2017年06月27日

ツイッターによると「1942年のプレイボール」も大詰めで、涼くんはあと少しでクランクアップのようですね。
パワレンとスペシャルドラマで今かなりいい雰囲気で盛り上がって来ていますが、涼くんと以前ご縁のあった方の訃報もありました。小林麻央さんが6月22日に亡くなられました。ご冥福を心からお祈りいたします。

涼くんは雑誌「AERA」の2010年3月22日号で、麻央さんの連載対談ページ「小林麻央のきいてしまおッ。」第11回に、麻央さんと対談していました。
この連載は全13回。連載が始まってからいちばん若いゲストだと記事の冒頭に書かれています。他のゲストは鶴瓶さん、荒川静香さん、羽生善治さんなどなど、ビッグネームが名前を連ねる中、このページに出られたことはかなりすごいと当時とても嬉しく思ったことを思い出します。

麻央さんはこの年の1月に婚約発表をし、3月に入籍したばかり。そして3月で「NEWS ZERO」のキャスターを卒業しました。幸せの絶頂期とともに人生の節目だった時期に、23歳だった涼くんとの対談をしたわけですね。

その頃の涼くんといえば、舞台「ムサシ」への出演が発表されており、麻央さんとの話題も「ムサシ」からスタートして「ムサシ」で締められています。歌舞伎役者と結婚されたばかりの麻央さんは、若き俳優から演技や仕事についてなどの話を聞きながら、やはり舞台に立たれている旦那様のことも頭をよぎることもあったかもしれませんね。
 
涼くんは恐らくかなり緊張していたと想像しますが、涼くんより4歳上の麻央さんが、やさしく話を引き出して下さった感がありました。ちゃんと作品を観てから対談してくださっていたことが当時とても印象的でしたが、亡くなられてからいろんな報道を見て、とてもまっすぐに人と向き合う人だったんだなあとその印象を深めました。 

話の内容からは、まだ今ほど大人ではない涼くんの瑞々しさが伝わってくるような箇所もあります。現場では一番年下のことが多いとか、最近やっと同年代から大人になったと言ってもらえるようになってきたとか。周囲の人にはこの頃からも既に愛されキャラだった。率先して現場の雰囲気をリードするようになった今は、あの頃の涼くん、懐かしいです(笑)

「ムサシ」以外にも、デビューのきっかけや子供時代、公開を控えていた「シュアリーサムデイ」など、話題は多岐に及び、充実した内容の記事でした。麻央さんにも古田さんにあのセリフでしごかれた話(「石だ石だ、石をぶつけろぉ〜」ですねw) を披露しています。
麻央さんの涼くんの印象は「純粋」「素直」「フレッシュ」という言葉を使って下さり、嬉しくて記事を何度も読み返したことを覚えています。

今週発売の「AERA」には追悼記事が掲載されていますが、この連載についても触れています。
涼くんの名前やコメントは出ていませんが、「各界のトップランナーとの対談」だったこのページに出たことは、やはりとても誇らしいものであったのだと今更ながら思います。



 

くららんoutsidebeautyromance at 17:14│コメント(0)記事 │

2017年06月26日

NHK毎年恒例の、終戦記念日の頃に放送される戦争を描いたドラマ。今年はプロ野球選手になった4兄弟を描いたドラマ「1942年のプレイボール」で、涼くんは長男役を演じます。

放送日がNHKのHPに掲載されていました。

8月12日(土)総合 午後7時30分〜8時45分 

涼くんは東京を離れてこちらのドラマの撮影中のようですね。野球選手を演じるのですから、屋外ロケなどもあるのでしょう。ツイッターでは東京とロケ地を行き来したり、1日の終わりに疲れてメルくんに癒されたい思いなどが、伝わってきます。暑い中の撮影、本当にお疲れさまです。ドラマ、とても楽しみです。


さて、「パワーレンジャー」のジャパンプレミアもいよいよ1週間後に迫りました。
当日は「1942年のプレイボール」の撮影で、日焼けして精悍な表情になって涼くんは登場するのでしょうか。

(追記)本日、発表会見も名古屋放送局で行われた模様です! まんたんweb 

太賀くんは野球のユニフォーム姿ですが、涼くんはスーツ姿でちょっと大人っぽいですね。皆さん、ドラマの衣装のようです。 撮影前に四兄弟で合宿をしたそうですが、ドラマも野球も経験値がばらばらなメンバーの要として、存分に機能していることでしょう。
太賀くん撮影を振り返ったという一文がありますので、クランクアップしたのでしょうか。
追ってNHKのサイトからも詳細な記事がアップされるのが、楽しみですね。 

くららんoutsidebeautyromance at 16:51│コメント(0)ドラマ │

2017年06月21日

今日、事務所公式の雑誌情報が更新されていました。明日6月21日(水)発売予定の「SCREEN」8月号に、パワーレンジャー関連で記事が出るようです。こちらの表紙はジャック・スパロウ様なので書店で探しやすそうです。

アマゾンでこちらの内容紹介を確認しましたが、パワーレンジャーもしくは涼くんの名前は見受けられません。こちらは洋画メインの映画雑誌ですが、どの程度の記事かは確認しないと全然予想がつきません。


(追記) 長くなるのでエントリー分けました。

記事を確認しました。パワレンでカラー4Pほどと、結構しっかりと特集されてました。
その最後の1Pに、涼くんと山里さん、アリスちゃん、そして進行役の男性が加わり、4人での鼎談が掲載されています。4人で椅子にかけて、何か話している様子の写真が出ています。
涼くんは「ハリウッドのプレミアの盛り上がりがすごくて驚いた」「向こうのキャストの身長が意外に低かった」などと語っていますが、全体の中であまり発言は多くありません。むしろアリスちゃんの方がたくさん発言してるかも… MCができる山里さんと進行役の方がいらっしゃったので、あまり口が挟めなかったのかも?

それからパワレンの公式ツイで告知されてた「DVD&ブルーレイデータ」7月号もチェックしました。
こちらは表紙がパワレンなんですよ…気合が入っていますね。
内容は、特撮・戦隊もののファンに向けての濃い特集です。涼くんについては、最初のページの下の方にアメリカのプレミアに参加したことに触れられているだけで、その時の写真もちっちゃく出ています。
 

くららんoutsidebeautyromance at 11:21│コメント(0)

2017年06月20日

パワレンの公式HPで、涼くんの吹き替えボイスの告知映像が上がっています。「吹き替え版キャラ映像【ジェイソン】」をチョイスですよ!(リンク貼れなかったのですみません)
聞き終わるとリンクのバナーは消えますが、もう一回見たい(聞きたい)時はトップ画面のTRAILERから入れば選択できます。何度も聞いちゃいました(笑)
この声、聞いただけで、とってもワクワクしてきました!! 凛々しい、いいお声ですー!
 
ところで先だって「ドキュメント72時間」に杏ちゃんがまたまた登板予定なので、その次に涼くんのターンが来ることを期待してたのですが、番組HPを見たらその次の放送予定はまだ未定のようです。期待された方がいらっしゃったら、すみませんでした。

くららんoutsidebeautyromance at 17:00│コメント(0)インタビュー │

2017年06月14日

先日、アリスちゃんと二人で集中取材日があったようですが、その時の記事が「ドカント」7月号に掲載されるようです。6月16日(金)配布開始(発売)予定ですが、先出し情報がサイトにアップされました。
二人並んで、とても爽やかな写真です。

「ドカント」って聞いた事がなかったのですが、どうやら求人フリーペーパーのようです。
入手できる場所のリストもありますが、 関東だけみたいですね。販売書店もあるようですが、タダで手に入るならばそれにこしたことはありません。探してみようかな。

紙で持たなくてもよければ、いずれこちらのサイトにインタビューがあがりそうです。
ネットでも読めるのは、配布先に行けない場合などは本当にありがたいですね。
リストに出ている場所に行ったら置かれていない場合が、違うフリペですが以前よくありました。配布開始日に頑張って駆けつけたら「まだ届いていません」と言われてしまう事も。急いでもらいに行くと空振りの可能性もありますので、の〜んびり取りに行こうかと思います。

(追記)
まだ紙媒体では確認していませんが、今日から掲載号配布ということでネット上でインタビューが読めるようになりました。
「やる気が起きない日もある」人間ですから当然と言えば当然、でもこんな言葉をはっきりと目にするのは驚きでもあります。そんな状況でどう自分の気持ちを仕事に向けていくか、昨年のアデコでのインタビューと共通した一貫性ある発言がプロらしくもあり頼もしい。
アリスちゃんの発言を受けて「それができない人もいますから」というのも、キャリアを積んだプロとしての自負心があればこそ出た言葉と感じました。涼くんも現場の空気を大事にする人だと思うので、だからこそ心遣いができない人もいることが目に付くのかもしれません。

それにしても変身まで1時間半?確かに長い…(笑) そこまでは各キャラの葛藤などが存分に描かれているのでしょうか。変身に至るまでの過程が長いほど、そこからの活躍は痛快だろうなあ。
「6人目のメンバーになった感覚を味わえる」という涼くんのリコメンドが実感できる公開日までは、あと1ヶ月足らずになりました。
 
(再追記)紙媒体でも入手しました。最初行った時はまだ前の号でしたが、もう一度行ったら新しい号になってました。表紙は横山剣さんのイラストで、B5とA5の間の大きさくらいの冊子です。
カラーで見開き、2Pの中にはネット版と同一内容のインタビュー。写真もネット記事と同じものが使われていますが、記事の最初にある写真は全身写真になっています。プロフィールの横の小さめの写真ももう少し大きなサイズで出ていました。フリペなのに、かなり上質な紙が使われているのは嬉しい驚きでした(フリペってぺらぺらの紙が多いじゃないですか?)

 

くららんoutsidebeautyromance at 17:02│コメント(0)インタビュー | 映画