20-Jan.-10  ="Nazret.com"    Addis Abeba, ETHIOPIA

チオピア鉄道(ERC)が,外国企業4社と,エチオピアの首都アディスアベバとジブチを結ぶ新線の研究に関する覚書を交わしたと,週刊Addis Fortune紙が報じた.
4社は,
中国交通建設(CCCC),中国鉄道グループ, インドのOverseas Investment Alliance (OIA) 及びロシア企業.4社はそれぞれ独自に,新線について研究する.
エチオピア政府は,7月までに新線計画をスタートさせたい考えで,Fortune紙は,中国企業が受注すると予測している.
Fortune紙によれば,在来線は最高速度が20 km/hなのに対して,新線では 50km/hであるため,政府は在来線の改良ではなく,新線建設を選択したとのことである.



ジブチとアディスアベバの間には,20世紀始めに開通したメーターゲージのジブチ・エチオピア鉄道がありましたが,老朽化のためここ最近はアディスアベバ~ディレ・ダワは運休している模様です.ディレ・ダワ~ジブチは一応週3往復の旅客列車が走っています.
下記参考サイトHow to Taravel~ に,2009年の乗車記が載っています.それによると,毎週1回脱線事故が発生していること,出発が1日遅れたこと,アディスアベバからの列車は2年間運休していること,ジブチまでの311 kmに18時間(!!!)かかったことなどが報告されています.
記事は英語ですが,列車や線路の写真も興味深いので,ぜひ参照されることをお勧めします.砂漠の中に,転覆した貨車が普通に放置されてます….

しかし,新線でも50 km/hしか出ないんですね.鉱石とかが貨物で重いのでしょうか?最近新線計画というと,最低でも時速160 km/hとかで計画される例がほとんどですから,なんだか不思議です.

参考サイト
ジブチ・エチオピア鉄道(Wikipedia)
How to Travel by Train in Etiopia & Djibouti  (The Man in Seat Sixty-One . . .) <おすすめ!>



1月22日加筆.

こちらの記事(=Abesha Bunna Bet)によると,今回の計画は,エチオピアに7路線計3,100マイルの鉄道を新設する計画の第一段階で,次荷実施される計画はケニアとの間の鉄道らしいです.また,新線開通後旧路線がどうなるかは決まっていないとのことです.