたのを聴くのは初。
丁度イイ箸休めに。

・「リバプールから遠く離れて」
「Crazy Boy & Lazy Girl」みたいな曲。
このアルバムの坂崎ボーカル曲は、極力桜井色を消そうとしている印象。

・「夜明けを求めて(Album Mix)」
ラストがバシッと終わるようになったのが何より嬉しい。
ドラマで聴いたときには変にスローなアレンジで凄まじい駄曲だと思ったけど、シングル買ったら全然違う曲になってて驚いた。
ムチャなイントロとか、マイナーからメジャーへの展開とか結構好きな曲です。

・「桜の実の熟する時(Album Mix)」
コレまた最後がフェードアウトしない仕様に。
まぁ最後にちょこっとだけ手が加わっただけで、あとはシングルのまま。
「この愛を捧げて」をラストに持ってくるかと思ったけど、通して聴くとこっちの方が流れがスムーズ。
でもたまにはアルバムのラスト曲を既存以外にして欲しいなぁとも思ったり、思わなかったり。

『Vampire~誘惑のBlood~/ヤッターマンの歌』高見沢俊彦

Vampire~誘惑のBlood~/ヤッターマンの歌(Aタイプ)Vampire~誘惑のBlood~/ヤッターマンの歌(Bタイプ)Vampire~誘惑のBlood~/ヤッターマンの歌(Cタイプ)
高見沢のソロ。
5曲全てがメタルアレンジっつう素敵仕様。

「Vampire〜」はゲーム「勇者30」のOPテーマをリアレンジして歌詞を付けてます。
原曲(?)を聴いたときは如何にも高見沢らしい曲だとは思ったものの、歌詞を乗せて歌にするのは大変だろうなぁと。
実際面倒っちい構成ではあるけれど、凝ったアレンジで面白い。

「ヤッターマン」はまぁボチボチ。
そもそも単純なメロディーで人気の作曲家の曲だしねぇ。
アレンジにも限界があるワケで。
3コーラスもあるのにアレンジがずっと同じなのは寂しい。
間奏も寂しい。
良く言えば「アニメのOPに最適なインパクト抜群の曲」
悪く言えば「1コーラスで十分な曲」

アルフィーではライブ音源をカップリングに持ってくるっつう手抜き仕様だけど、今回は全てスタジオ録音。
どれも良く出来てます。

この曲が発売したあたりから私生活において滅茶苦茶モヤモヤしてまして、僕。
全曲メタルなのに、聴くと非常に切ない気持ちなります(笑)

『桜の実の熟する時/風の詩』THE ALFEE

桜の実の熟する時/風の詩(A)桜の実の熟する時/風の詩(B)桜の実の熟する時/風の詩(C)
35周年の一発目のシングル。
毎年「○○年 第一弾シングル」とか銘打つものの、結局その一枚しか出さないってのが定番だったワケで。
コレが発表された当時もそうだろうなと思っていたのに、今年は第3弾まで出すんだもんね。
35周年は気合入ってるなぁ。

んで、両A面シングル。
「桜の〜」が高見沢ボーカル。
「風の詩」が桜井ボーカル。

「桜の〜」はバラード。
わりと今までに無かった感じの曲調でイイ感じ。
最初は苦手だったAメロも、噛めば噛む程何とやら。
サビの盛り上がりが素敵。

「風の詩」はアコギメインのシンプルな暑苦しさというか何というか。
「天河の舟」の桜井版みたいな。
ゴテゴテしてない熱い曲ってのも良いものです。
タイアップを知らない人にはラストの「Warlord」って歌詞は「何のこっちゃいな?」ってなるかもよ。
個人的には唯一の惜しい点。

カップリングは武道館のライブ音源。
どうせDVDで出すものをこういう形でってのはなぁ・・・。

『AUBE2008 RENAISSANCE』 at 武道館千秋楽

初日と比べると曲目は通常営業風に。
イベント感はあるけれど、そういうのを無視すれば、個人的には初日の方が面白い曲目だと思う。

初日よりは花道を活用。
テレビの力か?

以下、曲目とあっさりした感想。
続きを読む

『AUBE2008 RENAISSANCE』 at 武道館初日

2階真ん中あたり。
空調が凄まじく、髪が風になびきっぱなし。
じっと座っていると若干肌寒い席でした。

結構な数の曲を入れ替えてきて非常にイイ感じ。
でも固定部分はもうそろそろ書くコトが無いワケで。

以下曲目とテキトーな感想。
続きを読む

『AUBE2008 RENAISSANCE』 at 市川市文化会館

なんと2列目。
いやぁ〜、人生捨てたモンじゃないね。
舞台が近い近い。
メンバーも近い近い。

その代わり音響面はまぁ仕方ないワケで。
スピーカーも近い近い。
MCなんかは山彦が聞こえるし。
でもコレだけ近けりゃ文句は無いっての。
年内の運はもう使い果たしちゃったんだろうなぁ・・・。

以下曲目と至極簡単な感想。
続きを読む

『AUBE2008 RENAISSANCE』 at 府中の森芸術劇場どり〜むホール

やっぱり遠いなぁ。
都内であるコトを忘れさせてくれます。
同じ路線でも電車の行き先によっては着かないし、準特急は止まらないし。
まぁ東府中駅が近所っていう人もいるんだから、文句を言っても仕方無いわな。
我が家の立地が東府中と相性が悪いだけです、はい。

さて、秋のMy初日。
席は一階後方、照明さん(?)のご近所。
舞台は遠いけど、音は非常に良かった。

ソロの影響か、高見沢がやたらとガシガシ(?)とギターを弾くようになってた。
まぁそんな中、以下曲目と、極々簡単な感想。
続きを読む

『Kaleidoscope 〜鋼鉄天使の凱旋〜』 at パシフィコ横浜2日目

23区内からみなと横浜の先まで乗換え一回で行けるようになったんだねぇ。
まぁ乗換えは一回だけでも、電車に乗ってる時間は結構あるから別に近いワケじゃないのよね。

去年の有明コロシアムと比べると随分とこぢんまりとした会場で、思っていたよりも舞台が近かったねぇ。
下から見上げる限り、2階はまだしも3階は舞台が見えるのだろうかと余計なお世話を焼いてみたり。

会場の音響が悪いのか、マイクが悪いのか、高見沢が悪いのか、僕の耳が悪いのか、聞き取りずらいところがチラホラと。
MCで何を言っているのか解らない瞬間があったり、何て歌っているか全く聞き取れない歌があったり。

とはいえ、音の大きな、ハードな曲の多い、イイ感じのライブだったと思います。
随分ザックリした感想だけど、まぁ一曲毎の感想でもない限りはまぁこんなもんよ。

んじゃ、以下曖昧な記憶に基づく曲目とか感想とか。

続きを読む

『月姫』高見沢俊彦

月姫月姫月姫
マキシシングルなのに歌詞カードがほんのり豪華。
無駄に6ページもあって、アルバムみたいに楽器演奏者からエンジニアまで事細かく載ってます。

メタルですよメタル。
ギュインギュインいうギターとドコドコドラムが堪りませんよ。
日本ではこの手の音楽をやってる人をとんと見なくなりましたねぇ。
最近の邦楽がヌルイとお思いの方は是非。

外国のメタルバンドみたいなミョーなおどろおどろしさも無いので、「悪魔」とか「地獄」とかが苦手な人も安心です、はい。
ANCHANGのマジとバカの境界線上の歌詞がイイ味だしてます。

『AUBE2008 RENAISSANCE』 at 市川市文化会館

久々に雨の心配のない市川でした。

列は1階の真ん中くらい。
行は高見沢のま正面くらい。
NHKの3階と比べると凄まじい進歩です。

まさか1曲目からハプニングがあるとは・・・。

以下ネタバレありの、極々簡単な感想。
続きを読む

『AUBE2008 RENAISSANCE』 at NHKホール初日

やたらと寒かったMy初日。
ここまでネタバレから目を逸らし続けてきた甲斐がありました。
やっぱり初日は新鮮でイイねぇ。

3階の上手。
遠いっちゃあ遠いけど、別に見えないワケでもないし。

サポートメンバーにもコーラスをさせるコトでかなり厚みが出ました。
お馴染みの曲も新鮮な感じになったり。
しかしキーボードはまだしも、ドラム叩きながらコーラスまでやらされるってのは大変だねぇ。

以下曲順とかネタバレありな感想とか。
続きを読む

『AUBE 2006 ONE Live at BUDOKAN Dec.24』

AUBE 2006 ONE Live at BUDOKAN Dec.24
桜井の声の調子が異様にイイので実に喜ばしい。
伸びるし響くし艶々だし。
桜井ボーカルの曲のデキがホント素晴らしい。

が、何故か収録時間が2時間弱。
だからカットの嵐。

そもそも同発のDVDはどれも2時間超なのに、なんでコレだけこんなに短時間なんだ?
最長のDVDと比べると30分近く短いぞ。
30分あればどれだけの曲が入ると思ってるんだよ?

1つのライブDVDとして見るとかなりの完成度。
同発の4枚の中でコレが一番お気に入り。
でもライブ当日との落差はかなり激しい。
惜しいねぇ・・・。続きを読む

『AUBE 2005 STARTING OVER Live at BUDOKAN Dec.24』

AUBE 2005 STARTING OVER Live at BUDOKAN Dec.24
この年の秋ツアーは既に大宮での2000本記念ライブが映像化されてるのよね。
だから曲は結構被ってます。
だからこそ後半のメドレーが殆ど全とっかえになってるのは嬉しいところ。

長谷川浩二がドラムを叩いてる最後のDVD。
彼の歌声が聴けるのは初じゃなかろか?

ドラムは長谷川浩二とそうる透のツインドラム。
翌年の吉田太郎とそうる透のツインドラムと聴き比べるのもまた楽し。

例によって細かい感想なんかは以下で。
続きを読む

『30th anniversary 2004 Travelin' band Live at BUDOKAN Dec.24』

30th anniversary 2004 Travelin’ band Live at BUDOKAN Dec.24
収録曲のラインアップといい、フルコーラスで収録される率の高さといい、全体的に高見沢が非常に優遇されてる感じの1枚。
まぁ今回発売された4枚はどれも高見沢優遇気味というか、そもそも元のライブがいつもわりと高見沢贔屓な感じだしねぇ。

高見沢ファンは毎回大満足だろうけど、桜井派&坂崎派は「もう少しどうにか・・・」と思ったりするんじゃないの?
少なくとも僕は思うけどなぁ。
いや、基本的には毎回大満足ではあるワケですが。

曲目やら感想やらは続きで。
続きを読む

『AUBE 2003 GOING MY WAY Live at BUDOKAN Dec.24』

AUBE 2003 GOING MY WAY Live at BUDOKAN Dec.24
大量に編集されてるけど、30曲近く演ってるライブをDVD1枚に纏めようってんだから仕方無いコトです。
さっさとブルーレイに移行すればイイのに。

キーボードはツイン体制。

アルバム「Going My Way」発売の年だから、当然このアルバムから多数演ってます。
そのせいか歌詞忘れがいつもより多め。
でも桜井は完璧。

5年前だからみんな若い。
特に髪が若い。

曲目とか細かい感想は以下で。
続きを読む

『Lifetime Love』THE ALFEE

Lifetime Love(A)Lifetime Love(B)Lifetime Love(C)
1年ぶりの新曲は非常にイイ感じ。
結成35周年の節目に相応しい手抜きの無い出来です。
ここ数年で最高の出来かもしれません。
聴く前にはタイトルとかタイアップから温めのバラードだと思っていたのに、見事に裏切ってゴリッとした曲に仕上げてくれたのはホントに喜ばしい。
1000円で3曲入ってるんだからお得です。
カラオケも入れりゃ4曲だから尚お得。

・「Lifetime Love」
桜井ボーカルが抜群。艶と力強さを兼ね備えた歌声です。
アコギとエレキが上手い具合に同居してます。
ギターソロもアーミングがなくて新鮮。
リフも今までに無い感じで好印象。
「Lifetime Love」って単語がめちゃくちゃ格好良くメロディーに乗ってます。
ライブで演ると後奏が長くなりそうだねぇ・・・。

・「Wonderful Days」
スイッチボーカルなのは結構なんだけど、この曲の高見沢はちょっとなぁ・・・。
全編桜井&坂崎のツインだったらイイ感じになったろうに。

ボーナストラックのライブ音源はどれも非常にクオリティが高い。
三者三様なボーカルが素敵。
スタジオ録音では歌唱力が不安定な高見沢も、ライブでは心にグッとくる歌声を披露してます。

『AUBE2007 天河の舟』 at 武道館千秋楽

今年の秋ツアーは曲目が固定気味だったけど、やっぱり武道館だとガラッと変えてきましたね。

まさかこの期に及んでビートボーイズの新曲が発表されるとは思わなかったよ。
エピキュリアンも聴きたかったけど、ビートボーイズの新曲なんてCDに収録される保障もないしね。
イイ感じのサプライズでした。

最近思うんだけど、武道館ライブは撮影のために舞台とか花道と客席が結構離れてるじゃん?クレーンが邪魔だったりもするし。
今まではDVDが発売されてたから、「コレもDVDのためには仕方が無いよねぇ」と思ってきたんだけど、ここ数年はDVDが発売されないワケで。
こちとら地上波しか観られないからさぁ、DVDが出ないんなら迷惑なだけなのよねぇ・・・。

以下セットリストとネタバレ込みの至極簡単な感想。
続きを読む
かうんたぁ
リンク集〜覗いてみよう〜
コメントありがとう
記事検索
目次