ロシア鉄道(以下RZD)というと、切符の購入のためには旅行代理店に頼んで… 色々めんどくさそうとお思いのそこのあなた!! 
実は今では、日本にいながらRZDの公式サイトから簡単に予約できてしまうんです!
公式サイトからなら手数料ももちろん無料

数年前までは、RZD公式は英語版から入っても途中からロシア語になったりして、非常に使いにくいものでしたが、昨年にサイトがリニューアルされてかなり使い勝手がよくなりました。ここでは紹介しませんが、スマホ版アプリもあり、そちらも便利です。

今回はそんなお得で簡単なRZDオンライン予約の方法を解説します。(予約は60日前からできます)


4001
トップページです。予約前にアカウントを作ってサインインしておきましょう。
出発駅と終着駅、出発日を入れて「Buy ticket」を押します

このとき駅名をラテン文字で入力するのですが、その表記法は、慣用とは違う独特のものです。例えば、Хはkhではなくx, Яがyaではなくia となるので注意しましょう。


4001-2
直通列車がない場合は列車が表示されませんが、右上の「route with transfer」で乗継ルートも検索できます。


4002
乗車列車のクラスおよび座席を指定します。同じクラスでもエアコン付きかどうか、バイオトイレ車なのかなどで運賃が変わります。


4003-1
列車が決まったら名前やパスポート情報を入力します。ミドルネームは無くても「-」を入力しなければなりません。下の方の「Insurance」は、海外旅行保険に入っていればいりませんのでチェックを外しましょう。


4003-2
もう一度座席を指定します。クラスに「МЖ」と示されている車両には、女性専用席や男性専用席がありますので注意します。また「У〇」は運賃に食事が含まれていることを示し、〇は含まれる食事の回数です。


4004
次の画面に行くと予約が確定されます。乗車日や区間など間違いがないか確認します。


4005
次に追加サービスを追加します。上から運賃に含まれない追加の食事の予約(予約は座席に運ばれるタイプの食事で、食堂車は特に予約なしで利用できます)。真ん中はグッズの事前購入(後述)。下は預け荷物及びペットの輸送の申し込みです。


4006
グッズの事前購入は、ロシア号などの一部名称列車でのみ実施されています。スナックや飲み物、お土産などを予約時に購入しておくことができます。ただし、これらは予約なしでも車掌から買うことができますので、どうしても欲しいものがある時だけの利用でいいでしょう(お土産類の品ぞろえは、列車によってかなり異なります)。


4007
ここまで来たらついに決済です。決済はクレジットカードで、VISAとMASTERが使えます(JCBは×)。ただし日本発行のクレジットカードは、しばしばエラーを起こして決済できません。
私の経験では楽天発行のVISAは成功率ゼロYahooのMASTERは1/3くらいの確率で決済できます。
とにかくトライを繰り返せば、いつか決済できますのであきらめないで!


4008
決済に失敗するとこの画面になります。「Try to pay again」から再挑戦しましょう。
何度やってもこの画面になるときは時間帯を変えると決済できることがあります。ただし予約成立から決済までの制限時間は30分のため、その時間内に決済できないときは予約を最初からやり直さなければなりません。
RZDの列車は発車8時間前までならキャンセル可能ですので、決済に戸惑ってる間に満席…なんてならないように早めの予約を推奨します。


4009
決済成功。PDFというところをクリックすれば、e-ticketをダウンロードできます。
乗車の際は、印刷したものを見せるか、スマホなどに保存したチケットを見せることで乗車できます。