ロシアとウクライナの危機から生じる地政学的緊張の中で、金融市場が暴落しています。米国とその同盟国によるロシア経済への制裁措置に加え、ウクライナへの侵攻の影響により、投資家は資産を守るための新たな安全な避難先を探さなければならなくなりました。ウクライナが水曜日に非常事態を宣言した後、S&P 500種指数は4取引セッション連続で急落し、ナスダック総合株価指数も同様に2.6%下落し、主要ハイテク株は下落傾向を続けています。伝統的な資産クラスが苦戦する中、仮想通貨市場はどのように反応したのでしょうか。

ビットコインとイーサリアムは侵攻後、1カ月ぶりの安値をつけ、ビットコインは6.2%下落の35,000ドル、イーサリアムは一時2,350ドル前後で取引されました。しかし、その後急騰し、本稿執筆時点ではビットコインは38,000ドル、イーサは2,626ドルで取引されています。短期間の大混乱にもかかわらず、アナリストは、従来のインリスク資産が地政学的緊張の矢面に立たされ続けているため、投資家はビットコインと仮想通貨圏に目を向ける可能性が高いと指摘しています。サークルの共同設立者であるジェレミー・アレア氏は以前、同社のドルペッグ型ステーブルコインであるUSDCに対する取引所での需要が増加し、価格の高騰を記録したと述べています。Fei USDとLiquidity USDを含む他の主要なステーブルコインは、ロシアとウクライナの紛争の中で価格と時価総額で同様の上昇を記録しました。ステーブルコインの需要増は、それに伴うビットコインの需要増と価格上昇を強く示唆するものであると、多くの人は考えているようです。

現在の状況は、インフレ率が急騰し、主要株価が下落したCovid-19のパンデミック後の経済メルトダウンを彷彿とさせます。非中央集権的で、政府の政策から切り離され、より強固な抵抗力を持つ資産クラスは、しばしば投資家の逃避先となります。2020年3月から8月にかけて、パンデミックの壊滅的な影響にもかかわらず、ビットコインの価格は3倍になりました。また、Decryptによると、上位10取引所のビットコイン取引量は1日平均25億ドルに達し、同期間内に2018年以来最高となりました。パンデミックでは、デジタル資産への関心が急上昇し、ビットコイン関連のGoogle検索が過去最高を記録したことも明らかになりました。

ビットコインの世界経済のメルトダウンに対する回復力は長期にわたって証明されており、これは間違いなく、さらに別のものが控えていると投資家を誘惑することでしょう。世界の指導者たちがプーチンやロシアとの外交的解決に至らなかった場合、中央銀行は戦争の影響や経済への影響を抑えるのに苦労するため、インフレ率が急騰する可能性が非常に高くなります。中央銀行は不換紙幣を印刷し続けますが、ビットコインはインフレの理屈に反した供給量の減少により、圧倒的な優位に立つことができます。

ビットコイン価格の高騰を示唆するもう一つの理由は、投資家が政府の金融政策から身を守る必要があるためです。ウクライナ中央銀行は、国境を越えた外貨決済のモラトリアム(一時停止)を実施しました。また、全国の金融サービス業者に対し、電子マネーの発行を停止するよう命じました。

現在の世界的な事象の評価は、仮想通貨の世界にとって明るい兆しを示しており、ちょうどパンデミックのピーク時のように、仮想通貨市場はさらに強気に向かう可能性があります。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。