約一年ぶりです。
2015年度の確定申告の季節到来!

昨年(2014年分)同様に、
  1. 青色申告決算書は「やよいの青色申告」
  2. 確定申告書は「確定申告書等作成コーナー」 
  3. それぞれデータを.xtxファイル形式にエクスポート
  4. 「e-Taxソフト」で.xtxファイルを取り込んで、電子申告
という流れなのですが、またもやe-Taxソフトでつまずきました。(昨年度の注意点)
昨年の注意点に従って、ファイアウォールの設定を変更しているにもかかわらず、

e-Taxソフトが起動しません!

 「最新バージョンの有無を確認」云々というダイアログが出て、[OK]ボタンを押しても何も起こらず、アプリが起動しません。

 1


ということで、手動バージョンアップを行いました。

来年のことも考えて、手順をメモしておきます。

  1. e-Taxソフトのダウンロードページ≪事前準備≫」を開く
  2. 手順に従って、「ルート証明書」と「信頼済みサイトおよびポップアップブロック許可サイトへの登録」を実施
  3. e-Taxソフトダウンロードコーナー」で、e-Taxソフト(共通プログラム)の更新バージョンをダウンロード&インストール
  4. e-Taxソフト(税目プログラム)のダウンロード&インストール ←ここが肝
手順4の「e-Taxソフト(税目プログラム)のダウンロード&インストールについて、説明します。

  1. [ダウンロード一覧]をダウンロードします。

    2




     
  2. 「所得税 平成27年分」のリンクをクリックして、ファイルをダウンロード(ファイルに保存)します。

    3

  3. 前の手順で保存したファイルがあるフォルダーをコマンドプロンプトで開きます。

    1. Windowsエクスプローラなどで、保存したファイルのあるフォルダー(例えば、c:\Temp)を
      <Shift>キーを押しながらマウスで右クリック
    2. 表示されたメニューから[コマンドウィンドウをここで開く]を選択(マウスで左クリック)

      4


  4. コマンドプロンプトで、保存したファイルをオプション("-kt -ke")付きで入力して、<Enter>キーを押下
    <保存したファイル名>△-kt△-ke (△は半角スペース)

    5

  5. 表示されるメッセージに従ってインストール
これで、e-Taxソフトが起動できればOK!
私の場合には、起動できませんでした…(泣)

ですので、バージョンアップの確認プロセスを無効にして起動しました。

Windowsのスタートメニューを開いて、[e-Tax]ソフトの項目から、[バージョン確認オプション変更]アプリを起動して、

6

起動時のバージョンチェックを無効にしました。

7

 これで、とりあえずe-Taxソフトを起動できて、平成27年度分の確定申告が行えます。
 
スポンサーリンク