April 2008

April 29, 2008

HAPPY! @042508

HAPPY! @042508
もっともっと綺麗になーれ!


Mental Remedy - The Sun, The Moon, Our Souls
いいと思ったので何度でも紹介する!

oxoxoo at 00:02|PermalinkComments(0)

April 28, 2008

Perfumeの口パクとPink Floyedの便所ギター

こういうタイトルをつければアクセス数を稼げるんですね、わかります。
本当はもう少し長いタイトルで「Perfumeのライブでの口パクを許せない奴はPink Floydのライブでの便所ギターを許せない奴」っていう決め付けなタイトルを思いついてた!
Pink Floydの便所ギターってのは30〜40年くらい前の音楽ゴシップ誌のネタってことだけ昔に聞いた。


このネタについて面白く書ける人いないかな!

oxoxoo at 23:50|PermalinkComments(0)

April 23, 2008

カエラジ @042308

いまの状態が本当に「風が吹いている」ということなんだろうね。
カエラジジャックしちゃった。


今日、なんとなく渋谷行ってきたー。
HMVはポスター発見できず!TSUTAYAはサインなしのポスター。
タワーで非常にプッシュされてた。

HMVのカドのショウケースの部分がPerfumeだったのに今日見たらAYUSE KOZUEになってて消費社会を痛感した。


しょうがないので二郎で小豚W野菜油マシ食って帰ってきた。

oxoxoo at 00:57|PermalinkComments(0)

April 22, 2008

HAPPY! @041808

HAPPY! @041808
ブーブー
ぶたさんの絵がかわいい!しかもなぜか輝くぶたさん!




ちょっと音割れてるけどATCQはいいな。

oxoxoo at 14:23|PermalinkComments(0)

April 20, 2008

渋谷にPerfumeが居たらしい。

その頃仕事中でした。
帰りの電車で知ったのでしょうがなかったのでPinoのパックを2個買って帰って一箱食いましたとさ。

火曜にでもサインは確認しにいこうか。
土曜は抽選会引き換えのために渋谷に居ました。
店頭で引き換えしてたのでめちゃくちゃ恥ずかしくて汗だらだらに!
フラゲ日にタワーで初回、土曜にHMVで通常を買ったので二回引いてポスター一枚だけゲット。
ぶっちゃけポスター持って渋谷歩くのは恥ずかしかった。涙目になりながら歩いてたよ!
そのままUNION行ってポスター隠したまま五枚買って帰りましたとさ。


なんでもいいけどPerfumeを見かけたらのっさんにiPodを押し付けようと思ってる。
なんでもいいけどやっぱりWhen Can Our Love Beginは名曲。

oxoxoo at 22:40|PermalinkComments(2)

April 19, 2008

TLCとPerfume

TLCPerfume
TLCの方は最初から売れてたけど、やっぱり似ているかもしれない。
クリスタルが解雇されてチリが加入、かわゆかが別スクールに入ってのっさん加入とか。
2nd Album発売されたからTLCの年表で言うと3曲シングルカットしてアルバムが売れてグラミーだね!

oxoxoo at 09:24|PermalinkComments(0)

Perfume - Game (追記)

主にはてな関係の感想を見て回った。ちょっと批判的なのもあって面白い。

2.plastic smile
ウッウーウマウマへのカウンター。
すぐに1.25倍速のspeed cake mixが出そう、とか思った。

7.セラミックガール
最初タイトル聴いた時、初音ミクへのカウンターで「テラみっくガール」だと思ってた。
歌詞の「作り物じゃないでしょ」もPerfumeは初音ミクと違うんだよって意味に捉えた。

8. Take me Take me
どこかで聴いたと思った音はPushimのLike a sunshine, my memoryのEOL Mixだった。
着替え中のInterludeとしてIntroを3分くらい引き伸ばして使ってほしいな。
っていうか、エレベーターInst.と合わせて二回着替えが可能ってことか。

9.シークレットシークレット
Pinoが冠スポンサーだから、Tourでは一曲目だろうね。
もしかしたら二回やってもいいかもね。
MVのスタジオが$升みたい。このMVの監督はそういうところも狙ってそうだ。
非常に入念に丁寧なリサーチがなされていると思った。
MVは監督がパーマン世代かな、と思った。スイッチが鼻にあるんじゃなくってピノを食べさせることによって動くコピーロボット説。

10.Butterfly
多分、Tourでは着替え後の最初の曲になればすげえかっこいいんじゃないかな?
Detroitっぽい感じがほんの少し含まれてるせいかそういうの好きな人に人気な感じ。


評価とかなんかできないな。正直、よくわからん。
一緒に聴いてる曲がほんとに良すぎて評価基準を破壊してる感じ。
だから普通って感想。居酒屋入って「とりあえず、生」って気分のアルバム。
ここまでエントリー書いてるってことはハマってるってことなのに何か実感がない。
なんだか、中田ヤスタカが各方面への謝辞としてのアルバムに感じた。
本当のオリジナルアルバムは次なのかなーと。


ただ、このアルバムでPerfumeがデイリー1位になったっていうのはすごくうれしい。
最近のPerfumeの活躍を見るとPerfumeのスタッフはネットを非常によく注視してるね、って感じた。
そしてネットの声を敏感に取り入れてるね、と思った。

oxoxoo at 01:07|PermalinkComments(0)

April 18, 2008

最近

もっさんの「これが普通と思っちゃだめだよ」というセリフをよく思い出します。

oxoxoo at 21:52|PermalinkComments(0)

April 16, 2008

Perfume - GAME

「コンプリートベストが緩やかな死だとすると、GAMEは目覚しい生である」
前作のPSPS〜wonder2への流れと今回のポリ〜PPPLへの流れは単純に比較すると死と生である。

1.ポリリズム
イントロなアッパーな感じ。ポリループ部分でガツンと印象付ける。

2.plastic smile
ME&MYとかswedish techno popな感じ。Perfumeへの落とし込みは面白いと感じた。
Speed Cake Mixとか出るといいね。というか125%にして聴くと笑った。

3.GAME
表題曲。ジャスティスとかあの辺。良く知らないクラブミュージックな辺。
世間的な踊れる曲とはこういうことを差すらしい。
個人的にはMusic辺りのMadonnaを思い出す感じ。

4.Baby cruising Love
マトモに聴いたことなかった。中田ヤスタカもいろいろ考えてることが伺える曲。
ラストのブレスはテレビの映像でもやってたが、ちゃんと入ってたんだ。

5.チョコレイト・ディスコ
何度も聴いた曲。この曲だけやはり中国っぽいフレーズだ。

6.マカロニ
マトモに聴いたことがなかった。なんだろう?カヒミ・カリィとかPizzicato Five辺りにもなりたい感じ?

7.セラミックガール
サビ部分のみ何度も聴いた曲。よく聴くとSeventh Heavenと同じようにコンガの音が入ってる。
この曲を聴いたときに思ったのがいままでのPerfumeへの卒業ソングだと思った。

8.Take me Take me
この入り方、どこかで聴いたことあるような・・・・。
珍しく歌部分が少なめの曲。ダンスメインの曲となるのだろうか?

9.シークレットシークレット
MVにて何度も聴いた曲。映像があるとやっぱり破壊力高いよねーと。
全く関係ないけどHouse MusicのHip Hopのように売れなかった最大の点は映像を伴わなかったことだと痛感した。
新しいPerfumeこんにちは。緩急がしっかりしてる。
この感じがこれからの基本フォーマットかな?

10.Butterfly
今回一押し、URなAmazon的イントロから始まる曲。
タイトル曲を連呼するのはChip E.のIt's Houseにおける手法を思い出させる。
この曲が一番長い。一番近未来Perfumeかな?
曲としてはベースラインとかはなんかレイブ系、ジュリアナ系、ゴールド系の曲な感じで懐かしい。
Kevin Saundersonとかこんなベースだったよね。

11.Twinkele Snow Powdery Snow
何度も何度も聴いた曲。ダンスパフォーマンスがやはりすばらしい。
しかしアルバム中で聴いていくと「もう終わったの?」と思うくらい短い。
腹八分目どころか腹五分目くらい。1.5倍くらい聴くと納得できる。

12.Puppy Love
Pが三つ入ってる。PPPってことか。
やはりカヒミ・カリィとかPizzicato Fiveな感じ。渋谷系っていうアレ?
あとは頭文字Pのもう少し有名な二人の女性な感じもした。
もう少し歌う感じにすると15年くらい前のアラニス・モリセットになりそうだ。

全体を通して人間には色々な側面があると表現したかったように感じた。
同時にそろそろ中田ヤスタカの手を離れる時が来たのかもしれない。
いろんなプロデューサーに任せてもいけますよーって感じ。

そして、Perfumeの色々な側面を色々な人間が聴いているという現状に合わせて
好きなカセットを取り替えて遊んでね、というテレビゲーム感覚なのだろうか。
中田ヤスタカのコンパイルの技術が高いと思った。

Seventh Heavenが入らなかったのはやっぱり「ってどんだけ」が流行語すぎたのかな?
Puppy Loveのツンデレーションは「積んでレーション」と強引に解釈した!
軍用食を積むのだよ。


久々に長文書いてみた。ただ、Mental RemedyのThe Sun, The Moon, Our Soulsが良すぎて
聴くだけで涙腺ボタンになってて割と冷静に捉えていたことを付記する。

oxoxoo at 02:03|PermalinkComments(2)

April 15, 2008

PPP041208@のっさん後記

PPP041208@のっさん後記
さらみっがー
昔から尊敬される存在だったんだね!
マスターのっさん。


JEPHTE GUILLAUME PRESENTS WILTRUD WEBER - BLUE AND DEEP
また非常にシリアスな音作りをしてきた。
Side BのDeepstrumentalを30分くらいに拡張して聴いていたい。
波に揺れるような感じ。っていうか、波のサンプリング音も入ってるし!
家で聴くモノじゃあないね。

oxoxoo at 08:18|PermalinkComments(0)