Bitter Sweet Quilt

本と手仕事が好き。


昨日の画像では「子羊の尻尾のステッチ」の可愛さが
ちーっともわからないと思って
マクロレンズで迫ってみましたよ。

IMG_8272


いつもより画像も大きくしたのですっ。
でも....撮影の腕が悪くてすみません.....
.....これでも...伝わりませんね....すみません。


モノトーン系の男前な毛糸で靴下を編むとき
このステッチを使って可愛くしたくなるのです。
ズボンの裾で隠れて見えない靴下のカフが
こ~んなに可愛くて.......うっふっふ。









参考書 WENDY D.JOHNSON著 SOCKS FROM THE TOE UP
「SHORT-ROW TOE AND HEEL BASIC SOCKS」
    WENDY D.JOHNSON著 TOE-UP SOCKS FOR EVERY BODY
毛糸だま 2015年春号 №165
三國万里子著 「編みものともだち」 文化出版局

糸: OPAL毛糸 Sweet & Spicy  6753 Wacholder
針: 輪針 addi 2.25mm/80cm カフ 2.75mm/80cm





靴下28号の足首のところ、
子羊のしっぽのステッチに決めました。


IMG_8264


ステッチがふくふく太って欲しいので
針のサイズを 2.25mmから2.75mmに上げました。

靴下7号のときには2.5mmの針で
可愛いポコポコの尻尾ができたのですが....
糸が固い感じがして尻尾が固く小さな感じになりました。
ひと工夫してみようかと
4目で作る尻尾を5目にして
ちょっと長めにしてみることにしました。

靴下が完成して洗って仕上げると
尻尾がふっくらするかも知れません。


このステッチは
「編みものともだち」という御本で紹介されていて
それを参考にして
ぐるぐる輪編みにするようにアレンジしています。







参考書 WENDY D.JOHNSON著 SOCKS FROM THE TOE UP
「SHORT-ROW TOE AND HEEL BASIC SOCKS」
    WENDY D.JOHNSON著 TOE-UP SOCKS FOR EVERY BODY
毛糸だま 2015年春号 №165
三國万里子著 「編みものともだち」 文化出版局

糸: OPAL毛糸 Sweet & Spicy  6753 Wacholder
針: 輪針 addi 2.25mm/80cm カフ 2.75mm/80cm





昨日、牛のスネ肉がお安く手に入ったので
久しぶりにビーフシチューを作っています。

昼前から煮込んでいまして
火の番をしながら編み物をしていました。

靴下は両足ともかかとを終えました。
Edenも少し進みました。





焦げ付かせないように
お鍋の底に気を使います。
お肉が崩れちゃうのでかき回すのは厳禁で.....



煮込むだけじゃなくて
煮詰めるところまで頑張らないと~。


今夜はとびっきりのビーフシチュー!










アレもコレもどーするのか?と思うのだけど
特別に気に入っているOPAL毛糸で
上着を編めないものかずっと思案していました。
毛糸はセールのときに確保してありまして。

海外のパターンですと
LLサイズなんてお子様?みたいな
凄いサイズ展開のデザインが多々ありまして
編みやすそうに見えるパターンをば入手しては英語に悩む日々。

昨日、本気で編むつもりで
「Eden」というベストのパターンを眺めていて
意味不明だった二か所が
「まえたて」と「わきの下」の編み方だと思い至り
実際に編んでみることにしました。

途中で飽きてしまうかも知れないし
パターンを読み切れずおかしなことになっちゃうかもだけど
とにかく、毛糸を眠らせておくばかりじゃ勿体ないものね。

どのサイズで編むかについては...
ゆったり着たいので.......特大で.....


IMG_8261


裾から編んでいくのでも、
襟周りから裾に向って編んでいくのでもない
不思議な編みかたです。

ひたすらガーター編み!
せっせとW&T!






Eden   /  DROPS 134-4     (DROPS Design のフリーパターン)
糸: OPAL毛糸 フンデルトヴァッサーⅢ 3204
針: 輪針 3.5mm/80cm   






GW前に編み始めた靴下28号。
お出かけ先で待ち時間のあるときなどに
ちょっとずつ編んでいました。

現在、両足のマチの増し目を終えました。
片方は、かかとに入りました。


IMG_8258


両足の柄を揃えるつもりがなかったので
適当に糸玉を二つに分けて編み始めたら
惜しいことにほんの少しずれてしまいました。

ほぼ同じパターンで20足以上編んでいる靴下ですが、
足底のかかとの丸みを編んだり
かかとの立ち上がりを編んだりする部分は
パターンをしっかり見て、確認しながら編みます。
ちっとも覚えません。

パターンを覚えないどころか
ラップ&ターンのラップをするときの糸の回し方を忘れたりして
自分に呆れたりしています。






参考書 WENDY D.JOHNSON著 SOCKS FROM THE TOE UP
「SHORT-ROW TOE AND HEEL BASIC SOCKS」
    WENDY D.JOHNSON著 TOE-UP SOCKS FOR EVERY BODY
毛糸だま 2015年春号 №165
糸: OPAL毛糸 Sweet & Spicy  6753 Wacholder
針: 輪針 addi 2.25mm/80cm





アレルギーで散々だったまま一日を終えるのは寂しいと思って
昨夜遅く、カセ繰り器と玉巻器を出して
Hasukai Cowlのために取り寄せたマラブリゴレースを巻きました。


IMG_8257


カセの状態で染められた毛糸は玉に巻くと印象が変わります。
巻いて編み始めてこんなはずではなかった感で苦しくなって
お蔵入りってこともあります。

美しいカセを玉に巻くときはドキドキします。

今回のこのお色、巻いたらますます好きになりました。
まるで志村ふくみさんの紬を見ているみたいで....
編んだらどうなるんだろうなぁと楽しみに。





※ Hasukai Cowl 





今日はなんだかアレルギーが目にきちゃって
右の瞼が閉じないくらいに白目(赤くなっちゃってるんだがー)に
浮腫がでちゃって、
流れる涙を拭くのも怖いような状態で
痒いのと痛いのとで転がっていました。
目がこんなだとお昼寝も満足にできないのね。
軽い喘息も続いているし
なんだか良くわからないモノに反応しちゃってるようです。

目がこんなだと編み物は捗りません。
でも、セールで買っちゃった毛糸は届くのよ。ふっふっふ


IMG_8256


ベビーアルパカの200gコーン巻。
お試しで取り寄せてみたんだけど
ぬるっとするほどに滑らかな糸でね~。
追加でポチっとしちゃいました。(カーディガン、編みたい!)

マラブリゴレースは Hasukai Cowl用に。
もっと紫がかってると思っていたんだけど
これまたいい具合に良いお色で....
編んだ時にどんな色になるのかはわからないけど
とても楽しみです。






※ Hasukai Cowl 




↑このページのトップヘ