おやイスト 子どもたちとともに…

子育ては、2歳・9歳・14歳がヤマ場!このヤマを乗り越えて、大人になっていくんですね♪ みんな素敵な大人になって、充実の人生の航海に、漕ぎ出していって欲しいですね♪ 子育てエッセンスとわくわく、ドキドキの体験情報を発信・企画していきます!

まもなく新入園、新入学の時期…。

そろそろ、新年度の新しい生活が
気になる皆さんも、多いことでしょう!


幼稚園や学校で、後れを取らないように…

我が子だけできない…という状態にならないように…




〇〇は、できてるかな?

事前に、お箸が使えるように…
文字くらい書けるように…

…って、子どもたちを〇×チェックしていませんか?

できていないこと、を探していませんか?



moji

初めに後れをとると、苦手意識がついてしまって
後々響くので…と気になって、
様々な教室からのお誘いのチラシやDM
届いたり、目につく時期ですよね…。

そして、ママ友の間でも、
あの子は、〇〇教室に行き始めたらしい…。
〇〇ちゃんは、ここまでできるらしい…。

そんな話が
出てくるようになりますよね…♪



うちの子は…⁉ ^^;


そんな風に焦りを感じているあなたに…

知っておいてほしいと思うのです!


母子


事前に教室行かなきゃいけないほど
日本の学校教育は、ダメじゃないのです!

文字の書き方、書き順などを教えるプロが
小学校の先生方
です。

ちゃんと習う時間があるんです!

小学校で教えてくれることを
早くから準備するよりも
それよりもっと大事な、幼稚園の時期に
もっともっとやっておくべきこと…に
注力した方が、子どものためじゃないのかな~???



いや、そもそも、
時期尚早の「お勉強」には弊害があるって
知っておいていただきたいな~と…。



それよりも、学校では習わない
さまざまな体験
をすること、

そして、入学・入園の準備として、
学校や幼稚園で、どんな楽しいことが待っているか
しっかりお話をして、
新年度の新生活に、希望が持てるよう
お話や言葉かけを
してあげてほしいなあと思うのです。


こちらの記事に、新入学・入園の子どもたちの
心の準備と、
「禁句」つまり、
言わないでおいたほうが
良いと思える言葉を、ご紹介しています!

あなたも、こんな言葉がけを、していませんか?

子どもたちのできないこと…よりも
保護者の皆さんの、子どもたちにかける言葉…を
チェックしちゃいましょう♪


同級生よりも先んじること、

同級生に後れを取らないようにすること、

逃げろ

…よりも大事なことがあります。



そもそも、そんなことを考え始めた時点で
お子さんたちが将来のコミュニティの中で
その力を発揮するために必要とされるマインドの
逆を行っている
…と言えるかもしれません…。


「学校」で学ぶ「お勉強」内容については、

ちゃんと、先生方のお話に
興味関心を持って聴いて


ある程度の論理性が身についていれば、

充分、授業を楽しみながら学んで
身につけることでしょう!



幼児期の習い事…について、
今月発行の、「えんじぃな」(広島リビング新聞社:版)
にて、少しお話させてただいています。

園などで配られていますので
お手元にあれば、ご一読いただけたらと思います。


また、こちらに入園・入学前におススメの絵本・本
ご紹介しています!


入園のための心の準備に関しては、
そのリンク先に詳しく書いていますので、
参考にしていただけたら幸いです!


幼稚園~小学校入学の時期
どのように過ごすか…は、
実は、思春期の子ども心にも
影響してきます。

そのことは、またの機会にご案内するとしましょう♪


大切なのは、準備をするために叱咤激励すること…
ではなく、

新たな冒険に旅立つ小さな小さなお子さんたちに
希望を見出させてあげること…
勇気づけてあげること…



そのためにできること…を、探してみましょう♪


ご相談、お問い合わせは、こちらまで!






 

産まれて間もない赤ちゃんの夜泣き…

出産された方なら、だれでも体験する大変な時期…。

赤ちゃん

昼夜ひっくり返ったかのように、
夜泣きする赤ちゃんに、
産後で、自分の体力もままならない、
赤ちゃんにはまだ慣れていない…
そんなお母さんたちは、へとへと…。

昔の人は、鶏の絵を逆さまにして壁に貼る…
なんて話も、聞いたことがあります!


鶏

気持ち、わかりますよね~!


お昼はすやすや…
夜に限って、泣いて起きる…


これ、実は、赤ちゃんが
おなかの中にいるときからの名残りなのだとか‥!!


…NHKスペシャル…
ママたちが非常事態!?
最新科学で迫るニッポンの子育て


…にて、レポートされていました。
(NHK総合テレビ 2月3日(水)AM 0:10 ~再放送 )

赤ちゃんは、おなかの中にいるときは
母体のエネルギーを使いすぎないように、
お母さんが起きて活動している最中は寝ていて
逆に、お母さんの睡眠中に起きているのだとか…。

なるほど~!

産まれて間もない赤ちゃんたちには
一日の生活リズムの名残りで、
昼夜逆転現象…となるわけですね…!


そう、夜泣きは、どの赤ちゃんにも
みんなあること

決して、お母さんの子育てに問題がある
…ってことではなく、ただ、
まだこの世界のリズムに慣れていないだけ…のこと♪

そう分かっただけでも、
ちょっぴり気持ちが軽くなりますね!



それにしても、おなかの中にいる間、
そんな風に、母体への配慮があるなんて!
良くできていますね♪


産まれて間もない時期の
この赤ちゃんと家族との睡眠リズムのずれ…
うまくみんなでカバーし合えると良いのですが…

現代の核家族社会では、なかなかそれも難しいですよね…。

特に、パートナーが遅くまで残業をする家庭では、
お母さんの孤立…が、ますます深刻に…。
(我が家もそうだったなあ~…)



女性ホルモンのひとつ、「エストロゲン」の分泌が
産後急に減少することで、
不安や孤独を感じやすくなることで
「産後うつ」の状態になりやすいし、

分娩の時に子宮を収縮させたり
乳腺を収縮させてお乳を出す作用のある
「オキシトシン」が大量に分泌されることから

愛情を高めるとともに、攻撃性も高めるため

育児に協力的でない…と感じるパートナーに対して、
イライラして、強いストレスを感じたり
離婚に発展することも、実は
子どもが2歳になるまでの時期に多いのだとか…。

…う~ん、なんだか身に覚えが…??? ^^;


では、お母さんのそんな攻撃性を弱めて、
イライラ解消につなげるには…?



悩めるお母さんへ寄り添って、
向き合って話をすること



なのだそうです!


パートナーの皆さん、おじいさん・おばあさん…
覚えておきましょうね♪


まずは、お母さんの心に寄り添って
話を聴く
ことから…!!


そして、産後孤独や不安を感じやすいことを前提
お母さんたちへの、ご家族やご近所、
社会のサポートの輪が、もっと広がると良いですね!





親族がほとんどいない都会の一角で
孤軍奮闘だったはずの、私の子育てを
とても楽しく変えてくださったのは

「子育て」の現状に対して、
20年以上前に既に「危機感」を持っておられた
元小学校教師の方の
地域での子育てサポート活動
…でした♪ 


私もそんな存在になれたら…と
こうして、子育てに対して
様々なアプローチをしてきた…というわけです。


その方をはじめとして、そんな素敵な情報を
私に授けてくださった方たちへの恩送り!

ご恩を返すのではなく、
先の世代へ…と送るのです!


孤独や不安を感じたら…

ちょっぴりだれかに声をかけてみましょうね!
納得できる答えが見つかるまで…♪



どこにも見つからなかったら
いつでもこちらから、お声かけくださいね! ^^








中学・高校と、放課後の部活動があったり、
「受験」を念頭に勉強していかなきゃいけない
忙しい時期を過ごしますが

その前に…

幼稚園・小学生期は、

「受験」というくくりにとらわれず
に、

色々学べる時間がある…はず…!!

 ※否、私の子育て期から既に、そうとも言えないのは、
  重々承知していますが…


そんな時期こそ、「受験」の枠を超えて
幅広~い、この世界中のいろんなことに
興味関心を持って
あれこれ学んだり、体験したり…することこそ
この時期の子どもたちが必要としていること
…ではないでしょうか?


ワークショップ




kaba-


それは、遊びであり、趣味であり、
でも、特技となって、
ある意味、自由研究でもあり、

ゆくゆくは、子どもたちの「キャリア」
「人生の喜び」につながる…と感じています♪



そんなわけで、今、お手伝いしているのは


幼児期から小学生のお子さんたちが親子で学び体験する

「子ども宇宙アカデミー」



呉市かまがり天体観測館の山根館長に
毎月原則最後の日曜日にお越しいただき
お話していただいています。

26-3


親子で、宇宙の不思議や素晴らしさに
魅了されるご家族が続出!


こども宇宙博士も誕生中なのです♪



いろんなものに興味を持って
たくさん体験して、
そして、たくさんワクワクすること…が

子どもたちの知的好奇心を、そそることでしょう!

そして、机上で学ぶことと体験がつながっていくことと…♪

今月の「子ども宇宙アカデミー」のテーマは

「宇宙のはじまりと今」

1月31日(日)9:30~11:00

広島市中区紙屋町の

学校法人神村学園高等部 
広島学習センターさんにて開催です!




親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2






スマホが、広島の事業所で開発されている
と知ったのは、
あるセミナーの懇親会。
技術者の方とお会いしたことから…。

子どもたちに、スマホの仕組みやお仕事についての
お話をしていただけないか…とお願いしたら…


なんと、事業所の皆さんが、チームを組んで
子どもたちのために、とっても素敵な企画を
組んでくださったのです



それが、SHARPの東広島の事業所の皆さん

本当に、ありがたい限りでした!


こちらは、ショールームに展示されていたもの!
スマホ

そして、子どもたちは、
実際にこの実物を触って、
ここにカメラ、ここにスピーカー…と
細かく教えていただいたのでした!


実際に製品になるまでには、
ものづくりはもちろん、試験も大変だということ、

また、SHARPという会社の歴史
創業者の物語などもお話していただきました。

本当に、貴重な体験でした!


その体験に参加してくださった皆さんも
また、面白そう!と思った皆さんも、

科学雑誌Newton kindle版のこちらで
スマホの中を覗いてみましょう!

使うだけ…ではなく、こうした仕組みや
作っている人たちの努力に興味・関心が持てたら、
スマホとの付き合い方も変わってきますね!

2016年1月31日まで、99円にて購入できます。



Newton スマホ大解剖: それぞれの部品の機能は? しくみは? 未来は?




そして、そのSHARPさんで新たに創り出されているのが
こちらのスマホ!




なんともかわいい!

地元企業 SHARPさん、

目の付け所が、SHARPです!






親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2


1/31(日)9:30~11:00 子ども宇宙アカデミー
@神村学園高等部 広島学習センターさんにて!
フライヤーFix







欲しいと思っていた本を購入しに書店へ…

20代の我が子へ、これを!と思って…

働く君に伝えたい「お金」の教養: 人生を変える5つの特別講義




すると、先に目についたのが、
同時期に出版されたこちら!


「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史



「全世界史」講義 II近世・近現代編:教養に効く! 人類5000年史





人類5000年史という言葉が胸に響きます。

著者のライフネット生命保険CEOの出口治明さんは

「文字が発明されてから現在のまでの歳月を
 一本の流れとして見つめてみよう」


との思いで、この本をまとめられたそうです。


私たちの現在と未来は、この流れの先…にあります。

子どもたちは、さらにその先へと進んでいきます。


そんな目線で、人類の、世界の流れを
もう一度、振り返ってみようと…!


そんなわけで、購入!

出口さん著書




二十年ちょっと前、我が子を授かった時、
何回か行われた産院での母親教室で、

赤ちゃんは、生命の進化をたどって産まれてくる

というお話を聴いて、
何だかとっても感動したことを覚えています!


赤ちゃん

そして、子どもとは?子育てとは?
著名な小児科医、小児精神科医、発達心理学者、
シュタイナー教育の著名人、
アドラー心理学学習リーダー、元小学校教師など、
様々な方のお話を聴講したり、
著作から学んでいるうちに、

人間は、産まれてからの成長過程は
人類の文明の歴史をたどる
…のでは?と考えるように!


その考えのもとに、子育て・教育について
微力ながら、あれこれチャレンジしてきた訳ですが…
10年くらい前に、「子ども学会」のホームページで
同様のことを、小児科医の大家の方が書かれていて
心躍りました♪

ますます、頑張らなくては…と
さらにチャレンジを続け
その一環で、二年ちょっと前、
著者の出口CEOに、広島にお越しいただき、
これからの子育てとビジネスについて
お話を伺った次第です。



西暦2000年をまたいで生きている私たち、
特に、2000年代のスタートの時代を
これから創っていく子どもたちにとって
実は、この1000年単位でのものの見方や
物事を考えるセンス
を身につけることは、
とても大事なことではないかなあ~…と思うのです。

そして、その延長で
「宇宙」の成り立ちについて知ること
が、子どもたちにとっても、
私たち大人にとっても
大きな意味があるのではないかとの思いで、
専門家の方にご協力いただいて
「子ども宇宙アカデミー」を開催中!


宇宙を知るためのチャレンジは、
私たちの生きているこの世界を知ることであり
私たち自身を知ることにもつながります。



丁度、今週末1月31日の
子ども宇宙アカデミーカリキュラムは、
「宇宙のはじまりと今」

138億年の歴史を、
幼稚園~小学生の親子の皆さんと一緒に、
振り返ります。


「振り返ること」は、
年代や人名などの知識より
その流れをつかむこと…に注目して

人類の歴史と宇宙の歴史、
振り返っていきたいと思います♪




親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2




なんとお得な情報!

科学雑誌「Newton」のkindle版 各特集記事が
2016年1月31日まで、99円にて購入できるとか!

お得~♪

タブレットやPCでも、kindleのアプリを
ダウンロードすれば読むことができます。


科学専門誌…ですが、
とってもきれいな画像が多用してあるので、
幼児期から小学生期の絵本や図鑑として
また、中高生の参考書として…

保護者の皆さんにも、
きっと興味深いテーマが見つかるかと…♪


◆乗り物好きの子どもたちへ…
 

Newton 最新鋭の航空機: なぜ560トンもの巨体が飛べるのか?



Newton 水素社会の到来: 今なぜ主要メーカーはFCVに邁進するのか?




◆恐竜好きの子どもたちへ

Newton ティラノサウルス: 血管や細胞まで発見!? 最新研究で覆るイメージ





◆宇宙好きの子どもたちへ…

Newton 星と宇宙<大特集>: 断然面白くなる 天文学32テーマ


Newton アンドロメダ銀河が我が銀河に大衝突: 猛スピードで接近中!



Newton スーパーノヴァ,ブラックホール: 重い星が爆発したあとに, “宇宙の落とし穴”が残される


 こちらは、大人向き…!?

Newton よくわかる 時空 <大特集>: 時空について知ることは,宇宙を理解することにつながる




◆みんな大好きな富士山

Newton 富士山: 10万年の噴火史が刻まれた奇跡の独立峰



スマホ大好き中高生に

Newton スマホ大解剖: それぞれの部品の機能は? しくみは? 未来は?



◆数学頑張れ!中高生

Newton 素数のふしぎ: 懸賞金100万ドルの未解決問題とは何か?



Newton サイン,コサイン,タンジェント: 三角関数がすぐわかる




◆大人が気になる、このテーマ

Newton 生命とは何か<大特集>: リチャード・ドーキンス博士「生命はつくれる」



Newton 電力と新エネルギー<大特集>: 知っておくべき電気の基礎から,将来ビジョンまで



Newton 天才の脳: 創造性,直観,卓越した記憶力が生まれる仕組みとは





う~ん、全部欲しい! ^^



親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2


1/31(日)9:30~11:00 子ども宇宙アカデミー
@神村学園高等部 広島学習センターさんにて!
フライヤーFix






中学生期の子どもたちにとって
一番のストレスとなるのが「高校受験」


間もなく、本番…

これまで積み重ねてきたものを
しっかりと形にできるよう
変に緊張しないよう、
平常心で取り組んで、
実力を発揮してほしいものです!



ところで、少子化が進むので、
希望している子どもたちは、
みんな公立高校へ入学できても良いのでは!?

と、思うのですが…

…それで、ちょっぴり調べてみました…。


分かったこと… 


県の公立高校の入学者定員は、
毎年、県の教育委員会で決められる。

学校


広島県の平成28年度公立高校入学定員は、

全日制で    16,360人
  前年比  160人減 
 内訳は…
  普通科      80人減
  工業科   40人減
  商業科   40人減

学級数で、4クラス減る…と
県のホームページに告知されています。


一方、県内の平成27年度中学3年生の人数は…
広島県平成27年度学校基本調査報告によると
      26,568人

…この差、約10,000 人。


では、この約1万人は‥⁉

今年度 平成27年度の
高校1年生の人数で調べてみると…

 総数      24,920人
 公立 全日制  15,965人
    定時制            638人
 国立 全日制    414人
 私立 全日制    7,903人
(※通信制高校の生徒数は、含まれません)

  広島県ホームページ
  平成27年度学校基本調査報告より

そう、一定数、国立と私立へと
進学していくことになります。

その私立高校の存在意義を考慮して
公立高校の定員を決める
…との趣旨の答弁を
県議会の議事録で読んだことがあります。

…今回、ネット上で探しましたが
その議事録、残念ながら
見つかりませんでした…。


つまり、少子化になれば、
高校も入学しやすくなる…!? と思いきや
受験生が減ったら、高校の入学定員も減るので
受験のストレスは変わらない…

ということ…

う~ん…

少子化の時代…だからこそ
教育を受ける機会を、
もっとハードルを低くして、
受験勉強のため…のストレスや労力を減らして

もっと有効な、有用な、「学び」の機会を
設けられないものだろうか…???



そうすれば、幼少期からの
「勉強」ストレスによる親子関係トラブルも
ちょっぴり軽減される…かな⁉




お問い合わせ・ご相談は、
お問い合わせフォームより!



親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2




「産み」の痛みや苦しみ
「身体」の誕生の時だけでなく、
「自我」の誕生の時にもある…
と、一昨日書きました


その「自我の誕生」に向けて、
大人への階段を上り始めるのは
小学校中学年くらいから

ということが、もっと広く知られると

子どもたちの変化への理解が広がり、
対応にも工夫をして

「第二反抗期」と呼ばれる「思春期」、
共感と反感の間で揺れる子どもたちのいらだち
もう少し波風立てずに済むように
なるのでは?…とも

理解を示してくれる人が、
覚悟して話を聴いてくれる大人が
ひとりでもいてくれるだけで


例えば、中高生の自傷行為とか
いじめや暴力行為とか
最悪の結果を招くことも少なくなるのでは?

…とも、思うのです…。

中学生
文と写真には関係はありません…。


かく言う私、我が子の幼児期に
東京のシュタイナー幼稚園の園長から
子どもの成長と人生について
学ぶ機会をいただいたことで

この9歳の危機や、思春期の危機
と言われる時期について、
また、それぞれの時期に於いて
大切なことは何か…と
そのエッセンスをお聴きしたり、
事前に調べたりすることができ

実際にその時を迎えたら、
その都度、さらに文献や情報を探しながら
試行錯誤ができたのは、とても助かりました。

私自身の視野も広がり、また、
心理学的なことも学んだり
トレーニングもでき
なんとか通り抜けることが
できたように思います。

お子さんたちが既に高校生になっている方なら
中学生の時期と違って、
精神的に落ち着いたなあ…
と感じておられることでしょう!

また、葛藤された中で、
何かを悟られた方も多いのではないでしょうか?

実際、それがきっかけで、
親子関係や子育てを紐解く様々な教室の
門を叩く方も多いようです!


家族って、同じ船に乗った運命共同体!
ですから、その中で、思春期のトンネルを
くぐり抜けようとしている子がいれば
当然、みんなそれなりに影響を受けますよね!

そして、そのお子さんの痛みを
多少なりとも共有
します。


親は特に…、ご家族の中ではお母さんは特に
共にそのトンネルをくぐり抜けるために
大事な役割を負う…って言えるかもしれませんね。

もちろん、他の方が、
その役を代わられるケースもあるでしょう。

いずれにしても、ここでしっかり
「覚悟」を決めて我が子と向き合うこと

そしてこれこそ、私たち自身が
人として「成長の時」を迎えている

ことに、なると言えますよね!


子どもたちの成長に伴って
私たち自身が、実は、
課題をもらっていると、
言えるのかもしれません!

階段

私たち自身が上るのは、
人としての成長の階段
より人としての高みを目指して…!?

いや、より自分らしい
豊かな人生、家族の幸せ を目指して…!

子どもたちは、「自我の誕生」に向けての
痛みや苦しみの中で、
私たち自身の、人生の新たなステップへの道へと
誘ってくれているのでしょう!

虹 (2)



お問い合わせ・ご相談は、
お問い合わせフォームより!



親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2



「出産の痛み」は、人生で最も痛い体験のひとつ…
かもしれません…。

それが、病院にやってきて30分間
という方もおられれば、数日間という方も…

私の場合は、なんと後者…。^^;


 少しでも赤ちゃんの心音が乱れたら
 帝王切開だった…。
 赤ちゃんが丈夫だったことに感謝しなきゃね!

そう、担当医から言われた言葉は、
その後ずっと、私の胸に染みついています。


 我が子よ、よく頑張った!
 そして、ありがとう♪


…と、20年以上経った今でも思うのです! ^^

赤ちゃん


ところで、この出産の痛みや苦しみは、
母親だけ…ではなく


産まれてくる子どもたち自身も、
狭~いトンネルの中を、身体を回しながら
頭蓋骨も縮めるようにして出てくるわけで…

子どもたちだって、命がけ!


きっと、痛くて苦しいながらも、頑張って
出てきているはずですよね!


それは、帝王切開で産まれてきた子どもたちも同じ。
きっとまた、違う苦しみを体験して、
産まれてきていることでしょう。


この世界に産まれてきている子どもたち
みんな、多かれ少なかれ、出産に伴う
痛みや苦しみの体験を乗り越えてきているんですよね!


それだけで、とってもすごいこと…ですね!

赤ちゃん


この出産の痛みは、お母さんの身体の中から
子どもたちの身体が生まれてくる時に表れるもの…。


そして今、「大人への階段」を上ろうとしている
小学校中学年から思春期にかけての子どもたち…
階段

大人への階段を上った先には、
ひとりの「人」として存在
する
お子さんたちの姿…があるはずですね!


つまり、これが、「自我の獲得」への階段…であり
新たな「自我」の誕生の時…。

さながら、身体が産まれてくるときに
産道というトンネルを通り抜けるように、
この大人への階段を上っていくというわけです。


そして、この「自我」の誕生にも
「痛みや苦しみ」が伴う
のです。

「身体」の誕生の時と同じく…。

子どもたち自身にも、保護者の皆さんにも。

それは、今度は身体の痛み…というよりも
むしろ、「心の痛み・苦しみ」…。


その程度はまた、出産の時と同じように
それぞれ、ケースバイケース!

日常の積み重ね方…でも変わってきますよね…。


出産と同じく、上手に力を抜いたり、いきんだり

原則に則ったコツがある…ので
予め知っておくと、この時期を乗り越えやすいと
いえるでしょう。


この産みの痛みの苦しみの時期を乗り越えて、
子どもたちの「自我の誕生」に向けて
私たち自身も、人生の新たなステップへ
歩みを進めていきたいものですね♪

虹 (2)

私たち自身の歩み…も、
「子育て」にとって
大きなテーマなのかもしれませんね!


そんなお話は、また明日♪


お問い合わせ・ご相談は、
お問い合わせフォームより!



親子関係のもつれをひもとく…
こころをかるくするカフェタイム
「こころかるくカフェ」

2016年1月30日(土)14:00~16:00
広島市西区…にて開催!

cococalcafe2