時間の無駄と言わないで

あれよあれよで10年目 古い記事でもコメント・TBお気軽に

読書

『有頂天家族 二代目の帰朝』森見登美彦

シリーズ2作目。

新キャラが増えただけで基本的には前作と同じ感じ。

部分部分は面白いんだけど、一本の長編としては少し長過ぎやしないかと。
あれやこれやと詰め込み過ぎて起承転結が散漫になってる気がする。
まぁその冗長さも肝なシリーズっちゃあそれまでだけど。

3部作らしいけど、今作で色々決着しちゃったから次作も冗長な作りにするしかないように思えて不安。
キレの良い一作を期待してます。

『双孔堂の殺人 〜Double Torus〜』周木律

双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫)
「堂シリーズ」2作目。
とはいえ、いきなり登場した新キャラが主人公。
前作の探偵役は容疑者として登場しあまり出番がない。
2作目で変化球。

が、本編はやっぱり今作も森博嗣に館シリーズを書かせたような感じになっちゃってます。
ついでに真賀田四季的ポジションのキャラ&シリーズ展開を始めるようで。
「フォロワー」を通り越して「まんま」じゃん。

でも森博嗣と綾辻行人を足して3で割った感じは相変わらず。
そろそろ何か独自性があるとイイかなと。
「まんま」だからそれなりに面白いし、最近こういうミステリー書く人少ないから頑張って欲しいものです。

数学トークは何言ってるのかサッパリ解らん。
読み飛ばしても大丈夫だったからイイものの。
ただ、読者の理解できない分野の話を延々とさせる以外の方法で天才らしさを描写して欲しいなぁ。

『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』サンキュータツオ

学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方 (角川文庫)
色んな辞書を紹介してくれる本。
国語辞典を買う際の参考にはなるけれど、読書体験として面白いかというとモヤモヤする。
あくまでもハウツー本的な感じで、「新解さんの謎」的な面白味にはちと欠ける。

辞書の成り立ちや意義について語る1章と、各辞書の個性を紹介する2章とで出来ているけど、2つの章で被る内容が多いのも残念。
解っていて敢えて重複して書いているみたいだけど、解っているのなら避けて欲しいなぁとお金を出して買った身としては思う。
被っていない他のコト書いてよ。

2章は思っていた感じじゃなかったけど、むしろ1章が意外に面白かった。
でもこの本は「遊び方」を教えてくれるんじゃなかったのだろうか・・・。

『死神の浮力』伊坂幸太郎

死神の浮力 (文春文庫)
「死神の精度」の続編。
まぁお話が続いてるワケでもないのですが。
前作は短編集だったけど今回は長編。

前回の方が切れ味もテンポも良かったなぁ。
長編向きじゃないのかも。

要所要所でクスっとくるこのシリーズらしい会話があっても、すぐにテンション下がるエピソードが挿しこまれちゃうし。
死神の調査期間の一週間の話ってのはシリーズフォーマットを踏襲してるけど、「死神VSサイコパス」の構図がそれと噛み合わない感じで。
決着は最後まで着かないワケだから、日々の話で全然テンションが上がらない。
「追い詰めたぞ!」→「やっぱりダメでした・・・」の繰り返しになっちゃって話もあまり進まない。

こっちを先に読んだあとに「〜精度」を読んでたらどっちも楽しく読めただろうけど、先に「〜精度」を読んでからだとだいぶ落ちるなぁという印象。
むしろ死神シリーズにする必要なかったんでない?

『眼球堂の殺人 〜The Book〜』周木律

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)
メフィスト賞受賞作。
出来た頃のメフィスト賞っぽいというか何というか。
要は当時の森博嗣っぽい。

登場人物一覧があって、クローズドサークルで、その見取り図があって、読者への挑戦もあって、ストレートに新本格。
今時珍しいくらいの直球勝負。

頁数の割にはサクサク読める。
天才を集めてる割には衒学趣味が薄めなのは良し悪しか。
ただ、知識云々はともかく、誰も天才に見えないのは残念。

「The Book」とか、今後どうにもならなそうな設定を入れてくる辺りもメフィスト感を感じたり。

面白いは面白い。
でも、随所で感じる「○○(森博嗣とか、綾辻行人とかetc.)っぽい」要素が、どれも本家には及ばず、でも独自性が余りなくてどこまでも「っぽい」だけで構成されてるのはデビュー作だからですかねぇ?

シリーズがどんどん文庫落ちするみたいだけど、以後独自の個性が発揮されていくならもっと面白くなるはず。

『はなとゆめ』冲方丁

はなとゆめ (角川文庫)
うーん、ちょっとイマイチ。
「枕草子」をちゃんと読んでおくと面白かったのかもしれないけど、そうじゃないとダラダラと冗長な作品。

この時代、道長サイドの話は歴史で勉強するけど、こっちサイドは名前を知っている程度。
基本的には知らない人と知らないイベントのオンパレード。
で、完全なフィクションに臨む気持ちで読むと小説としてあまり面白くない。

「光圀伝」も似た感じだけど、オールスターが登場しつつ有名イベントもありつつ熱いドラマもあるからまだ楽しめた。
本作はそれがまるっと欠けているからさもありなん。

350頁なのに、ちょっと長いなぁと思っちゃう。

最後の解説が一番面白かったかも。
となると、やっぱり「枕草子」は必読だったのか・・・。

『ホテルモーリスの危険なおもてなし』森晶麿

ホテルモーリスの危険なおもてなし (講談社文庫)
連作短編集。
基本的にはコメディ。
本筋は人情話なんだろうけど、短編だからか作者の技量からなのか、「ふーん」っていう程度。
泣ける短編ではない。

おしゃれコメディ。
作劇がいちいちおしゃれ感を醸し出していて、コレが良いと思うか鼻につくなと思うかが評価の分かれ目かと。

泣けもせず、笑えもせず、緻密なトリックも無いし、魅力的な話の本筋があるわけでもない。
でも、なんか「おしゃれ感」がイイ感じ。

ボーナストラックは他のシリーズを読んでなきゃ大して面白くない楽屋落ちネタ。
こっちはそのおしゃれ感が鼻につく感じ。

おしゃれ感で勝負する小説は加減が難しいね。

『ガソリン生活』伊坂幸太郎

ガソリン生活 (朝日文庫)
自家用車目線の話。
大昔に読んだ宮部みゆきの「長い長い殺人」を思い出した。
まぁ「モノ視点」っていう設定だけですが・・・。

500頁もあるけど、扱っている事件の内容は結構コンパクト。
でも面白い。
自動車同士のやりとりとか、主人公家族のやりとりとがとても良い。
「砂漠」っぽい感じ。

だいぶサラッとあっさり目に描かれているけど、嫌な奴の描き方が本当に上手くてとても嫌な気持ちになる。
だからこそ、ちゃんとコトが解決した時のスッキリ感が堪らないワケで。

終り方もとても美しい。

『美少年探偵団 きみだけに光りかがやく暗黒星』西尾維新

美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 (講談社タイガ)
「CLAMP学園探偵団」みたいな感じ。
西尾維新らしさはだいぶ薄め。
読みやすくはなっているけど、著者買いした身としては少し肩透かしを食う。

つまらなくはない。
まぁ、こんなもんでしょ。

『本能寺遊戯』高井忍

本能寺遊戯 (創元推理文庫)
歴史ミステリー。
女子高生の歴史談義の割には、資料を引用しまくりのかなり硬派な作り。
引用した結構長い文章がいわゆる古文であっても必ずしも現代語訳をしてくれるというワケでもなくて。

トンデモ感のないタイプだけど、それでも提示される真相は面白い。
けど、小説として面白くはない。
延々資料をこねくり回しているだけだから、ずっと地の文のままでも全然問題ないし、そもそも3人の女子高生が話を進めるための駒としての役割しかないような感じだし。

もう少し読みやすい文章にするなり、小説としての面白味を足すなりしてくれるとイイなぁ。
謎解きは面白いんだけど、お勉強の本を読んでいるようでして・・・。

『虚構推理』城平京

虚構推理 (講談社文庫)
この手の話で解決編が全く盛り上がらないっていうのは致命的では?
なんかテンポが良くない気がするワケで。

普通に事件が起きて、探偵役が登場して、捜査して悩んで解決っていうオーソドックスなミステリーじゃないけれど、作中のルールには従って話は進むし、そのルールもちゃんと説明される。
でもそのルール説明がクドイ。
定期的に同じような説明が挟まるのはページ数稼ぎか?

色んな推理をこねくりまわす終盤。
出てくる仮説がどれもそんなに魅力がない。
そしてこの仮説も同じコトを2度も3度も繰り返すテンポの悪さ。

登場人物も作者の都合のためだけに用意されたような薄っぺらい感じ。
九郎の特殊能力なんて作者が読者に対して推理の説得力を持たせるためだけに必要とされていて、作中だと別にあってもなくても話が進む能力に見える。

「本格ミステリ大賞受賞」と書かれた帯に負けました・・・。

『ぼくらの近代建築デラックス!』万城目学・門井慶喜

ぼくらの近代建築デラックス! (文春文庫)
作家2人が近代建築を見物してお喋りする本。
建物についてだけでなく、その時代の話、建築家の話、関係ない話と色々楽しい。
写真もいっぱい。

東京、横浜、京都、大阪、神戸、おまけで台湾の近代建築めぐり。
東京駅みたいな超メジャースポットから、灯台みたいな渋いところまで。
その建物を知ってても知らなくても本としてとても楽しいけれど、やっぱり取り上げられてる地域に住んでいる人が読むと面白さ倍増だとは思う。
ちょっとでも興味を持ったらサクッと見に行けるしね。

読み終わると外出時にコレに載っていなくても近代建築を見かけるとちょびっと興味が湧くようになります。

『ゼロからトースターを作ってみた結果』トーマス・トウェイツ

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)
200頁の本なのに800円もするのはカラーだから。
小説じゃないし。

大学の卒業制作でトースター作り。
金属は鉱山から掘り出して製錬して・・・、っていう本当にゼロから。
写真もたくさん載ってるし、文章も軽くて読みやすい。
紙でブログを読んでる感じ。

DIYモノ(?)としても紀行文としても楽しいし、現代経済の在り方へ一石を投じてもいる。

変に重たい内容で「今、地球環境が・・・」みたいな主張をされるより、こういう方がちょっと考えてみようかという気になる。

『残り全部バケーション』伊坂幸太郎

残り全部バケーション (集英社文庫)
連作短編集。
「らしい」っちゃあ「らしい」んだけど、なんかこうビミョーに物足りない。

読み進めていくと各編が繋がっているコトが判るんだけど、繋がったコトでのカタルシスが薄味。
各編それぞれは単独で十分面白いんだけど、繋がりが見え始めると期待しちゃうじゃない?
こういう「いかにも」な伊坂作品が久々だったし。

あと最初の話の設定が気に入ったのに、次の話からは全然別のストーリーになっちゃってちょっとガッカリしたり。
っていうか、表4のあらすじ読んだらあの家族メインだって思うじゃん・・・。

要するに何の事前情報も仕入れず、「伊坂幸太郎だから・・・」と過度な期待もせずに読めば軽く楽しめる良く出来た連作だと思います、ホント。

『河原町ルヴォワール』円居挽

河原町ルヴォワール (講談社文庫)
シリーズ4作目で最終作。
前作がギャンブル小説になっちゃってて何だかなぁと思っていたけれど、今回はとにかく裁判する1作目の形式に戻って何より。
やっぱりこの形式が一番しっくりくるし、最終作を飾るに相応しい。

突然メタっぽくなってどうしたのかと思いきや、きちんと説明を付けるのは素敵。
キャラ萌え要素も薄味で何より。
ひたすら裁判で理屈をこねまわしてます。

ドンデンも綺麗に返って良い最終巻だったかと。

『光圀伝』冲方丁

光圀伝 (上) (角川文庫)光圀伝 (下) (角川文庫)
読んで字の如く水戸光圀の話。
「天地明察」の渋川春海とか保科正之も出てくる。
まぁ「天地明察」にも光圀出て来てるしね。

「天地明察」は改暦が柱になってて熱いお仕事小説になってたけど、今回は「義」っていう感情移入しづらいモノが柱になってまして。
そこにどれだけ共感できるかってのが結構大きいんじゃないかと。
だからちょっとダルかったなぁ・・・。
熱い展開もちょいちょいあるんだけど、そこにいちいち「義」云々の件が水を差してくる。
話に入り込めるかどうかは「義」への共感度が全てかな。

日本中を人助け行脚しているお爺ちゃんじゃない姿が描かれているのは面白いし、歴史上の有名人もたくさん登場するからオールスター感も楽しい。
「天地明察」だと薄味感が気になったけど、冲方時代劇は薄味の方が面白いのかも知れないなぁ。

『天冥の標 VIII ジャイアント・アーク』小川一水

天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 (ハヤカワ文庫JA)天冥の標VIII  ジャイアント・アーク PART2 (ハヤカワ文庫JA)
「I」をイサリ側の視点でもう一度。
やっと戻ってきた。
今までのアレコレが収束していく感じがイイ。

下巻でちょっと話が先に進むけど、先の話ってコトはまた謎満載なワケで。
早く次が出て欲しい限りです、はい。

アクリラがとんでもないコトになってるけど、どうなっちゃうんでしょうねぇ?

『3652: 伊坂幸太郎エッセイ集』伊坂幸太郎

3652: 伊坂幸太郎エッセイ集 (新潮文庫)
何かで連載していたエッセイをまとめたのではなく、色んな媒体に寄稿したものを10年分大量に集めたもの+α。
そんな構成だから全体のまとまりは皆無だし、同じような内容のエッセイまである。
1つ1つはそこそこ読めるエッセイだけど、文庫本として一気に読むには不向きかと。

『天冥の標 VII 新世界ハーブC』小川一水

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)
「VI」の続編っつうか、その直後からスタート。
遂に「I」と地続きになってきた感じ。

メニーメニーシープの社会体制とか、役職名とか、色々繋がる巻。

「十五少年漂流記」というか「蠅の王」というか。
そういや「天涯の砦」なんてのもあったね。
アレと比べると猛烈に進歩してる。

『オジいサン』京極夏彦

オジいサン (中公文庫)
おじいさんの何てコトない日常のお話。
ホントなんてコトない。
しっかりとした起承転結もなく、日常の一部分を切り取っただけ。
でも何だか面白い。

基本的にはコメディだけど、ラストの締め方が美しい話もあるのは流石。

筋立てではなく、ストーリーテリングを楽しむ小説かと。
やたらに難しい漢字も衒学趣味も抑えていてとても読みやすいし。

『夜の国のクーパー』伊坂幸太郎

夜の国のクーパー (創元推理文庫)
昔話っぽいちょっと泥臭いファンタジー。

お話の言わんとしているところは解るし、小説の仕掛けもまぁ面白いと思う。
でも如何せん長い。
どちらもこのボリュームの長編を支えられるネタじゃないと思う。
細かいエピソードや会話も他の作品と比べると切れ味が悪い。

そういや他作品とのリンクが今回は何も無いっぽいね。

『虚像の道化師』東野圭吾

虚像の道化師 (文春文庫)
ガリレオ短編集。
初期っぽい感じというか、TVドラマ「TRICK」っぽい感じというか、そういう雰囲気が帰ってきたのはイイ感じ。
やっぱり超常現象を科学で解明して欲しいよね。

ただ、「実用化は確認されていません」みたいなトリックは、科学ミステリーとしてどうかと思うなぁ・・・。

『舟を編む』三浦しをん

舟を編む (光文社文庫)
辞書編纂のお話。
予想よりかなり軽い作り。
ライトノベル感に満ち溢れてます。
人物描写もストーリーもあと一歩、というか二歩も三歩も踏み込んで欲しかったなぁ。
凄い面白かっただけに惜しいところ。

軽い作りのわりに、業界用語(?)満載だし、その説明もないし。
普通の読者は全部理解して読んだのかねぇ?

辞書と関係はないけれど、こういう業界の一端に身を置く者としては結構グッとくるものがありまして。
描写の薄さとかは全てこちらで補完して読めちゃうから、こちら側の人間が読んだ方がやっぱり面白いかも。
仕事頑張ろうって、ちょびっとだけ思える。

『人類は衰退しました 7』

人類は衰退しました 7 (ガガガ文庫)
だいぶハードにSFしてる。
妖精は控えめ。
もっとガッツリ妖精を絡めないと、SFパロディに留まっちゃう気もする。

軽い話を軽く読ませるのも才能だよなと、最近イマイチな本が続いていたので改めて思った。

『未来探偵アドのネジれた事件簿 タイムパラドクスイリ』森川智喜

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫)
タイムスリップ+連作ミステリー。
結局どっちも中途半端に。

自由に時間移動出来る探偵が普通の事件に挑むんだから盛り上がるワケもなく。

タイムパラドックスも粗いの何の。
最後に無理やり各話との関連付けを行ったところで、その関連付けがなくても済んじゃうレベルだから残念なんてもんじゃない。

「ポップなカバー絵とポップな話で若者を取り込もう!」的な新潮文庫の新レーベル。
中身がコレじゃ若者も読んでくれないぞ。

『妄想女刑事』鳥飼否宇

妄想女刑事 (角川文庫)
連作短編ミステリー。
「ソロモンの偽証」の後に読んだコトもあってなかなか厳しい出来ですなぁ。

社会を斬らず、重いテーマもなく、凝ったトリックも構成も無い。
ホントに軽〜いあっさりライトミステリー。
しかしどうにも文章がモタつく。
相性の問題かねぇ?
軽い話を軽く読みやすく書くのもそれなりの技術が要るんだろうなぁ。

で、そこでの相性がいまいちだともう長所なんて見つけられないワケで。
バカミスするにはバカが足りず、本格するにはアンフェアで。
要するに面白くなかった。

『ソロモンの偽証』宮部みゆき

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)
ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)
1冊500頁×6巻。
約3,000頁と京極堂レベルの大長編。
「中学校で見つかった遺体は自殺か他殺か?」っていう謎の提示はあれど、基本的には生徒や教師の身の上話が延々と続く。
話は全然動かない。
でも頁を捲る手は止まらない。
先が気になって仕方ない。
大傑作ですわ。

意外性のある結末もちゃんと用意されているけど、もはやそんなコトはどうでも良くなる。
各人が事件に際して何を思い、どう動くかっていうのが面白過ぎて。
けっして「fun」でなくて「interesting」の方の「面白い」だけどね。
人間の悪意の渦巻き方とかホント堪りませんな。

大量の登場人物がみんな活き活きと描かれていて、群像劇としてハイレベルな仕上がりです。
「あ〜、こういうヤツいるよねぇ」っていう感じでいて、でも全然ステレオタイプには描かれてない絶妙なバランスなのよ。
現役中学生も嘗ての中学生も、色んな世代の登場人物の様々なところに共感できるはず。
そして読者の世代によって色々受け取り方も変わってくるはず。

話の中身もさるコトながら、リーダビリティーの高さが半端無い。
作中の事柄は遅々として進まないのにこの分量が全く苦にならないってのは流石。
そして終わってみれば、そりゃコレだけの分量が要るよなぁと思わされるお話なのも流石。

文庫化に際しての描き下ろし続編(?)が収録されてる。
中編くらい。
つまらないワケじゃ全然ないけど、骨太超大作の直後に挿れるのは適当なのかなぁ・・・。
描き下ろしが比較によって見劣りしちゃうし、本編の余韻も蔑にされてる気がする。

そういや映画化ですな。
劇場では映画版の予告編がバシバシ流れてるけど、結構大事なネタバレだと思うけどなぁ。
「えっ、そういう方向に展開してくの!?」ってい驚きを奪う予告になってない?
集客だってそりゃ重要だけど、なんかちょっと違くない?

『スノーホワイト』森川智喜

スノーホワイト (講談社文庫)
シリーズじゃないけど、前作「キャットフード」の登場人物も出てくる。
かなり濃いキャラ設定だから、前作から読んでおいた方が抵抗感なく受け入れられるんじゃないかと。

魔法の鏡とか小人とか、そういうファンタジーな世界の中でロジカルなミステリーが展開。
2部構成の前半は結構ダルい日常の謎ミステリーだけど、そこで丁寧に説明した世界設定を使っての後半の怒涛の流れは素敵。
前半は魔法の鏡の取扱説明書。
後半は応用編。
序盤の意外と普通な感じに耐えれば、後半は特殊設定ミステリーの醍醐味が味わえる。

『零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係』西尾維新

零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社文庫)
うん、まぁいつもの感じ。
読む順番が不味かったかなぁ?
4作が右肩下がりな流れになってしまった。

いつもの西尾維新。
そこそこ楽しくサクサク読める。
そして読んで数日で中身を思い出せなくなる。

『零崎人識の人間関係 零崎双識との関係』西尾維新

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社文庫)
能力バトル漫画を小説化した感じ。
もう「人間関係」は何処へやら。
そもそも双識は殆ど出て来ないし。

刺客が来ては倒し、来ては倒し。
それだけ。

そういうものだと判ってて読めばそれなりに面白いと思う。
双識の出番に期待するとかなり肩透かしを喰う。

『零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係』西尾維新

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社文庫)
「関係四部作」の1つ。
読んだ順番では2冊目。
4冊同時刊行されたから、一応講談社の分類番号(?)順に読んでみたんだけど、もしかして時系列的には一番最後なんじゃないのコレ?
一気に出る場合は時系列順に読みたかった気がしなくもない。

全シリーズ的にも最後の話なんじゃないのか?

バトル描写はほぼゼロ。
キャラクターの掛け合い重視。
最後の最後にちょっと熱い展開もあったけど、基本的にはキャラ萌え小説。
人識と伊織の関係もそこそこ描かれてるけど、全体的には「崩子と萌太との関係」って感じ。

サクッと読んで、サクッと楽しんで、サクッと忘れる。
そういうジャンルの本も大事です。

『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係』西尾維新

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社文庫)
「人間シリーズ」完結編であるところの「関係四部作」の一冊だそうで。
そもそも「人間シリーズ」だって「戯言シリーズ」と繋がってるワケだし、思い出せないキャラとか設定とかで溢れてます。
そもそも「人間シリーズ」の前作を読んだの2年前だし。

とはいえ、時系列的にはかなり序盤の話だからあんまりゴチャゴチャしてなくて読みやすい。
サクッと読める少年漫画的バトル小説。

人間関係の部分については哀しい話だねぇ。
出夢の心の動きとか凄い良かったぶん、余計に終盤のアレは哀しいものがある。

『法医昆虫学捜査官』川瀬七緒

法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)
昆虫の生態を事件捜査に活かすそうで。
外国ではそれなりに成果も出しているそうで。
そこは興味深い。

けど意外と活躍の場が少なくて、警察が地道に聴き込みとか捕物とかするパートばっかりだから新しいジャンルの警察小説って感じはあんまりしないのよね。

あとストーリーがどうにも面白くない。
その上やたらとダラダラ長い。
昆虫学者の出番の少なさとあいまって中々読書が捗らない。

犯人が突然動機とか手段とかをベラベラ喋り出したのは驚いた。
メインの事件の全容よりも驚いた。
「冥土の土産に教えてやろう」ってのは定番だけど、ここまで露骨に作者の都合で喋らされてるキャラは初めてだよ。

『彼女が追ってくる』石持浅海

彼女が追ってくる (祥伝社文庫)
シリーズ三作目。
かなりブラックなオチだけど、彼女こんな性格だったっけか?

倒叙ミステリー。
良く出来てる。
ちょっとダレるけど。

終盤のガシガシ謎を片付けていく感じはイイ。
やっぱり石持浅海にはクローズドサークルモノが良く似合う。

『三国志男』さくら剛

三国志男 (幻冬舎文庫)
中国旅行記。
それも三国志の舞台のみを巡るっつう物凄い偏った内容の旅行記。

いやいやコレは拾いモノ。
とても面白かった。

「世界を旅して自分の内面と向き合う」とか、「日本と比較するコトで現代社会の問題点をあぶり出す」とかそういう深いテーマはない。
感動も感銘もない。
ただただ笑って読まれるコトだけを目標に書かれているのがホント楽しい。
あ、三国志知識(のみ)は深まります。

著者の三国志愛とか、全身で中国を味わってる感とかがビンビンに伝わってくる素敵な旅行記。
残りの頁数が少なくなってくると何だか寂しささえ感じてましたわ。

写真もいっぱい載ってるから「VOW(今の若い子知ってるのかな?)」的な楽しさもある。

三国志知識がゼロの人が読んだら面白さ半減だろうけど、そこ抜きでもそこそこ面白んじゃない?

『ケシゴムは嘘を消せない』白河三兎

ケシゴムは嘘を消せない (講談社文庫)
いや〜上手いね。
やられましたわ。
そういう本だとは思ってなかったから余計にね。

分量の割にはもっさりしてるし、物語自体が凄い面白いかといえば正直それ程でもない。
でも、終わり良ければ全て良し。

離婚ほやほや男と透明人間女性との恋愛小説。
そこに関しての面白味はまぁボチボチといったところ。
ただ、ナメてかかったら最後に足元をすくわれた。

『今出川ルヴォワール』円居挽

今出川ルヴォワール (講談社文庫)
シリーズ3作目。
お馴染みの私的裁判が序盤にちょっとだけ出てくる程度の扱いに。
で、まさかのギャンブル小説になる。
つまらなくはないけど、こういうのが読みたかったんじゃないのよねぇ・・・。

「つまらなくない」というか、「このままじゃなくて何かドンデンが返るだろう?」と思って読み続ける感じ。
過去作の貯金で読む感じ。

ギャンブルパートがいまいち。
何で強いのか?
何が凄いのか?
その辺がよく解らないのよ。
どうせやるなら「マルドゥック・スクランブル」くらいのものを見せて欲しかった。

あと次作への繋ぎが満載なのがちょっと興醒め。
このペースだと次はもっと裁判が減るんじゃない?
あの裁判要素が薄すぎるとこのシリーズである必要がない気がするなぁ。

『マスカレード・ホテル』東野圭吾

マスカレード・ホテル (集英社文庫)
警察官とホテルのフロント係のペアって設定が面白い。
ミステリーとしてもそこそこイイ感じ。
前作でかなりガッカリしたってのも今作にはプラスに働いているかも。

だけど中盤で、「ホテルにはこんな変わったお客さんも来るのです」みたいなのが続くのがちょっとダレる。
そういう短編集じゃないんだから。
ただそこを読んでいると、ホテルが舞台の短編集の方がこの設定には向いてるような気がする。

もうちょっとホテルあるあるエピソードを削ってすっきりさせりゃコンパクトでイイとも思うけど、それなりに無駄な話の多いこの頁数でも飽きずにサクサク読ませる技量は流石だなぁと。
サクサク読めちゃうけど、それでもやっぱり「これだけ長く読ませておいて結局そんなトリックかよ・・・」ってオチでもあるけどね。

『ラバー・ソウル』井上夢人

ラバー・ソウル (講談社文庫)
編集者の売らんかな精神で損をしている作品。
帯に惹き文句がこちゃこちゃと書いてあるけど、それを読むと「ってコトはこういう感じの方向に持っていくんだろ?」と察しが付いちゃう。
で、察しが付いたら700頁弱はちょっとダルい。

ただ何だかんだ言ってもそこは井上夢人。
リーダビリティには富んでいるのでサクサク読めはする。
だからこそ足を引っ張る惹句が残念。

あと『「超」細密なサスペンス』とも書いてあったけど、そんなにかい?
このトリックならもう何でもありで、細密か否かみたいな話じゃない気がする。
騙された爽快感は薄めなのよね。

あんまりハードルを上げずにフラッとに読めばそれなりに面白いのではないかと。
でも文庫で1,000円越えだから費用対効果はビミョーかも。
切れ味悪いです。

『遠海事件 佐藤誠はなぜ首を切断したのか?』詠坂雄二

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)
小説の体裁とか、設定は面白いんだけど、なんか出オチ感が漂う。
大きな風呂敷だったけど、それに包まれてたモノは意外と小さかった。

そこそこ面白い。
最後まで飽きない。
でも読み終わったらあっという間に忘れちゃう。

『メルカトルかく語りき』麻耶雄嵩

メルカトルかく語りき (講談社文庫)
メルカトル鮎が主人公の短編集。
こうして改めて見ると「メルカトル鮎」が登場人物の名前ってのは凄いセンスだ。

一応推理小説。
「一応」どころかやってるコトはかなりの「本格」なんだけど、だいぶ実験的でして。
普段からミステリーを読んでる人には「お〜、面白い変化球だ」と思えるけれど、たまにはミステリーでも読んでみようかと思った人がコレを手に取ったとしたら、その人はもうミステリーは読まなくなると思う。
まぁミステリー慣れしてない人が気軽に手を出す作家でもなければタイトルでもないか・・・。

話の筋立てとか、意外な犯人とか、そういうのを楽しむのではなく、あくまでもその変化球っぷりを楽しむ作品化と。
ただ、そういうのは抜きにしても「収束」は良く出来てると思う。

『パラドックス13』東野圭吾

パラドックス13 (講談社文庫)
シリーズモノでもなければ社会派サスペンスでもない東野作品は久々。
昔はそういうのいっぱい書いてた作家だったのになぁ・・・。
もっとエンタメ小説書いて欲しいなぁ。

が、コレはだいぶ手を抜いて書いている気がする。
どっかで見た設定、エピソード、人物の山。
それらが上手く味付けされているようにも感じられず、既視感と読めまくりの展開が続く。
それでも最後まですんなり読めちゃうのは流石なんだけど、読みやすいのと面白いのとは別だからねぇ。

『天冥の標 VI 宿怨』小川一水

天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)天冥の標 6 宿怨 PART3 (ハヤカワ文庫JA)
3巻の長丁場だけどコレが面白い面白い。

ボーイミーツガールの軽いノリで始まったのに、あれよあれよでトンデモないコトに。
「II」以降は伏線ばらまきまくりのオムニバスっぽい感じで展開してきたけど、遂に本流に戻ってきた感じ。
伏線もガンガン回収し、「I」に向けて動き始めました。
もっさりしてた「V」の農夫パートも結構大事だったみたいで侮れん。

『畔と銃』真道順丈

畦と銃 (講談社文庫)
田舎の農村が舞台のハードボイルドアクション(?)小説。

中編が3つ。
それぞれ農業・畜産・林業。

どれも終盤は盛り上がるし、それに至る伏線もちゃんとしてる。
でもその終盤にいくまでがどれもダルいのが惜しい。

個人的には林業譚がベスト。
出てくる人みんな格好イイし、話の展開も好き。
ダルくないし。

農業の匂い立つ泥臭さも新鮮。
畜産はちと無理がある気が・・・。

『リビジョン』法条遥

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)
「リライト」の続編。
前作を読んでおかないと意味が解らないレベルの繋がり。

前作は粗いSF設定を力技で強引に引っ張っていくプロットだったけど、今回はかなり失速。
粗さには磨きがかかってるけども。

面白く読めた前作との濃いリンクがあるからその貯金でまだ読めるけど、単品で考えるとかなり厳しい。
雑なストーリーだし、構成の妙も感じられず。

まだ続くらしいシリーズ。
一冊目の貯金がそこそこあるし、短時間でサクッと読めるしで、とりあえず次も読んではみますです。
前作は良い方向に転がった荒唐無稽SF。
でも今回は悪い方向に転がっちゃった荒唐無稽SF。
次は良い方向のバカSFだとイイなぁ・・・。

『蟻の階段 警視庁殺人分析班』麻見和史

蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
シリーズ2作目。
前作未読でも問題ないし、こっち先に読んでから前作読んでも大丈夫。

ミステリー風味の警察小説なのは相変わらずだけど、殺人分析班のチームプレイは控えめ。

手堅く面白いけど、なんか犯人のポジションが前作と同じ気が・・・。

『リライト』法条遥

リライト (ハヤカワ文庫JA)
「時をかける少女」モノ。
ボーイミーツガールで学園でタイムスリップで。
甘酸っぱい青春だけど、コレはかなり酸っぱい話。

この手の話は「切ないけれど前向きな素敵なラスト」ってのが定番だけど、それを崩しにかかるのがイイ。
やってるコトは大変バカっぽく、メフィスト賞的な趣のあるSF。
細かいコトを気にしない映画「ルーパー」的な、「細けぇコトはどうでもイイんだよ」っつうノリのタイムスリップSF。
余り深く考えず、勢いに身を任せて読みましょう。
そうやって読む分にはかなり面白い。

『天冥の標 V 羊と猿と百掬の銀河』小川一水

天冥の標: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河 (ハヤカワ文庫JA)
全10巻シリーズというコトは、折り返しの巻。
そして何となく繋ぎな感じのする巻。

農夫編とノルルスカイン編の二本立て。
農夫編が微妙に繋ぎっぽい。
勿論シリーズ間の関連はあるんだけどね。
お話がもっさりしてるというか、伏線の運用のためのお話というか。
面白いんだけどね。

一方でノルルスカイン編はガッツリハードSF。
シリーズの謎・伏線満載。
というか、ノルルスカインがシリーズ通してのキーパーソン(?)だしね。

出番は少ないけれど、「羊」と「猿」にはグッときた。

『メタルギア ソリッド スネークイーター』長谷敏司

メタルギア ソリッド スネークイーター (角川文庫)
「メタルギアソリッド3」のノベライズ。
シリーズ時系列的には一番古い話だから、コレから読んでも問題なし。

コブラ舞台の背景がちょっと加わったけど、基本的にはゲーム版に忠実。
翻訳モノだった「〜1」「〜2」程のクソ小説じゃくてちゃんと小説として成立してる。
でも「〜4」程のアレンジはなされてないから、ゲーム版プレイ済みなら別に読まなくてイイんじゃないかと。

その媒体の特性を活かした表現で勝負してくれないと、メディアミックスする必要ないじゃん?
ゲーム版に勝ってる点は皆無だと思うよ。

『偉大なる、しゅららぼん』万城目学

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)
京都とか大阪とかご当地(?)小説が続くけど、今回は滋賀県モノ。
また今作も600頁強と長めだけど、やっぱり話の進みが遅い。
毎度のコトだからたぶん著者の持ち味と僕の好みとが合ってないんだろうなぁ・・・。

青春ファンタジー。
いつも通りのやつです。
安定してます。
でももっと短ければもっと面白かったのに。

要所要所は面白いんだけど、この筋立てでこの頁数はやっぱり長いよ。
かうんたぁ
リンク集〜覗いてみよう〜
コメントありがとう
記事検索
目次