状 況

2006年06月20日

蠏野古道おわせ

―事業内容の詳細を議論―

 地域振興ゾーン施設のアンリ運営を主目的とする「蠏野古道おわせ」では、来るべき地区説明会や業者説明会に向け、事業内容の検討を続けています。
 この会社は指定管理者制度の指定を受けることを前提としているため、当然、公が行うべき事業を受け持つことになります。又、会社運営のため様々な自主事業も行う必要があります。そこで、発起人16人が3分科会に分かれて5月中旬から下旬にかけ議論を重ねました。
 その中で、、特産品の開発事業を企業から主婦・高齢者まで広く対象とすることで多くの事業参加を得る・同様に地区説明会では各地区住民に周知することで地域に根ざした活動であることを伝える。
 これらの活動をより効果的・効率的に進めるための方策を議論しました。

owasecci at 08:44|Permalink

2006年04月24日

女性連合会理事会

 3月17日(金)、三重県商工会議所女性会連合会理事会が、三重県男女共同参画センターに於いて開催され、当女性部からは、玉置会長、中野副会長、事務局が出席致しました。
 議案の、平成17年度事業報告・収支決算(案)・役員改選(案)について、平成18年度事業計画・収支予算(案)については異議なく承認されました。
 その後、各会より、平成18年度の予定が報告されました。
 主な本年殿予定は次の通りです。

●5月19日 鈴鹿会10周年記念行事
●5月24日 平成18年度第1回県連理事会
●7月6日 県連総会
となっており、11月の全国大会開催のため、例年より早い時期に行われますので、ご予定よろしくお願いします。

owasecci at 09:27|Permalink

2006年01月12日

感謝状受賞

 中小企業基盤整備機構より感謝状受賞

 当所の小規模企業共催制度普及と加入促進活動による同制度発展への功績が認められこの度、独立行政法人中小企業基盤整備機構より、小規模企業共催制度発足40周年を迎えるのを機に、当所が同機構より感謝状を受賞いたしました。

owasecci at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月27日

女性部創立10周年記念式典挙行

 当女性部は、去る11月7日(月)創立10周年記念事業を会員40名の出席のもと開催いたしました。
 記念式典においては、スライドにより当女性部の10年のあゆみを振返り、玉置会長の挨拶、続いて土井会頭より祝辞を頂き、初代会長世古直美氏に感謝状を贈呈致しました。
 講演会では、紀北町教育長の小倉肇先生をお迎えしてテーマを「ふるさとの民話と伝承に学ぶもの」と題しご講話頂きました。熊野古道が世界遺産に登録されてから、三重県側の参詣道伊勢路を訪ねる人々が多くなり、これまで和歌山県の紀伊路ばかりが有名で、伊勢路の古道の大部分は山間にあって雑草の茂るにまかせほとんど忘れられた過去の道であったが、世界遺産として指定され、急坂の難路を保護してきた石畳・巡礼墓に象徴される伊勢路は環境保全の高まりとともに、新鮮にして歴史的・文化的に価値の高い遺産として国の内外から熱い視線を浴びていると締めくくりました。
 10年の節目を迎えるにあたり、今後とも会員一同力を合わせ、事業活動に取り組んでいこうと決意を新たにした記念事業となりました。

owasecci at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月26日

商業部会懇談会

 当所商業部会(山下行康部会長)では、今年度部会活動の一環として熊野商工会議所商業部会(前田衣代部会長)との懇談会を去る11月22日(火)に当所側全8名・熊野側全10名の出席のもと熊野商工会議所に於いて開催しました。
 両所とも商業部会関係者の他、商店街関係者も多数参加しており、懇談会の話題は商店会やスタンプ会の活動が中心となり、その中でも特にゆうゆうスタンプ会(熊野)が行う事業に質問が集中しました。これは加盟店で100円の買い物をする度にスタンプをお客様に渡し、スタンプ台紙が一杯になると買い物券として利用できる他、金券として金融機関への預け入れが出来るもので、質問では会設立の経緯やスタンプ運営の方法などについて意見交換が行われた他、レインボー商品券(熊野)やスタンプカードキャンペーン(尾鷲)などについて懇談しました。
 どの団体も事業を進める上での人材と財源の確保の難しさを上げていましたが、やはり顧客第一主義が事業の安定と拡大のポイントであると再確認しました。

owasecci at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月19日

新会社法セミナー

 去る11月28日(月)、当初中小企業相談所と(社)尾鷲法人会共催による「新会社法に関するセミナー」を開催いたしました。明治32年依頼の大改正であり、来年5月に施行される予定の「新会社法」により有限会社制度の廃止、最低資本金制度の撤廃、開催参与の新設など、会社の姿が大きく変わり、これからの経営に影響を与えることは勿論、有効に活用すれば大きなビジネスチャンスの拡大やステップアップにつながるとして、愛知大学法学部の広瀬裕樹助教授を招き、「株式会社の理念的構造」、「新法のポイント」、「規制の強化のポイント」などについて、わかり易く説明を受けました。
 当日は参加者27名、セミナー終了後は質疑も活発に行われ、来年の施行に向けて大変有意義なセミナーとなりました。

owasecci at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月12日

小規模企業振興委員連絡会議開催

 本年度第2回目の小規模企業振興委員連絡会議を去る10月26日(水)シティホテル望月において開催いたしました。
 今回の連絡協議会は、研修として年金給付制度について三重社会保険事務局尾鷲事務所 西村至氏を講師に迎え、年金制度改正のポイント、年金制度のしくみや老齢給付等について説明を受けました。その後中小企業相談所の前期事業概要や今度の事業予定について説明を行いました。

owasecci at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月06日

施策普及パンフレットが完成

 −経営改善にご利用下さい−

 当所中小企業相談所では、県内商工会議所と共同で施策普及パンフレットを作成、配布しており、今年度のパンフレットが以下の通り完成いたしました。

●総合ガイドブック
 商工会議所の各種相談業務概要について総合的に解説
●融資ガイドブック
 国民生活金融公庫、中小企業金融公庫等の融資制度や貸付金利等の解説。
●税金まるわかり
 やさしい記帳(帳簿・決算書・確定申告書等の記入方法や身近な税金のあらまし(税制改正・所得税・消費税等の各種税金の概要)について解説。
●すぐに役立つ
 社会保険・労働保険の概要、また就業規則等について解説。

以上4種類ですが、各々部数に限りがございますので、会員皆様には全て配布することができませんが、当所窓口に用意させて頂いておりますのでお立ち寄りの際に、お持ち帰りいただきますようお願い申し上げます。

owasecci at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月26日

小学生ドッジボール大会

 当所青年部では創立20周年事業の一環として、市内の小学生を中心に相互の交歓を促進し地域の活性化を図るための尾鷲市体育館において小学生ドッジボール大会を開催いたしました。
 大会当日は、低学年・高学年ともに8チームの参加の下、午前中は総当り戦、午後からトーナメント方式で熱戦が繰り広げられ、優勝チームは以下の通りです。

 ●低学年の部 − 3年ゾロリ
 ●高学年の部 − アスパラガス

owasecci at 09:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月05日

女性部役員会

第3回役員会

 女性部の第3回目の役員会が、去る7月25日(月)に開催され、県連総会のスケジュール・10周年記念事業を中心に協議致しました。
 10周年記念事業は、11月7日(月)クリスタルパレス三紀に於て開催し、午後3時より記念式典、午後4時より記念講演会、引続き午後5時30分より懇親会の予定です。
 まだまだ詳細は未定ですが、随時報告していきます。

owasecci at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月25日

全国商工会議所青年部連合会

第25回全国大会開催

 標記全国大会愛知大会が豊田市の名鉄トヨタホテルや豊田スタジアム等において7月7日〜10日の4日間、全国から約5000人の関係者が参加し、当所からも3名が参加いたしました。

 豊田スタジアムでは、記念式典・講演会・大懇親会が開催され、地元トヨタ自動車の岡部聰(専務取締役)氏が「トヨタのアジア戦略」と題した講演会が行われ、また、スタジアムのフィールドにおいて行われた大懇親会は室内で行われるものとは雰囲気が違い盛況の内に終了いたしました。

owasecci at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月17日

熊野古道センター

熊野古道センター地域振興ゾーン −第2段階に−

 平成19年初頭オープンに向け、建設が進む熊野古道センターの有効活用策とセンター敷地内に建設される地域振興ゾーンでの事業への取組を集約し、6月に三重県知事宛要望致しましたが、その地域振興ゾーンにおける事業を実行に移すべく当所では「熊野古道センター地域振興ゾーン事業検討委員会(真井靖文委員長)を立上げ、その第1回委員会を去る7月29日(金)開催しました。

 委員会の冒頭で土井会頭よりこの事業の重要性を述べた後、協議に入りました。今回の会議では物産販売や飲食、温泉などの事業内容を協議。又、事業の受け皿母体となる会社組織の立上げを確認。今後は具体的な事業規模・事業主体・出資方法などを検討していくこととなりました。

 しかしこの事業を成功させるに葉地域全体で取り組むことが必要不可欠であり、そのためにも今後は市民や地域全体、行政など様々な分野からの意見も取り入れていかなければならず、時期を見て多方面からの会議出席もお願いしていくこととなりました。

owasecci at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月16日

部会開催状況

林産部会

 去る7月14日(木)林産部会(田中聰臣部会長)を開催し、本年度事業計画について検討致しました。
 特に、熊野古道の林業に関する問題点・熊野古道センターの尾鷲木材使用についての進捗状況の報告・尾鷲桧の販路拡大について話し合われ、これらについての勉強会を行っていくことになりました。



owasecci at 09:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年07月27日

尾鷲市新生ビジョン策定会議

尾鷲市新生ビジョン策定会議 ・ 熊野古道センターの活用を考える会

  −要望書提出−


 当所の尾鷲市新生ビジョン策定会議(玉本純生委員長)と熊野古道センターの活用を考える会(宮田拓委員長)では、約3ヶ月間にわたる集中審議の結果を取りまとめ、尾鷲市新生ビジョン策定会議の要望書を6月7日(火)に三ツ矢代議士へ、熊野古道センターの活用を考える会の要望書を6月27日(月)に野呂三重県知事へそれぞれ提出しました。
 又、これたの事業実行に必要不可欠な存在である尾鷲市と尾鷲市議会宛にも要望書を提出、今後の事業推進を強く訴えました。

<尾鷲市新生ビジョン策定会議要望事項(項目のみ)
 \こΠ篁嵯野古道の保護管理
◆〃野古道センターと地域振興ゾーンとその周辺施設を活用したまちづくり
 須賀利地区・三木里地区・梶賀地区の開発
ぁ“鷲港・港湾問題
ァ/諭κづくりの整備と交流人口増加策への支援


<熊野古道センターの活用を考える会要望事項(項目のみ)
 .フェテリアの計画変更
◆〃野古道センター周辺の用地取得
 熊野古道センターの運営費及びセンター館長任用
ぁ|楼菴橋愁勝璽鵑任慮費補助金の有効活用
 

owasecci at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月20日

部会開催状況

商業部会
 商業部会(山下行康部会長)では去る6月24日(金)開催の部会において今年度の事業計画について協議しました。昨年度から継続事業として熊野古道来訪客向けの事業や新しい販売方法の研究を続けていくこととしました。又、例年の各種セミナー開催の他、他地域の商工会議所との懇談なども実施していくこととしました。

工業部会
 去る6月14日(火)に工業部会(宇利圭史部会長)を開催し、今年度部会事業計画等について審議いたしました。今年度の工業部会の事業計画として工業振興策(紀北交流拠点施設の建設促進・海洋深層水事業の整備促進・尾鷲港湾整備や道路整備の促進)視察研修事業、エネルギー(メタンハイドレード)問題について取り組んでいくことが決まりました。
 視察研修事業については、他部会等と共催により岐阜県内の温浴施設や奈良県の道の駅等の視察を9月頃に開催いたしますので、その節は是非ご参加下さいますようお願い申し上げます。

観光サービス業部会
 6月22日(水)、今年度第1回目の観光サービス業部会(仲本捷男部会長)を開催、事業計画について種々検討。第55回おわせ港まつりへの協力や接客セミナー・視察研修の開催について話し合われました。
 特に港まつりについては、おわせ港まつり実行委員長より協力の依頼があり、観光部会としても協賛金集めを中心に諸準備も含め協力をしていくことが決まりました。

水産部会
 6月21日(火)水産部会(北村徹部会長)を開催し、本年度事業計画、並びに外国人研修生制度について協議いたしました。
 事業計画として「海洋深層水」をテーマとしたセミナーの開催を計画。外国人研修生制度に関しては、外国人研修・技能実習制度等の説明の後、この制度に関する幅広い意見交換が行われました。

庶業部会
 6月24日(金)庶業部会(仲芳秀部会長)を開催。本年度の事業計画であるパソコン教室、視察研修、セミナーの開催について協議。
 パソコン教室については初級もしくは中級レベルのエクセル教室を開催することになりました。視察研修については他の部会等との合同も考え検討。その他、健康をテーマにしたセミナーを開催することとなりました。

交通運輸部会
 去る6月20日(月)交通運輸部会(奥村典生部会長)を開催し、平成17年度事業計画について協議しました。
 活動内容としては、物流生活面から見ても一番関心の高い高速道路紀勢線三瀬谷ICの視察研修や国道42号線矢ノ川の橋が大型トラック等がすれ違う際、大変危険を感じるため拡張要望を行っていくことになりました。

金融部会
 去る7月1日(金)当初金融部会(畦地守部会長)が開催され、今年度部会活動について審議いたしました。
 今年度の事業計画は、部会印資質向上研修として経済講演会を開催し、また、視察研修事業についても実施することが決定いたしました。その他金融に関する事業があれば適宜開催していく旨審議されました。

林産部会
 去る7月14日(木)林産部会(田中聰臣部会長)が開催されました。
詳しくは後ほど・・・。





owasecci at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)