父ちゃん育児奮闘記

2018年01月

さて、インフルエンザの猛威が凄いことになってます。何でも過去最高との事。

先日の長女の高熱、インフルエンザだろうと思っていたら違いました。(それはそれで何故何日も高熱がって心配し、色々調べましたので後々書こうと思います)
が、何と長男がインフルエンザに感染。B型との事。
高熱と、何よりムカムカ、腹痛で何も食べれないのがつらそう。長男はラムネなら食べれるとか言ってますが。

インフルエンザの予防方として、手洗いうがい、人混みを避ける、休養・睡眠をしっかりとるなどありますが、まぁ保育園などに通ってたらもらってきますよね。
なってしまったものはしょうがない。が、次々に感染し、家族全員インフルエンザ感染しました。とか嫌だー!何日も仕事休めないし!
よし、家庭内感染を防ぐぞ!


感染を防ぐ有効な方法
・感染者を隔離する
・室内の温度、湿度を高くする


んー、5才の長男を隔離。ただでさえ怖がりで、暗くなったら1人でトイレにも行けない長男を。
いやいや、無理すぎるよ。父ちゃんは側にいるからな!
と言うわけで、せめて湿度だけでも!
何でも室温20度以上、湿度50%以上でウイルスの感染力は大幅に失われるとの事。
これだけでも少しはましかなと思い、加湿器全開で過ごしてます。

頑張れよ、息子と加湿器!


【送料無料】抗菌カートリッジ付 超音波加湿器 アロマ LED 加湿器 しずく型 超音波式 2.4L アロマ加湿器 しずく 超音波加湿器 アロマ LED 浄水フィルター 抗菌 しずく型加湿器 アロマディフューザー 加湿機 節電 省エネ

価格:2,580円
(2018/1/30 18:38時点)
感想(29件)




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



今日は始めて座薬を入れたお話し。
嫁の出勤に間に合うように急いで仕事から帰ると、
『長女が少し熱があるから、高くなってきつそうだったら座薬入れて!』って言われました。何でも経験上高くなりそうとの事。
ざ、座薬!!
いや、やったことないし、凄く不安なんですが。
まぁ嫁は高くなるとか言ってるけど今は7度7分。このまま治まるだろうと思い、平然を装って
『わかった』と答えてしまいました。
そして夜、なんだか長女がきつそう。おでこに手を当てると熱い!熱を計ったら39度!大丈夫か長女。どうしよう、寒くないように服を着たして、頭は冷やした方がいいのか?そうだ座薬入れなきゃ。スマホで幼児、座薬の入れ方など検索。以下が調べた要約です。

1、手を清潔にし、座薬を準備

2、先端をぬるま湯で少し溶かしたり、オリーブオイルやベビーオイルを塗り、入りやすくする

3、赤ちゃんを仰向けに寝かせ足を持ち上げ、肛門へ座薬を、とがった方から一気に入れる

4、座薬が出てこないように1分ほど肛門を押さえる
(入れた直後に座薬が溶けずに出てしまった場合、
再度挿入しましょう、ただし5分以上たって出た
場合薬は溶けて吸収されているので、再挿入せず
に様子をみましょう)

まだ不安でしたが、調べたサイトに
もし失敗してもやり直すことが出来るので落ち着いて下さいね
と、書いてあり、手順通りにやってみたらすんなりと出来ました。父ちゃん大丈夫か~と見守っていた長男、次男も一安心。
しばらくたって、娘の熱も下がり眠りにつきました。
子供達よ元気が1番


初めましてヌーです。世のお父さん達はどれ位育児に参加しているのでしょうか?楽しいことだけやって育児やってるって思っていませんか?
こと言う私も、休みの日に公園に連れて行って一緒に遊んだり、お風呂入れたり(脱ぎ着などは嫁任せ)、わがままを叱ったり(叱った後は嫁任せ)しているだけで結構やってる気になっていたと思います。

3ヶ月前から嫁が夜に仕事に行きだし、週3日、夜は父親である私ヌー(37才)が1人で子供達3人(長男5才、次男3才、長女1才)の面倒を見ることになりました。
まぁ面倒を見ると言っても、風呂に入れる。ご飯食べさせる。遊び相手して、寝かせつける。
後は食器洗って、たまに洗濯して、夜中長女にミルク飲ませる位ですが。
文字にして書いてみるとそれくらいって思うかもですが、これが大変で大変で。(すいません、もっといろいろやってる人たくさんいますよね)風呂に入れるだけでも今までとは違い、風呂に連れて行くところから大変。
やってみて男親の無力さと、嫁すげーよ、ありがとうっていう感謝の気持ちが湧いてきています。反比例的に嫁の中で、旦那使えねーって気持ちが湧いてきてなければいいですが。

初めはテンパりながらでしたが多少は慣れて、大変さの中に、楽しみや喜びなども見いだせてきています。…いるはずです。
そんな子供達との生活の中で、大変なことや嬉しいこと、父親ならではの悩みや疑問などを書いていこうと思いますのでよければ読んでやって下さい。

さぁ今日も急いで仕事から帰るぞ!
子供達が待っている!!


このページのトップヘ