仮想通貨市場は、過去7日間で15%以上上昇したイーサリアムを筆頭に、価格が軒並み上昇し、素晴らしい週を迎えています。ポジティブなヘッドラインには、欧州連合によるProof-of-Work禁止の拒否や、BAYCのオーナーであるYuga Labsがシード資金ラウンドで4億5千万ドルを調達したことが含まれています。

f:id:overbit_jp:20220331150122j:plain

Highlights:

●       市場はすでに好調だった1週間をさらに改善し、強力なブルランに入る可能性があるように見える。

●       欧州連合は、プルーフ・オブ・ワーク・ネットワークの禁止を求める提案の否決を決定した。

●       Bored Ape Yacht Club、CryptoPunks、MeebitsのIPを所有するYuga Labsは、その評価額を40億ドルとするシード資金ラウンドで4億5000万ドルを受け取った。.

●       マドンナは、Bored Apesに投資した最新のセレブとなり、56万ドルでBored Apesを購入した。

●       インドは、物品サービス税制度を通じて暗号市場に重課税を課すことを検討している。

The Week in Crypto

時価総額が2.2超ドルを超え、市場は好調に推移中

数ヶ月の苦闘の後、仮想通貨市場はようやく持ち直しつつあります。過去1週間は、時価総額上位10銘柄の大半を含む、市場のほとんどの銘柄で2桁の伸びを示しました。

BTCは現在47,000ドル弱、ETHはKilnテストネットでのビーコンチェーンの統合成功などのニュースを背景に3,300ドルを突破しています。一方、ビットコインは2022年の週間最高値を更新し、市場のトップアセットにはかつてないほど多くの小口注文が寄せられています。

時価総額は現在2兆2000億ドルに達しており、多くの投資家にとって先週の動きは強気の始まりのように感じられます。もちろん、それを判断するには時期尚早ですが、ここ数日、清算が劇的に増加していることから、強気派が弱気派を打ち破っていることは明らかです。Coinglassのデータによると、過去24時間の精算は、ETHが1億ドル超、BTCが1億6500万ドル超です。

EU、プルーフ・オブ・ワークの禁止を却下

ビットコインに関連して、欧州連合はProof-of-Workネットワークを禁止する提案を拒否しました。仮想通貨市場法案(MiCA)は、仮想通貨、ブロックチェーン技術、仮想通貨取引所を対象とする、非常に期待された法案でした。しかし、直前の変更で、この法案には、ビットコインのようなProof-of-Work資産を環境への影響を理由に禁止する修正案が含まれていました。

この法案には、反対32票、賛成24票が投じられました。世界最大の仮想通貨市場の1つであることから、もしこの提案が通っていたら、市場に甚大な悪影響を及ぼしていたことでしょう。幸いなことに、議員たちはよく考え、より制限の少ない法的枠組みによって技術の革新を可能にしようと取り組んでいます。

Yuga Labsが4億5000万ドルを調達し、評価額40億ドルを達成

連勝を続けるYuga Labsは、Andreessen Horowitzのa16zが主導するラウンドで4億5千万ドルを調達し、シード資金調達を大成功させました。これにより、Bored Ape Yacht Club、CryptoPunks、Meebitsフランチャイズの所有者は、評価額が40億ドルとなり、最も評価の高いブロックチェーンスタートアップの1つになりました。

Animoca Brandsからも資金提供を受けた同社は、メタバースのOthersideをリリースする予定です。このプロジェクトは4月にローンチされる予定で、間違いなくさらにスポットライトを浴びるはずです。Othersideは、ゲーミフィケーションの要素を取り入れた、分散型、相互運用可能な世界と説明されています。それ以外にはあまり語られていないですが、過去の成功例を見れば、成功することは間違いないでしょう。

マドンナ、Bored Apeを購入

Yuga Labsがかなりの資金を集めている一方で、同社のBAYC NFTも注目されています。ミュージシャンのマドンナが「Bored Apeを買った」と発言したのです。彼女はTwitterのプロフィール画像をBored Apeに変更し、「ついにメタバースに入った」「私たちは皆、邪眼から身を守る必要がある」と発言した。

マドンナはBored Ape #4988を56万ドルという破格の値段で購入した。彼女はポスト・マローン、スティーブ・アオキ、ザ・チェインスモーカーズ、スヌープ・ドッグといった面々に加え、BAYCのメンバーとして名を連ねています。今年初めの熱狂的な盛り上がりから、NFTへの関心は少し下がっているようですが、このような動きによって、また関心が戻ってくるかもしれません。

なぜ購入したのか、その理由は明かされていません。ただし、マドンナのマネージャーは、Yuga Labsの代表でもあるGuy Oseary氏であることは注目すべき点です。

インドの仮想通貨に対する重課税

しかし、仮想通貨市場は万事順調というわけではありません。インドが仮想通貨市場に重課税を課すことを検討しているからです。同国の当局者は、禁止と合法化の間で長年揺れ動いた後、仮想通貨の保有と取引を許可するとつい最近発表しました。

注目すべきは、物品サービス税(GST)制度に基づく課税案が検討されているだけで、まだ具体的な決定がなされていないことです。現在、仮想通貨は30%で課税され、1%が税金として源泉徴収されています。今回の議論では、GSTが取引額全体に適用されるかどうかについて当局が熟考し、税率は0.1~1%の間になる可能性が高いといいます。

インドは世界で最も活発な暗号取引人口の1つであるため、このような課税が批准された場合、投資が遠のくのは残念なことです。一方、インドは独自のCBDCであるデジタル・ルピーの立ち上げも検討しています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。