2011年09月21日

80cuiショベルオーバーホール×2 その5

しばらく時間が空いてしまいましたが、ショベルオーバーホールの続きです。
地味な作業が続くのであまり写真は有りませんが、着実に進行しております。
前回まではコチラ参照

ショベル腰下分解1
一度カムカバーまで外しましたが、ついでなので1980年式のほうも
バックラッシュのデータを取っておきます。問題ないようです。



ちなみにほぼ同じ作業なので2機の画像が混じってます。悪しからず。
ショベル腰下分解2
こちらのスタンドが青い方が1981年式です。もはやどっちでも良いです。

ショベル腰下分解3
ショベル腰下分解4
各種専用工具を使ってカムを駆動しているギアを引き抜きます。

↓1980年式
ショベル腰下分解5
これまた専用工具でクランクケースを左右に分割します。
液状ガスケットでベッタリ貼りついているのですが、
分割時に傷を付けるリスクが無いので重宝します。

↓1981年式
ショベル腰下分解6
オイルポンプのドライブギアが固着して外れなかったので、
なんかのプーラー流用して引っこ抜きました。

ショベル腰下分解7
取ったどー ×2

バラした部品はまた測定です。ケースは洗浄・旧塗膜剥離・塗り直しも。
次のupまでまたしばらく間が空くかも。



ショベル腰下分解8
それとシリンダー&ピストンが旅立ちました。
今回は前回以上に期待大です。

ではでは。



  
人気ブログランキングへクリックで応援お願いしまーす。




 お願い 
店主一人で営業しているため、作業は基本的にご予約を頂いております。
また日帰り作業中の場合、納車までの時間が限られているため、
カスタム・修理・お見積り等のご相談に十分な応対ができない場合があります。

作業やご相談の際は、ご来店前にお電話・メールにてご連絡いただけると助かります。
皆様の愛車へ、より丁寧で効率良いサービスの提供を目指しております。
お手数お掛けしますが、皆様のご理解・ご協力をお願いします。



Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

〒957-0006 新潟県新発田市中田町3-1299
TEL/FAX:0254-20-8069
E-mail:info@overload-machinery.com
応対時間:11:00~18:00 不定休

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http://blog.livedoor.jp/overload_machinery/



overload_machinery at 20:46│Comments(0)エンジン 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字