おやイスト 子どもたちとともに…

子育ては、2歳・9歳・14歳がヤマ場!このヤマを乗り越えて、大人になっていくんですね♪ みんな素敵な大人になって、充実の人生の航海に、漕ぎ出していって欲しいですね♪ 子育てエッセンスとわくわく、ドキドキの体験情報を発信・企画していきます!

小学校中学年は、そろそろ「反抗期」

思春期・第二反抗期にかけて
「自我」を見い出だす葛藤

を始める時期であることを
昨日、書きました。


Boy


え~…知らなかった… ^^;

もっと早く知っていれば…

と、中学生以上の保護者の方に
いわれることがよくあります…。

仰る通り…、早めに知っていれば
子どもたちの変化への対応が
スムーズかもしれませんし
子育てのお悩みを深めることは
少なくてすむかもしれませんね…。


すでに思春期真っ只中という皆さんも
きっと、「あれ?最近様子が変わってきたぞ!」
…って思うタイミングがあったことでしょう!

これから…の皆さんは、
覚えておいて損はありません!


小学校中学年から高学年にかけて、

なんだか不機嫌そうに見えることが
 増えてくる…

・「何かあった?」と聞いても、「別に…」
 と、あまり話をしてくれなくなった

・先生や保護者の方を、時に強く批判する…

・何か指摘すると、
 「お母さんだってやってるじゃん!」
 「この前は、〇〇だったじゃん!」
 と、口答えをするようになる…

などなど…


時には、親に向かってそんな態度で…と
カチンとくることもあるかもしれません。

そんな様子が見え始めたら、
いよいよ、思春期への階段を
上り始めたサイン!

階段


「キタッ!!」 

… と内心、覚悟するとき!

そう、これは、第二反抗期へと向かう階段。
時には激しく、感情的にぶつかり合うこともあります。

親子だから、家族だからこそ、
より、もつれあうこともあるでしょう。

けれど、その階段は、間違いなく
大人へと向かう階段だということ。

将来、大人になっていくにおいて
とても大切なステップ
なのだということ。


まず、それを理解し、受け入れる覚悟
この時期の子育てに関わる保護者の皆さんに
一番におススメしたい心の準備


そう、これまで、あなたや先生方のことが大好きで
一生懸命後をついて来たり
言うこと、やることに共感したり、
興味を持ってくれていましたよね!

こんな感じで…!
白鳥

けれど、そんな時期は、そろそろ終わり
ということを、理解して
接し方を変えていく時期なのです…。


そう、こんな風に!
カモ


ん!? こんな風って…?

その話は、また明日♪



小学校中学年は、そろそろ「反抗期」

お子さんたちの言動の変化に、
戸惑いを感じているあなたへ…

ちょっぴり心の距離が出ていることを
意識しておきましょう!

それまでと同じように接していると
子どもたちの怒りをかうことも…^^;


見た目はそんなに変わらないように見えても
内面で大きな変化を見せる時期なのです…。



何だか最近、
学校の話をしてくれなくなったなあ…


とか、


何だか妙に、
口答えするようになったなあ…


とか、


そう、それが、
反抗期の訪れを告げるサイン!


9歳


ここからちょっぴり、
接し方を変えることが
子育ての大きなポイント!


9歳の危機とか、
10歳の橋を渡るとか、

そんな言葉が使われる所以が
ここにあります。


この時期から中学生にかけて…
つまり、思春期真っ只中…に向けて
子どもたちは、「自我」を追い求めて
孤独な葛藤を続けています。



それはまるで、蝶になって
広~い空に羽ばたいていく前の
さなぎのよう



この時期の「おやマインド」の切り替えが
その後の思春期の危機を乗り越える最大の秘訣!

そして、一生続く親子関係を決める
ターニングポイント!


では、この時期の子どもたちを
親としてどのように捉えて
どのように接していけばよいのか?


また、明日、ご紹介!




絵本にしては、難しい…

けれど、いろんな不思議が、世界には溢れてるって
分からないながらも、感じられる…

そして、小学校・中学校・高校…と
長じてから読み直すと、なるほど~…って納得したり
さらに、不思議を追いかけてみたりできる…

そんな、長~く活用できる「絵本」
…というか、薄~いけど内容は濃い「百科事典」!
なんと、末尾に索引が、小さな文字でたくさん…

「宇宙」-そのひろがりをしろうー
 え、ぶん、加古里子(かこさとし)


IMG_9964


こんなテーマから始まります!

 ノミは、どのくらい高く飛べるか…


皆さん、ご存知でしょうか?

実は、身体の100倍の高さ、150倍の距離まで
飛ぶことができるんだそうです。

では、人間が身体の100倍の高さまで飛べるとしたら…?

絵本に描かれたビルは古いのですが、
高層ビルをも飛び越えて
遠くまで飛べることが分かります。


そして、他の虫は?動物は?
どのくらいの高さまで飛べる?
どのくらいのスピードで走れる?

水中では? 空では?

車や電車、飛行機や船は?
どんな進化を遂げてきた?


高い山や雲の種類は?

天体望遠鏡の進化は…?


宇宙へと出かけていったら…?
お隣の星まで、どのくらいの距離?

太陽は?
太陽の寿命は…?

隣の恒星は…?

宇宙の果てまで行くと…???


…と、大人も良く分からないこと、
専門家が一生懸命解明しようとしている謎を
子どもたちにも問いかけます!

興味を持つテーマ、何か見つかる…かな?

自然科学について、ぎゅっと一冊に凝縮したような
そんな絵本(図鑑)。

ノミ、から、現在分かっている宇宙の果てまで…

その間にある、様々な科学について
子どもたちに、その不思議や素晴らしさを
子どもたちが感じられると良いですね♪

小さなうちは分からなくても、
小学校、中学校、高校…と年長になるに従って
それぞれの時期に、それぞれの興味に合わせて
気になるテーマを見つけて、
より深めることができることでしょう♪


宇宙… この1冊をひもとくことで、
今のお子さんの興味関心の方向性が
読み解ける…かもしれません!

宇宙 (福音館の科学シリーズ)




同様に…こんな絵本も!


地球 (福音館の科学シリーズ)




海 (福音館の科学シリーズ)





ホントに…大人が読んでも、
結構、読み応えのある濃い内容です!



これらの絵本、作者は、
こちらのシリーズ絵本でおなじみ
「かこさとし」さん!

だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)



このシリーズも、子どもたちが大好きな絵本です♪




因みに、画像のもう一冊の本は、
学研の図鑑や様々な天体観測本の著者、
藤井旭さんの著書。

なんと、仲間と一緒に立てられた天文台
閉鎖されていたとは…

犬のチロ台長のお話が好きで
よく読んでいたものです…。


星空ガイド2016



白河天体観測所: 日本中に星の美しさを伝えた、藤井旭と星仲間たちの天文台


今年は本を読むぞ~!と決意してから、
読みたい本と続々出合います。

今、取り掛かっているのは…こちら!


読書1

TEDプレゼンテーションでそのお話を観て
すごいな~…と思う少年がいます。


こちらに訪ねて来てくださるあなたなら
きっとご存知!


ジェイコブ・バーネットくん。



原題 
Forget what you know
 (知っていることは、忘れちゃおう!)

彼のこのプレゼンテーションは、
子育てや教育に関わる皆さんには
ぜひ一度、観ていただきたいなあ~と思うのです。


2歳の頃、自閉症と診断され、

・文字は読めないだろう…
・16歳になった時に、
 自分で靴ひもを結べるように
 なっていたらラッキー

などと言われた彼が、

・3歳で天文学に興味を持ち
・9歳で大学に入学
 宇宙物理学の独自理論に取り掛かる
・12歳で量子物理学の研究のアルバイトを…

そう、彼は、その独自理論が完成すれば
ノーベル賞も期待される研究者の少年なのです。


そんな彼のプレゼンテーションには
拍手喝采したい内容で…

・こんな学習体験ができたら
 どんなに子どもたちは、幸せだろう…???
・そのためにできることは何だろう?


と、考えるのです…


そして、彼のお母さまの著書に出合い
さっそく、注文!

ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい




出産時、そして、2歳で診断を受けたとき…
ああ、そうだったんだあ…と。

診断を受けること…に対しては、
保護者の皆さん、同じように
様々な不安や心配がおありですよね…。

それは、定期の健康診断に於いても同じ…。
何気ないひと言に、傷つく‥という方も多いのですが…。

マニュアルや標準パターンがあると
それに則っていなければ、
なかなか安心できないですよね…。^^;

でも、そんな不安や悩みも、
こうして、いろんなお子さんの成長の様子などを知ることで
勇気につながることでしょう!

お子さんの人生を信じることにも
つながるでしょう!


また、気になった言葉など、ご紹介していきますね!

気になった方は、ぜひ
お母さんの書いたジェイコブくんの成長の様子、
読んでみてくださいね!

きっとあなたの子育てにも、参考になることがあるはず(^^♪


…そして、ガリレオの本…
う~ん、早く読みたい!




1月7日、お正月も明けて、
お子さんたちも、幼稚園・学校が
始まっておられることでしょう!

そして、今日は七草がゆを召し上がっている方も
多いでしょうね!


春の七草セット


感想(6件)




春の七草…
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、
ほとけのざ、すずな、すずしろ

…と、私も、子育てしながら覚えた次第ですが…


実際に、今、これらの花を見つけようと思うと
なかなか難しい… ^^;

むしろ、2月~3月の早春の方が、見つけやすいのです。

何しろ、昔は旧暦でしたから…。

そんなわけで、お店に並んでいる七草セットは
どこかで栽培されているもの…でしょうね!


早春の野原で、「春の七草」
親子で見つけてみましょう♪  ^^


因みに…クリスマスくらいから、
年末年始、季節の会合などでご馳走をいただく機会が多いので
胃が疲れ気味…というのは、その通りで…

この後、冷え込みが厳しくなったり
また少し暖かくなって、季節の変わり目がやってくるころ
ちょっと調子が悪くなる皆さんは、
この行事がいっぱい、ご馳走いっぱいの
12月~1月の食生活を、ちょっぴり気を付けておられると
春先にかけての体調にも、
良い効果が見られる…かも! ^^


お正月3が日に断食をされる方もおられますし
そもそも、あまり、ハレの日のご馳走を食べすぎない… 
いつもとあまり変わらない生活をする…
ということが、
案外、身体に優しい…ということなのかもしれませんね!

昨年末からの食べ方と、これから春先にかけての体調に
ちょっぴり注意しておいて
今年の年末からの過ごし方に、活かしてみるのがおススメです!



こちらの子育て未来ジャーナルでも、
こうしたちょっとした生活の知恵、
お伝えしています♪ ^^

3歳までの子育て未来ジャーナルロゴ1


もっとも、ハレを楽しむことも大事なこと!
メリハリつけて、バランスを保っていきたいですね♪





2016年、平成28年、
申年、オリンピックイヤー
その他もろもろ…

皆さんにとっても、きっと
色々な意味のある一年が、始まって一週間…

滑り出しは、いかがでしょう? ^^

丙申年… 
昨年生み出したもの、これまで頑張ってきたことが
形になってくる年、実をつけてくる年…
と言われているのですが…

果たして…???

火の勢いのある年でもあるので、
自然災害や心の中の火の付け方にも気を付けながら
一年、大事に過ごしていきたいですね!



私、そんな一年、また改めて自らを磨く
「読書」年とすることにしました!

2014年に広島にお越しくださった
尊敬している ライフネット生命 出口治明CEO

人間は、「人」から学ぶ
    「旅」から学ぶ 
    「本」から学ぶ

というお話が印象的で、この本を読みました。


ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!



元々、私自身、本が好き!
周囲の皆さんが信じていることも
どういうことかな~?と考える癖があって、
広島での講演会でお聞きしたお話は
心に響くことがたくさんありました!

これまでの日本の社会常識なら、
私が簡単にお会いできるような方ではないのですが
そこが、出口CEOのお人柄
とても気さくに、フランクにお話をお聞かせくださいました。

今でも、SNSなどに発信されているその言葉から
良い刺激をいただいているのですが…

やはり、良いと思ったことは実行しょう!と
本を読むことから…

そして、まずは、その原点を再読…

ビジネスマンもさることながら
子育て中の皆さんも、一度、
「みんなと一緒」を強要されていることの多い
子どもたちの学校生活を、その「常識」を
もう一度、見直してみても良いのかも…

当たり前…と思っているその背景を、
もう一度振り返ってみる


「学校」へ行くこと、よりも大事なのは、
「学び」を絶やさないこと…では!?



そして、私にとって、とてもタイムリーなこちらの本!

読書


「働き方」の教科書「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本


そう!「無敵の50代」のために… ^^

印象に残った言葉を、いくつか書き留めておきます!
   ※緑の文字は、書籍からの引用


人生とは、三割の時間を使ってお金を稼ぎ
 そのお金で食べて、寝て、遊んで、子育てをすること


 こんなこと言ったら、そんなバカな~…という声が
 最も近いところから聞こえてきそうです…^^;
 人生、仕事や会社に捧げている方、
 捧げるべき…と信じている方…
 ぜひ、この本を読んでみてください!

 私は、大いに共感しています。
 そのために、どうしたらいいのか?
 というスタンスで考えることが大事なのではないかと…。

 「仕事がすべて」的な大人の常識感が、
 現代の子どもたちにとっての「学校」
 当てはめられてはいないでしょうか…?

 子どもたちにとって、「学校へいくことがすべて」
 という感覚を押し付けていると
 「学校」で違和感を感じる子どもたちは、
 自分の人生の価値観を見出すことが
 難しくなりますよね…。

 自己肯定感の低さや自信のなさ、
 そして、自傷・自死行動などの背景に
 そんな周囲の「常識」がないだろうか…??と
 ちょっぴり懸念しています。 



★イギリスの教育方針…

【保育園の3年間】

 「目の前のお友達を良く見てください。
  一緒ですか?違いますか?」

 「見た目が違うお友達の心の中は…
  みんな一緒だと思いますか?それとも違うと思いますか?」

 「みんな違うということは、
  自分の感じたことや思ったことを
  お友だちには、ちゃんと話さないと
  わかってもらえませんね」

 これを徹底的に繰り返す。



【小学校低学年】

 野山に出て、ひたすら下半身を鍛える
 人間は、二足歩行の動物、裸足で土を踏むべき

 それが健全な心身の成長に…

 体力がついて、自分の意見が言えれば、
 あとは、いくらでも知識を詰め込める

    

 なるほど、日本の多くの皆さんの「常識」と
 ちょっと違っているかもしれませんね!


★就職は相性で充分!


 「十年後に輝くような企業を選んで就職しよう」
 …という言葉に惑わされず…
 長時間仕事をするのだから、居心地の良さや相性で充分!
 
 そのためには、
何度か会社訪問して、しっかり観察しよう!


 就活世代の保護者の皆さん、いかがでしょう?
 就活のために、人生をすり減らしてるような日々を
 お子さんたち、過ごしておられませんか?
 ちょっぴりそれは、残念だと思うのです。

 就活中の皆さんもぜひ、一度、この本、
 開いてみてくださいね!
 きっと、心が軽くなると思いますよ♪


★50代 遺書を書こう!

 我が子に、この社会に、何を引き継ぐか、
 もろもろの処理も合わせて
 これからの自分のためにも
 記しておこう!と。


出口さんによる、それぞれの年代の仕事と人生に
素敵な提言をしてくださっています。

これからの30年後の未来について
予測を記してくださっています。

そして、心に響く出口さんの本音!あとがきの言葉…

「人間は次の世代にバトンタッチするために生きています」

「孫の顔を見るたび、1,000兆円を超える借金だけ
を残して死ねるのかと自問している」
…と。



そんな思いの詰まった

ライフネット生命 出口治明CEO


「働き方」の教科書: 「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本




気になった方は、ぜひ、手に取ってみてくださいね!



20代の方たち向けに書かれた
間もなく発売の最新刊…

我が子にも贈りたい本!
同世代の保護者の皆様、要チェックです♪

働く君に伝えたい「お金」の教養: 人生を変える5つの特別講義



2014年6月に開催の、
ライフネット生命 出口CEOのご講演の様子は、
こちら
にてごらんいただけます!

講演会3

講演会終了後に、記念撮影していただきました! ^^



保険料を半分にして、子育て世代を応援!
ライフネット生命保険は、こちら!

昨年肩を痛め、しばらく放っておいたためか…
年末に向けて悪化し、クリニックのリハビリに
週2回、通っております。

腕の良い理学療法士さんのおかげで
徐々に楽になっていたのですが…

年末年始のお休みの間、何気ない作業で
何度も激痛を味わったためか…

年始早々、肩以外の痛みに悩まされ…。

肩は、動かさない限り痛まないのですが…
腕の筋肉痛が絶え間なく…

はて、一体、なぜ腕が…!?

腕


ベテランの療法士さんによると
肩をカバーするために、他の筋肉が頑張っているとか…

PCを使うことの多い私の場合…
特に、腕に力が入ってしまうのだとか… ^^;


確かに、お正月中も、原稿を書き続けていたなあ…><;

こちらの子育て未来ジャーナル

3歳までの子育て未来ジャーナルロゴ1

結構な文字数を打ち込みます…^^;


リハビリの後、出かけた先で
スポーツ用品店をみつけ、
何やら痛みに良いらしいというチタンテープを
店員の方が、貼ってくださいました!

すると…何だか楽…!


これを貼って…

ファイテン パワーテープX30 50マーク入


感想(362件)



その上から、肩を挟むように、これを貼っていただきました。

ファイテン チタンテープ 伸縮タイプ(3.8cm幅)



いやあ~…驚いた…。何だか楽!
そして、肩の可動域が広がったのです…。

ネット上では、諸説あるようですが… ^^;



そして、腕の痛みには、
ツボにパワーテープを貼り
こちらを着用してみました…!

IMG_9940


ん?やっぱり何だか、楽!
荷物を持つのも、楽!


しかも、只今半額セール中!両腕でこの価格…。

【50%OFF】ファイテン パワースリーブ X30 (ARM) ロング 両腕入り

価格:2,052円
(2016/1/5 14:20時点)
感想(7件)



残念ながら、サイズを小さく見誤ってしまい
縫いめの後が残るのがちょっぴり残念…

ひざの痛みがあるものの、皮膚が弱くて
シールやテープはかぶれるので無理…という親族には
これ、いいかも!!


ファイテンのこのネックレスは、
あの、氷上の貴公子 羽生弓弦くんも着用しているとか…。

ファイテン RAKUWAネックX100 ミラーボール アースカラー メモリアルセット 羽生結弦選手愛用ネックレス入り限定セット


感想(3件)



明らかに肩の動きがスムーズになり、
痛みの範囲も少なくなってきたので
スポーツ選手が着用する理由がよくわかる!



間もなく発売の、こちらも気になる!
ゲルマニウムでの手当ては体験済みなので!!


プチシルマ DX5.5 スーパー6【5,000円以上お買い上げで送料無料】

価格:3,980円
(2016/1/5 14:43時点)
感想(2件)






まずは、しっかりリハビリに通って…

ケガには気を付けよう! ^^;




1月2日・3日と、PCで作業をしながら
午前中は、「箱根駅伝」にくぎ付け!


初日の青山学院大学チーム「往路完全優勝」に続いて
復路も、箱根をスタートしてからずっと
先頭を譲らず、むしろ、間を開くばかりという
全員が自分の力を大いに発揮して

終わってみれば、二位の東洋大学と
7分以上差をつけての圧勝、完全優勝!

各ポイントをトップ通過した青学のタイムが良くて
繰り上げスタートのチームが続出…。

あと2~3秒でタスキが渡せたのに、
目の前で繰り上げスタートしなきゃいけない様子に
思わず、「あ゛~っ‼!」…と声が出てしまいました。

悔しかったでしょうね…。

目の前で、渡すべき次の選手が行ってしまうなんて…
渡すべき場所に到着したのに、
相手がいないなんて…。

それもまた、人生…

ぜひ、その悔しさをばねに、
明日から…に活かしてほしいものです!


手


そして、中継を見ていて気になった言葉が…。

青学チームのモットーは、
「ハッピー 大作戦」


「追われる身になって感じる『重圧』

そして、陥っていた「減点主義」
「できていない」ことにばかり注目していたことに気づき、
それは、本来の自分のやり方ではない…と見直し。

そこからは、


それは、レース後の選手のインタビューにも
よく表れています。


「レース中の監督の言葉で、緊張がほぐれた」

「監督から、笑顔で笑って笑顔でゴールと言われた」
と…。


実際、本当に楽しそうに、
みんな笑顔でタスキを渡していたのが印象的でした。



一方、ほかのチームの選手が映し出された時に
背後から聞こえてくる「叱咤激励」の声…

これは、対照的…

「しっかりしろ~‼」
「〇〇するな~‼」「おまえが〇〇するんだぞ~!」
伴走車から聞こえてくる、恐らく監督の声…。


アナウンサーも、選手の言葉として
「監督が〇〇叱ってくれたことで、頑張れた…」

と、「叱ってくれた」という言葉が
何度も紹介されたように思うのです…。


こちらは、一般的な「指導」の仕方、
教育や子育ての現場では、こうした「指導」法が
一般的だと思うのですが…



やっぱり、青学の原監督が提唱されるように、

「減点方式」ではなく、

「チームを明るくし、モチベーションを上げる」


という方針が、選手たち個々の力を
十二分に発揮させる秘訣なのではないかと思うのです!


折しも受験シーズン。

受験生のお子さんたちが、これまで頑張ってきた分、
しっかり力が出せるよう、

この「原監督方式」で、
声かけしてみるのはいかがでしょう?


受験生に限らず、子どもたちは、

「北風」より「太陽」方式の方が、
伸び伸び、すくすく、成長できるでしょう!

いえ、私たち大人だって、減点ばかりされたのでは
モチベーション ダウンしちゃいますよね…。 ^^;


「その瞬間を楽しむ」「ハッピー大作戦」
大いに参考にさせていただきたいと思います♪


青山学院大学の皆さん、おめでとうございます!

そして、エントリーした学生の皆さん、関係者の皆さん、
お疲れ様でした♪

感動をありがとうございます! ^^







フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

新品価格
¥1,404から
(2016/1/3 03:04時点)







さて、正月休みも終わり…。

2016年、私たちも選手の走りに習って
また1年、元気に、この瞬間を楽しみながら
走って参りましょう! ^^



元旦は、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート
そして、1月2日は…

例年なら、宮島へ初詣…というところですが、
今年は諸事情あって、自宅で、
お正月から原稿書きながら、
テレビで… 「箱根駅伝」



ekiden

丁度、我が子と同世代の学生たちの頑張りとドラマに
ついつい見入ってしまいました…。




1月2日の往路は、青山学院大学の完全優勝!
つまり、スタートから箱根まで、
どの区間も1位通過だったのでした。

その走りは、全く素人の私にも分かる
身体のぶれのない、安定感抜群のフォームが
すべてを表しているようでした。


実況中継のアナウンサーが、
青学は、体幹トレーニングをしていると…。
だから、無駄のない、軸がぶれないフォームが
キープできるのですね!


昨年、いきなりの変化を見せた「青山学院大学」
チームをけん引してこられた監督の本…

読んでみたくなりました!

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

新品価格
¥1,404から
(2016/1/3 03:04時点)




そして、青学チームが取り入れているトレーニング法。
著名なフィジカル・トレーナーが指導されているのですね!


監督は、広島県の強豪 世羅高校のご出身!
復路、ますます応援しなくては!



子どもたちにも、お兄さん、お姉さんたちが
一生懸命、何かに取り組んでいる様子、
苦労しながらも、目標を達成していく様子などを

身近な先輩や、テレビで活躍する選手を通して、
あこがれる存在として、手本とし、
目指すことができたら、とても幸せなこと!

こんな人になりたいな!
あんな選手を目指したい!

そんな「ヒーロー」との出会いが
今年、2016年にもたらされることを祈りつつ…


往路、思うような結果が残せなかったチームも
最後まであきらめず、みんな無事、
たすきを引き継いで、ゴールするよう、祈りをこめて
復路も応援しようっと! ^^