JPNツアーSpending all my time

June 30, 2012

魔法少女まどかマギカと少女革命ウテナ

やっとまどかマギカ観終わったので備忘録として残す。

やっぱりリアルタイムで少女革命ウテナを見てたせいか
どうしても比較対象として選んでしまう。

結論
まどかマギカは90年代のセカイ系の頂点である少女革命ウテナを再構築したものである。


94年にエヴァンゲリオンがあって、96年に少女革命ウテナがあって、11年にまどかマギカがある。
94年に庵野秀明が作ったエヴァンゲリオンを幾原邦彦が嫉妬してできたのが少女革命ウテナである。
少女革命ウテナをリスペクトして初期案として魔法少女黙示録まどかマギカとして書いたのが虚淵玄である。
なんだか、嫉妬してできたというのが90年代っぽくってリスペクトしてできたっていうのが00年代っぽい。

最終話のアルティメットまどかへの変身シーンは影絵少女を彷彿とさせるところや第一話のマミさんのマスケット乱れうちはアンシーへの100万本の憎悪の剣とかに見える。
多分、15年経って消化できて、やっとオマージュできる段階にきたものと考えられる。


そのほか、98年のserial experiments lainからきているとも見て取れそうな場面もあるので
やっぱりアニメのセカイも90s'リバイバルなのかなあと思った。

oxoxoo at 08:13│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
JPNツアーSpending all my time