2006年06月07日

ガバメントCQB発送メールキタ━(゚∀゚)━!

明日はとりあえず、ミルスペのスライド載っけて


わぁいヽ(゚∀゚)ノ


ってやってみます。

(23:51)

2006年06月05日

ミルスペ大人気ですねぇ。

色々いぢくり回すのにもってこいの素材でございます。

私も週末いぢくり回しておりました。

グリップスクリューをHEXスチールからHEXステンレスに交換したり、
リアサイトをナイトアイタイプに換えてみたり、
ハウジングをストレートに換えてみたり、
4枚のターゲットに7発ずつ撃ってみたり…。

リアサイト交換という事で、初のブリーチ分解でした。
スライド割りそうでドッキドキですねぇ、アレは。

射撃結果と、より素敵になったミルスペ写真は
また今週末にでも…。

(23:14)

2006年06月04日

念願の(だったかな…えーと)
Jアーモリー第一弾SFAミルスペック!

20060603_01広告写真では濃さの違うグレーの2トーンでしたが、
スライドは真っ黒です。
とりあえずパックマイヤーとHEXスクリュー、ロングスプリングガイド装着。

通常分解時、ブッシングが異様に硬く抜き辛く難儀しましたが、
何とか傷つける事無く、無事に。
ユルユルであるよりはいい事ですよね。

20060603_02
さて、キモであるスライド右側刻印!!

あぁっ!手ブレが…。見えない…。

刻印、彫りの深さににムラがあります。
浅いトコは結構浅い。

左側刻印とフレーム刻印は深く綺麗に入っているのですが…。
個体差がありそうですねぇ。


20060603_03
バレルはアルミ製。
アルミ棒丸出しな質感ですが、ライフリングは入っております。
これがあるかないかは私にはとても重要なのです。(写真撮り忘れた…)




20060603_04
チャンバーの刻印は『SA.45AUTO』
コッキングインジケーター切り欠けあります。
ちょっと嬉しい。





空撃ちしかしていませんが、
マグナらしくこぅキビキビと動いて下さります。

ダストカバー、エジェクションポート、ハンマーと
実銃と形の違う部分はありますが、
実売価格1万円でこれはかなりお買い得ではなかろうかーっ。

テックベースでもライフリング有、ノッチ非貫通。
これは素敵☆

(00:28)

2006年05月28日

なんでしょう、あれです。

新製品届くまでネタ切れです。


来月の新製品、ガバメントCQB。
テックベースなのでライフリング省略だと思っていたんですが、
雑誌の記事ではライフリングありってコトで
非常に嬉しいですわー。


どうしてもファイアリングピンとライフリングは欲しい派です。

なんか…

なんでしょう、

気持ちの問題ヽ(´ワ`)ノ

(23:58)

2006年05月22日

6月中旬発売予定!
絶賛ご予約受付中!

マグナテック/コルト・ガバメント
マークIV シリーズ80(コマーシャル・モデル)
CQBブラックモデル・セミカスタム

税込標準価格 \19,000-
税込販売価格 \17,100-


リングハンマー、ナイトアイサイト、ダックテイルセイフティー、
斜めセレーション、スライドHW!!!!!!貫通ノッチだけど。


ぉーぃぉーぃぉーぃ………ぉーぃ。


つい先日、スライドリアル幅じゃないSCWガバメントCQBを
定価で買った私の立場は〜〜〜?

あふん、ちくしょう…ちくしょう!!     orz

こ、コーンバレルの為だけに買っちゃったみたいじゃないかっ…ぁっぁ!!

ち、ちくしょう、ちくしょう言いながら予約した自分にちくしょう。


コーンバレルこれに着けよう…ハウジングはGSRからストレートの持ってこよう…。
セイフティもGSRのちょい薄めの使えるかな〜。


う〜ん、JアーモリーSFAはカスタム元にするより、
お布施的な意味合いが強くなってきたな…。


なんだかオフィサーズ買ってからテックに慣らされてきてる気がします…。
貫通ノッチも気にならなくなってきてしまった様な………。



あぁっ、だめよだめよっ!!

(23:15)
6月のJアーモリーSFAミルスペック。

廉価版WAマグナテックベースなので
これは今まで買ってきた物と違って、
手にとってニギニギニヤニヤウフフフエヘヘするためじゃなく、
ひたすら撃ち倒す用にしようと考えており、
グリップをパックマイヤーに換えるだけで
他特にパーツ換えたりとかするつもり無かったのです。

傷を恐れずホルスターにガシガシ出し入れする気で
ブラックホークのCQCホルスターも取り寄せ中です。

が、

やはりそれだけじゃぁツマらんなと、思ったのですよ。

なにより前に投稿したお好み素ガバ。
スライドが厚いのが気になりだして気になりだして。

で、結局、
ナイトアイサイトとリングホールハンマー、
ダックテイルとストレートハウジングをミルスペに移植しようと!!(゚∀゚)

この際重量感とヒンヤリ質感はあきらめよう!

サイト載せ換えるにはスライドの中身をバラさなきゃいけないし、
ハンマーもファイアリングプレートだったか入れ替えないといけないし、
そもそも入れ替えられるのかどうかも解らないけれど〜。
パッと見、できそうなんだけどなぁ。

あぁ…結構困難なのかも…。

テックのシアスプリングにSCW用のグリップセイフティが
合うかどうかも知らない…。


しかし一度妄想始めると止まらないので
何だか変にワクワクしてきてしょうがないぃぃぃぃぃぃ。


(00:13)

2006年05月21日

20060520_01この細いラインがたまりませんな。

実銃は良質な鉄鋼からの削り出しなので(と、スイス職人の技かw)
一般的な銃とは逆の、スライドをフレームが包む構造に
出来るそうです。
故に、スライドとフレームをタイトに組めるので高精度なのかな。


今回のガスガンですが、
スライド・フレームに細かい擦り傷の様なものがチラホラ…。
ビミョーにヒケってる感じもします。

まぁ…マルシンなのでこんなもんかな〜なんて思ったり。

20060520_03
トリガーガード裏にはパーティングラインがキッチリ残っております。
スライド上面にも消しそこなったラインがチョイチョイと。

まぁ、マルシンなのd(ry



20060520_02

スイスのマーク。
↑もうちょっといい言い方はないものか(笑
自衛隊の9mm拳銃の桜の紋みたいなモンでしょうか。



特に仕上げが綺麗とか、
実射性能が抜群とか、ないのですが、
ガスブローバックガンで発売してくれた事に
最大の意義があると思います〜。

この細いスライドの中によくブローバックメカ収めたもんだー。
やるなマルシン。

スライドストップが実銃より前で掛かってるっぽいのが残念です。
スライド自体は実銃と同じ位置まで後退してるみたいなんですげどね〜。

(01:36)

2006年05月18日

20060518_01
スイスアームズだったり
シグアームズだったり
シグザウエルだったり
ザウエルゾーンだったり
何やら色々絡み合って
わかりにくいシグ関係ですが、

ついに!!
マルシン スイスアームズ P210-6。
実銃用のケースに入っての発売です。

スイスアームズ提供の
実銃図面に基づいてのモデルです。

私初のマルシン8mmBB弾モデル。
2mm大きくなっただけで随分デカく感じます。

とりあえず今日はここまで〜。

(23:41)

2006年05月17日

携帯デジカメの撮影練習も兼ねて、SUREFIRE X200A。
20mmレールにマウントするウェポンライトです。
ハンドガンによく似合いますね。



20060517_01

むむ、結構綺麗に撮れてる。
ロゴ、読めますね。




20060517_02

ちょっとボケてるかな。





20060517_03

大分ボケてますね。
どうも手がプルプル震えるのです。

(23:50)

2006年05月15日

今月発売品のキモといえばSIG P210ですが(そうなのか)
とりあえず発売までの繋ぎをどうしようかと…。

で、新しいトコでオフィサーズです。

画像を二つ以上アップする術も覚えたので、
それのテストもかねて^^;

(前回の連続投稿は我ながら酷すぎ orz)

で、だ。

20060515_01







ガバメントのコンパクトサイズです。
前回のフルサイズと見比べると、とても愛らしいサイズでありますよほ。
シリーズ80ベースなので、前回のガバとスライド右側の刻印がお揃いです。

グリップはパックマイヤーのラバーグリップです。
当初、映画ヒートのハナ警部の様にアイボリーグリップを
着けようかと思っていたのですが、
フとパックマイヤーを着けた姿を想像したら忘れられなくなり、
これに。

20060515_02







シアー、ハンマー、ハウジングの3ピンをステンレス製の物に。
グリップスクリューはスチールHEX。

私の中では定番のカスタムです。
………いやしかし、こんなんでカスタムと言えるのか?

惜しむらくはスライドHW、フレームABSなところでしょうか。
スライドのHWの質感もこれまでの物に比べて…もにゅもにゅ。

そこらへんは業者云々な色々事情がある様ですね。

でも貫通ノッチはなんだかっ!
気にすると気になっちゃう!

でもっ!
もで好き!!

この絶妙なこじんまり感は素敵です。

(23:37)