Bitter Sweet Quilt

本と手仕事が好き。


三連休はゆっくり過ごしました。
先日の風邪の後遺症がまだちょっと残ってるので助かりました。



タティングでは
Mary Konior の Tatting with Visual Patterns  から
ブックマークをちょっとアレンジして
モチーフを一枚だけ結ってみました。



IMG_8136

国産40番レース糸を使っています。
繋ぎ忘れたピコをこそっと縫い留めたりしてあります。えへへ


このあと、マジックミラーを使って遊びました。

IMG_8138


IMG_8140


鏡って楽しいね。






藤戸禎子先生の「タッチングレース」日本ヴォーグ社刊から
モチーフを編んでみました。
御本ではシルクのショールになっています。


IMG_8134

黒のモチーフ2枚は1段目だけ結ってみたもの。
魅力的なモチーフで、真ん中のが手のひらサイズです。


左 ピエロ ル・コットン#50
真ん中 ナスカ ロイヤルプチ 40番生成り
右 ミルフローラ#40 黒

ル・コットンは縒りの甘い柔らかな糸で、
編み目が良く見えないために
私の腕では綺麗に編むのは難しそう。

ミルフローラは滑りが良くて素敵な編み心地でした。

ロイヤルプチもとても編みやすかったです。
3年位前に使ってみてタティングには向かないのではと
ノートにメモしてあったのですけど.....
(こういうことが良くあるので、自分のメモは信用できない)


今回はツノ付きの普通のシャトルを使いました。
このモチーフはピコが小さめなので
ツノでのピコつなぎがうまくいかないことが多くて
ピコつなぎにはかぎ針を使いました。

普段はボビン式のシャトルを使うことが多いのですけれど
昨日、ボビンを収納している缶をひっくり返す事件があって
「た、たまにはツノ付きのシャトルを使おう」と思ったのでした。


ボビン式シャトルはとても便利ですけど
難点は、シャトルのメーカーが違うと
ボビンも違ってくるのでありまして.....

特徴のハッキリしたボビンならぶちまけても仕分けは簡単ですけど
透明なものだったりすると、エライことになります。


IMG_8125


しまいにはノギスを持ち出して仕分けしました。
ノギスがこんなにありがたいお道具だったとはねぇ。
(なぜかお裁縫箱に常駐しているノギス.....)

ってか、ボビンがたくさんあり過ぎなの
それが問題なのっ




終わりが見えてきたところで
ミスが発覚して脂汗タラタラ出てしまったドイリー。
編地を少々荒らしながらもどうにか修正ができました。

危うく制作放棄しそうになりましたが
ここまで来たらもう、とっとと終わろう!と頑張りました。


IMG_8129


ピン打ちしてスチームで仕上げれば
もっと大きくなるかも知れませんけれど
ピン打ちをしにくい外周の形で、編みっぱなしです。
この状態で直径48cmくらい。


IMG_8128


基本的な楕円のパターンの繰り返しです。
つなぎ方の変化で色々が表情が出るのが驚きでした。
同じ本に、このパターンを使ったミニマフラーも掲載されています。
基本のパターンが同じだと後から気づいて、また驚きました。


ドイリーの重さは32gでした。
なるべく無駄が出ないように気を付けましたが
3gほどの糸屑が出ちゃいました。



編み終える前に次のことを決めておくつもりだったのに
トラブル発生が引き金になって
勢いで終わらせちゃったので
またまた次のことを決めていません。


また楽しく迷いましょうかね~。






 *藤重すみ著 「優雅なタティングレース」 日本ヴォーグ社
 作品番号25 ドイリー
 
使用糸 オリムパス金票#40 色番731    32g
直径48cm





お腹に直撃する風邪でダウンしていました。
お腹は二日ほどでどうにかなりましたが
頭痛が酷くて難儀しました。

昼も夜も良く眠りましたが
タティングの夢ばかり見ていました。


藤戸禎子先生デザインの「6番のドイリー」を
真っ白な100番の糸で結おう!と決意したり
黒い絹糸でショールを編み始めるところだったり
それはそれは本当の夢なのでした。


少し元気が出てきて
さて、このドイリーを早く終わらせて次のことを...



IMG_8123


最終段、あと二模様で終わりというところに差し掛かったのですが、
前の段で花びらがひとつ余計だったのが発覚......



こ、これは.......だ、大手術をしないと修正できません.....
最終段を連結する前だったら少しは楽だったのにのにのに.....


しばらく気分転換が必要かも。





 *藤重すみ著 「優雅なタティングレース」 日本ヴォーグ社
 作品番号25 ドイリー
 
使用糸 オリムパス金票#40 色番731
5段目 直径35cm、 6段目 進行中




昨日の午後からお腹の調子が悪くなっちゃって
明け方まで悪寒がして御不浄に飛び込むってのを繰り返していて
よく眠れませんでした。


今日もお腹の調子は良くなくて
しょうがないので転がっているうちに
熱が出てきました。


あ~、お腹にくる風邪かも。


引き続き、転がることにします。ゴロゴロ
お腹もゴロゴロ.....







今日は母を整形外科に連れて行く日。


母の通院のとき重要なのは
「保険証・診察券」
「お薬手帳」
「補聴器」を忘れないようにすることです。

出かける前のチェックで
母は補聴器をしていなかったのです。
あ、忘れていたと母は補聴器を取りに行ったのです。


でも.....補聴器をするために椅子に座って、
そのあと補聴器のことはすっかり忘れたようでした。


保険証もお薬手帳も
忘れたら忘れたでどうにかなるのですけれど
補聴器は困ります。危険です。


母が補聴器を忘れていたのだと判明したのは帰宅してからで
病院とその帰りのお買い物中の
あれやこれやそれやの悶着は......補聴器をしていなかったからだったのね。


帰宅後、思いっきり脱力しました。











ふたつのシャトルで結うドイリーです。
もう慣れてしまって
こちらがA,こちらがBという区別をしなくても結えるようになりました。

最終段も中盤。
飽きる前に終えたいなぁ、
終える前に次に取り組む作品を決めたいなぁと思っています。


IMG_8122


先日たくさん糸巻きしたボビンのストックがあと3個。
私にしてはハイペースで糸を消費してるかも。









 *藤重すみ著 「優雅なタティングレース」 日本ヴォーグ社
 作品番号25 ドイリー
 
使用糸 オリムパス金票#40 色番731
5段目 直径35cm、 6段目 進行中



↑このページのトップヘ