小山ファイターズ・2014卒団チーム

2002年から2003年生まれの子供たちで編成される東京町田の少年野球チームブログ

2013年05月

未知の世界への出発

今まで、我がチームは町田の大会以外、多摩地区での試合を経験してきました。
そして今回は、関団連 関東一を決める大会に東京代表として挑みました。
いわゆる未知の世界への第一歩です。

選手、監督、コーチ、母方 全員がワクワク、ドキドキした試合だったのでは
ないでしょうか。


相手は、千葉県代表 強豪の打瀬ベイスターズさんです。


1回表の攻撃、2アウトからランナーを出し、Mi君のタイムリーヒットにより先制。
その裏の守りは、守備の乱れでノーアウト2・3塁の大ピンチ。
しかし、Mi君のふんばりで、0点に抑えました。

2回表の攻撃、H君のライト線を破る3塁打。
その後、O君の見事なスクイズで追加点。

2回裏の守りは、またしても守備の乱れで満塁の大ピンチ。
ここも皆のふんばりで0点に抑えました。


そして4回裏、2点を返され同点に追いつかれました。

その後、両チーム共に得点はなく、大会規定により、1アウト満塁から始まる
サドンデスとなりました。


結果は・・・打瀬さんの見事なスクイズで敗れてしまいました。

370_large



しかし、皆、本当によくやりました。
悔しいという気持ちと同時に楽しんで野球が出来たという気持ちが試合後の
表情に出てました。


これから先、もっともっと強いチームと出会いたいと思わないかな?
それを考えるといてもたってもいられなくなります。


打瀬ベイスターズさん、関団連中央大会優勝おめでとうございます。
千葉県No.1のチームと闘えたこと誇りに思っております、次回闘うときは
我がチームも更に成長していると思います。
そのときはよろしくお願いします。


最後に、関東団地少年野球連盟各支部の関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。
また次回も挑戦します。
よろしくお願い致します。


また、朝早くからのお母さん方のご協力ありがとうございました。

PS:来週は、6年生の関団連の応援です。
  5年生の応援が見本だから、3・4年生を引っ張っていってください。
  N団長よろしくお願いしますね。
  運動会もがんばれ~。

完敗…

7日間の休み中に5試合をこなすハードスケジュール。


関団連の東京支部で優勝する等、うれしい試合もあったけど、

やっぱり我々のゴールデンウィークの目標は6日の宿敵レジェンズさんとの

町田市春季大会の準決勝。


結果は…。


完敗に終わりました。


226_large[1]

 

結果も完敗だけど、試合内容は点差以上に実力差を感じるものでした。


監督も言っていたように、試合に負けたのは、監督・コーチの責任です。


でも、思い返してみよう。

練習で毎日のように言われていることが出来てたか?


相変わらず全然出来ていないよな~。

試合後のミーティングで言ったことはほんの一部です。


それに、君たちの心のどこかで、

「最後は何とかなる」と思ってなかったか?

「自分たちは強い」と思い込んでいなかったか?

練習中、何となく打てて、何となく守っていれば良いかなと思っていなかったか?

練習やって、上手になった気になっていなかったか?

いつも試合に出ているやつらは休んでも、何しても

「どうせ試合に出られるし…」と思っていなかったか?

試合になかなか出られないやつらは「どうせ出られないし…」と思ってなかったか?


細かいことはここで触れる気はない。


全ての積み重ねが、今日の結果につながったんじゃないか?


自分達は一生懸命練習してきたつもりでも、レジェンズさんは自分達の倍以上の

練習をやって来たんじゃないかな?

それだけ相手は我々の遥か上のレベルの素晴らしい野球をやっていました。


今日の結果を重く受け止めて、練習に取り組まないとこの差は埋まらないし、

どんどん引き離されるでしょう。


君たちの奮起を期待する。


以上、熊より。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足りないもの

今回はFが担当します。

4/28(日)は、春季大会準々決勝 対レッドスワローズ戦

197_large




















4/29(月)は、関団連西東京ブロック準決勝対ステイヤーズ戦が行われました。

364_large





















試合はY君の2安打、M君の好投、逆転ホームラン等、ともに何とか勝つ
ことができました。全体を通して、特に気になったのは、監督、コーチからもあったと思うが
がむしゃらさが全然足りない。なにくそ!絶対にアウトにしてやる等
何が何でもという姿勢が感じられない。
どうも結果を気にしすぎてるあまり消極的になっているのかなぁ。
失敗してもいいんだから、思いっきりやろうよ。

そして、失敗してしまった時等は、声を掛け合い励まし合う。
大きな声で応援する。基本的な事を自然にできるように、日頃からで意識
していこうよ。

試合後、監督から注意されたことに対して選手で話し合い、今後の野球に
対しての姿勢を示しました。
これからの野球に対する気持ちを期待しています。

レッドスワローズさん、ステイヤーズさん、審判の方々ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

記事検索
プロフィール

oyama_0203

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ