FFS理論とてもユニークなキャラクター分析手法だと思うのですが、

兄弟構成から分析する、性格&コミュニケーション分析も、これまた、とっても、ユニークで思わず納得してしまう分析です。




それは、以下の4つのタイプに分けた分析です。

①長子(兄弟の一番上)
②末子(兄弟の一番下)
③中間子(3人以上の兄弟の長子、末子以外)
④一人っ子(兄弟がいない)


①長子は、両親にとって最初に子であることもあり、親からの期待や注目、プレッシャーが降り注ぐ、
それでいて、下に兄弟がいるため、おっせいな側面があります。このため、

・責任感と自尊心が強い性格で、価値観としては、やるべきことをやるタイプ。
・チームワークにおいては、自分がやるべきだと思っているため、人が育ちにくい
・ピンチには、意外ともろい

②末子は、上の兄弟に比べると、親からの期待、注目は下がり、下には、兄弟がいないためマイペース。そのためノリと愛嬌のアイドルタイプ。

・価値観としては、やれそうなことをやる。
・チームワークにおいては、
結局誰かがやってくれるとおもっているため、人が育つ
・ピンチには、見て見ぬふりをする

③中間子は、上にも、下にも、兄弟がいるので、要領のよさと、おせっかいの側面を併せ持ち、また、
目立ちたがり

・価値観としては、みながやらないことをやる
・チームワークにおいては、誰かがやるべきだと思っている
・ピンチには、張り切る

④一人っ子は、兄弟がいないため、基本はマイペース

・価値観としては、やりたいことだけをやる
・チームワークにおいては、自分のことだけやりたいと思ってる
・ピンチには、気づかない

なんとなくは、わかっていたものの、すぞくよく整理されているので、思わず納得。

実際、友人を当てはめてみると、意外とあたっている!?

相手のキャラクターを理解して付き合うと、さらに、よりスムーズなコミュニケーションになりそうですね~

(株)オーナーズブレイン 小泉大輔