Bitter Sweet Quilt

本と手仕事が好き。


昨日で亭主のお盆休みが終わり。
今日は母と私の内科受診。
母のお薬があと三日分しかないので
なんとしても今日受診しないと。

かかりつけ医、土曜日曜はお休みじゃなくて
月曜木曜が休診日になっています。
以前は土日受診できるのはありがたいと思っていたのですが
母がディサービスを利用するようになったり
コロナ禍でワクチン接種の都合で午後の診療が原則不可になったり
日曜は当番医になったり、発熱患者を診ることが多いとかで
受診を遠慮してほしいとかなんとか
あれやこれやの事情で、母を連れて受診しなくてはならないとき
病院のスケジュールに合わせるのがつらくなっています。
母に関してはかかりつけの病院を変えたほうが良いのかも知れません。

この一年ほど悩み続けていますが
まだ具体的にどうすべきか決めていません。
かかりつけ問題はさておき、
とにかく、昼前に母を連れ出すのに成功して
内科受診済ませてきました。
お盆休み明けなので大混雑を予想していたのですが
とても空いていましてラッキーでした。
患者の皆様、お盆前に前倒しで受診なさったようです。えらい。

あとは....夕方、薬局にお薬を受け取りにいかねばなりません。
これが、あ~、どっこらしょ....と声が出てしまう。
腰が重いのよ。
用事が一回で済んでくれれば言うことなしなんだけどね、ぶつぶつ。

すみませんねぇ。
ぶつぶつの垂れ流しで。



国民の休日「山の日」のおかげで
お盆が早く始まるような気がします。

猛暑だったり雨降りだったりして
お墓の掃除が済まないうちにお盆が来ちゃった....

昨日は亭主の実家のお墓参りに行きました。
新型コロナの影響で親類の訪問は避けてお墓参りだけ。
今日はうちのお墓参りに行きました。
昨日も今日も日中は雨が上がっていたのでホッとしました。

昨夜などは暗くなってから土砂降りになって
9時過ぎからは落雷。
稲光と雷鳴で落ち着かずベッドに入って本を読んでいました。

空模様の不安定はまだまだ続くようです。
今のところ我が家近辺は
大雨による大きな災害は発生していませんが
県内では河川の氾濫などがあり
亭主の会社には応援の要請が来ているようです。
お盆休みが切り上げになるかも知れません。

お天気が目まぐるしく変わり
私の体調もあまり芳しくなくて
時々ぐるぐるめまいがしています。
寝込むほどではなくてすぐに治まってくれるのだけど。いやだー




昨日も今日も雨。
それが災害級の強い雨が断続的に降っていて
家の中は蒸し暑く、気圧の関係か頭が重いです。

昨日は母をディサービスに送り出した後
母が帰宅するまで
タティング用のボビンに糸巻きをしていました。

今扱っている絹糸が
ひどく捻じれやすくて扱いにくいのです。
糸巻きの時に丁寧に捻じれをとっておくと
結うときにスムーズですし、きれいに結えます。
この捻じれをとるのをテキトーにやっちゃうと
結っているときに頑固な小さな瘤ができちゃったりして
この瘤のせいで糸を切る羽目になったり
瘤をどうにかしようと爪を痛めたり糸を痛めたりします。
すべてのレース糸や絹糸が
こんなに捻じれやすいわけじゃなくて
それは製造上の理由なのか縒りの問題なのか
良くわからないけれど
たまにこんな糸に当たることがあります。
とにかく、モチーフ制作に必要なボビンの糸巻きは終えました。

雨、早く通り過ぎて欲しいです。
暑すぎたり雨だったりで
お墓掃除になかなか行けなくてさ。









今日は母のお薬をもらいにちょっと遠出をしました。
お盆前だったり面会の方々も多かったようで
病院はとても混んでいました。

帰り道、農協系のスーパーで野菜を購入したり
ショッピングセンターでお買い物をしたりしました。
猛暑が戻ってきまして留守番の母が心配でした。

案の定....私が家に帰りつくと
母は、ブレーキのかかった押し車(通称ババグルマ)を
庭と駐車場を仕切る縁石に引っ掛けてガタガタしていました。
わざわざ炎天の庭(西側)に押し車を持って行って
日向ぼっこを堪能したらしいです。
(自殺行為としか思えない.....)

猛烈な暑さで(こちらでは30度超えると猛烈、という)
家の中も28度超え。
母は外は風があるから涼しいと主張するのですが
涼しい風なんか吹いていません。

とっととエアコンを駆使して母の部屋を涼しくしました。
が、こちらを閉めればあちらが解放され
部屋が涼しくなっても外で遊びたい母はふらふらと外にでる....
母を熱中症から守ろうとすると胃に穴が開きそうになる、です。マジです。

そんなこんなのドタバタのなか
夕ご飯の支度が済まないうちに母が眠い眠いと騒ぎだし
とにかくできているものから並べて食事をしていただいたり
食事中に放浪する母を監視しなくてはならず
お玉を振り回して心の中で叫ぶ、じっと座って食えー----っ。


そんなドタバタな一日でしたが
ショッピングセンターでふと目についたガチャポン。
ムーミンパパの幼馴染のガチャがありまして。

20220808_193223

ロッドユール。スニフのお父さん。

息子が小さかった時、
ゲームを始めるときにプレーヤーの名前を決めるのですけど
素敵な名前がいいねぇと相談して
ムーミンの本から登場人物の名前を列挙しているうちに
息子がロッドユールがいいといいました。
以降、いろんなゲームでロッドユールという名前を使いました。
息子がかかわりのないゲームでも私がよく使いました。
ロッドユールのことを思い出すたびに
小さかった息子と遊んだあれこれのことが思われて。

ガチャポン、一回でロッドユールが出てきてホッとしました。
ヨクサルもムーミン(若いころのムーミンパパ)も欲しかったけど
また回すとまたロッドユールが出てきそうで、がまん。
いいの、ロッドユールが一番欲しかったんだから。





しばらく夢中になって遊んでいた
「風来のシレン5+」ですけど
とあるイベントで膠着しています。
はじめは出現するアイテムの善し悪しというか
運が巡ってこないせいかと思い込んでいたのですが
それは大きな間違いであるとわかりました。
ダンジョンの道中で拾うアイテムや武器防具を
最大限に活用していくスキルが不足しているのでした。
これはまじめに取り組まないとダメなんだなーと
しみじみ理解したところで
気持ちよくタティングに戻ってまいりました。をほほ
それに、OPAL毛糸のほうも
毎年楽しみにしているシリーズの発売が相次いでいて
ソックヤーンの楽しさにウキウキしちゃってます。


ということで、今週末はショールのためのモチーフを結っていました。
今回は正方形を目指すということで
なんとなく、17列×17段 289枚 を目標にしていました。
これは本当になんとなく、です。

今日は黒い絹糸で結ったストールを引っ張り出してきて
正方形にするとしたらどのくらいの大きさが良くて
それは一列に何枚のモチーフが並ぶのが好さそうか
具体的に考えてみました。
制作を始める前にやるべきことなんですけど
必要なモチーフがたくさんなので
モチーフを結いながら考えようというヒジョーに軽い気持ちで
取り組み始めているわけで、すみません。泥縄式です。

で、正方形の場合
125㎝~140㎝四方くらいの大きさが扱いやすそうで
そうなると、12列×12段か13列×13段くらいで良さそうでした。
....ってことは  13列×13段として  モチーフは 169枚。


あらまー!
最初にざっくり考えた枚数って、大風呂敷だったのねー-。





《13番のショール》
藤戸禎子著 タッチングレース 日本ヴォーグ社刊
糸のきんしょう 絹穴糸
クロバーボビンシャトル
Handy Hands Dreamlit Shuttle
ピコゲージ φ2.5mm

モチーフ 108/289    → 108/169




靴下に関しては4月以来の更新になってしまいました。
タティングにかまけていて
靴下のほうは全くの手つかずです。ごめんなさい。

今日は家の電気関係の工事があって
朝から夕方までいろいろ忙しくて
タティングをしてもヒドイ間違いばかり繰り返すので
こちらは諦めて、工作をして遊ぶことにしました。

何を工作したかといいますと、
靴下を編むときに便利な「ソックルーラー」の手作りです。

履き口から編む場合は、かかとが始まるまでの長さを測定、
つま先から編む場合は、履き込みの長さを測るための定規です。
昨年あたりからチラホラと手編み靴下界隈で見かけるようになりました。
米国密林あたりでは棒針ゲージと兼用のルーラー(樹脂製)があるのですが
商品より送料が高額で、しかも、現在のレートでは個人輸入には踏み切れず
木製の商品はいくつかあっても売り切れ続出&高価。

実は私はこれをボール紙で作っていまして
それが便利ではあっても寂しいのでして思案していました。

先日片づけ物をしていたら、
ミトンをブロッキングするために作った合板の板が出てきまして
これがソックルーラーにいい感じのサイズでした。

IMG_9516

今日の工作は、板の先端の山形部分を削って磨いて
靴下のつま先型にすること。
それから、目盛りを書き込むこと。

目盛りのところ、自分の字は避けたかったので
太古の製図用具でレタリングを試みたのですが
万年筆用のインクしか持ち合わせがなく
これだと板に書き込むと滲んで滲んでどうしようもないことが判明。
仕方なく細書きのマジックで手書き....痛い。

IMG_9518

とりあえずは使えることは分かったのですが
あまりに痛いので、密林で20センチの定規を探しました。
ここは大見栄を切りまして「㎝とinch」のダブル表記の定規で
これをこの板の裏側に貼り付けようという寸法です。
この定規、すぐ届いてほしいのですが
お安くて送料もかからず大陸から届くとのことで
忘れたころに届く予定になっています。
早く早くといったところで
まだしばらくは靴下の成長は見込めないので
いいじゃないか、といったところ。

家の中がドタバタしているときに
リューターを持ち出して板を削ったり
太古のレタリング技術を復習したり
なかなか楽しゅうございました。

ボール紙のソックルーラーを作る前は
20㎝の竹定規でマチの増し目を始めるタイミングを計っていました。
これが、編地を撫でて撫でて平らにして
物差しを当てるたびにあと何段編むべきか狂ってくるのでして
とても面倒だったのです。
物差しそのものはレトロで可愛いし
持ち運びにも便利なので
モバイル編みのときにはまだまだ利用します。

ああ、合板ではなくて無垢の板が欲しいわぁ。
3ミリくらいの厚さの無垢板....欲しいなぁ。
素人の工作の悲しいところはこの素材の入手が難しいってことですかね。




参考書 WENDY D.JOHNSON著 SOCKS FROM THE TOE UP
          「SHORT-ROW TOE AND HEEL BASIC SOCKS」
    WENDY D.JOHNSON著 TOE-UP SOCKS FOR EVERY BODY
            Socks  a la carte 2, Socks  a la carte
    西村知子翻訳 棒針編み大全 グラフィック社
    いちばんわかりやすい棒針編みの基礎 日本ヴォーグ社

糸: OPAL毛糸 ビリジアンシリーズ 7957 
針: 輪針 addi NOVEL 2.5mm/80cm
  

  


昨日は決心して毛布を一枚洗濯したところ
どんどん晴れ間が広がって気温も上昇。

これはチャンスだ!と
大判バスタオルやタオルケットや母の衣類を洗いました。
どんどん乾いてくるので有難い!と思ったのですが
乾ききらないうちにまた雨模様。

天気予報では夜から雨ということだったので
乾ききらなかった毛布やタオルケットを
食堂の椅子を並べて椅子の背にかけて干すことにしました。

夜半に雨音が激しくなって
明け方には雷を伴った豪雨になりました。
雨音が激しくてよく眠れませんでした。

北東北では激しい雨に見舞われていて
河川の氾濫や土砂災害の危険が迫っているようで
避難指示の出ている地区も出ているようです。

亭主を送り出すころには小雨になっていましたけれど
今日も断続的に雨が降り、
夜から明け方にかけてまた豪雨に警戒が必要とか。

明日は電気関係の工事の予定があって.....
明日に備えて今日は家の中の片づけやら
お買い物が必要なんだけど....
どうなることやら。





↑このページのトップヘ