昨年の3月10日、気仙沼のお寺での復興支援の音楽祭に出演しました。

主催は震災直後から茅ヶ崎と気仙沼合同で色々な支援イベントを行って来た「チガケセンプロジェクト」。

その時の様子は以前ブログでも書かせて頂きました。

あの夜大法要が行われた外の寒さや、震災当日の人々の苦しさを思って号泣した事を今でも思い出します。

あれから1年、経っちゃいましたね・・・。

その間1年前に比べると、私が被災地に心を寄せていた時間は1年前より確実に少なくなっています。

誰もが通常の生活に戻らねばなりません。

でも、戻れない人たちの事は忘れてはいけません。

被災地は沢山の問題を抱えているし、行方不明者もまだ沢山いらっしゃるとのこと。

福島の原発問題も遅々として進みません。

今年も先ずは被災地の方達に心を寄せ、微々たる力ですが、私も何かお役に立てる事をやりたいです。