小山ファイターズ・2014卒団チーム

2002年から2003年生まれの子供たちで編成される東京町田の少年野球チームブログ

2013年07月

三連休

三連休初日
選手たちは甲子園の予選を応援しながら何を思いましたか?

あいにくコーチはその場には行けませんでしたが、きっとそこにはいつも君たちが
言われている試合中の声かけが普通にできている選手たちがいたかと思います。
その先輩たちも今は普通でも昔はみんなと同じだったかもしれません。
でも、先輩たちも声かけのできるように努力し、継続してきたからこそ今があるの
だと思います。そして、今ではそれが普通になっていることでしょう。

最近しつこいほど言われている"声かけ"は今は普通にはできないでしょう。
きっと何かぎこちなく違和感を感じながら声かけをしているのかもしれませんね。
試合中、グランドのなかで何を話せばいいんだ???

コーチはこう思います。

きっとそれは伝えたい相手の目を見ていないから、言葉が出てこないのだと思います。
もちろん、アウトカウント、ボールカウントなどの確認の声かけもありますが、
相手の目を見て、気持ちのままそれを伝えること、それはとても普通にできることでは
ないでしょうか?
仲の良い友達とはそんなアイコンタクトで会話をしているはずですよね普段の日常生活で。

先週どなたかのコーチがみんなに話していた、"心がこもっていない声かけ"がまさに
みんなの現状かと思います。

それでは相手の目を合わせるにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、簡単です。
名前を呼ぶことです。
目と目があったとき、君が伝えたいことが相手の耳に入ります。
そして、それに応えてくれるでしょう。
声かけされた方は、またそれに応えましょう。
それが会話というものです。


4時からの試合で、ギリギリ勝ちましたが、その試合のときに、もしまだ声かけができて
いないと反省しているのなら、一度試してみてください。

名前を呼ぶ、目をあわせて話す、それに答える、結果を出して応える、それがチームプレー
の基本であり、やってみれば簡単なことです。

実は練習以外でもその会話の練習ができます。
"挨拶"です。
名前を読んで、それに応える。
例えば、チーム仲間なので多少の崩れた言葉使いはあるとして、
"おーす!太郎!おはよー!"
"ケンタ!うーす!"
のように、名前を読んでそれに応えることは基本中の基本ですね。

168_large


三連休二日目
団地大会初戦
暑いなかのグリーンバード戦でした。
試合時間二時間を越す長い試合でしたね。
昨日の声かけは出来ていたでしょうか。
応援側からは応援の声でなかなかグランド内で実際に声をかけあっているのはわかりません。
でもきっと昨日よりもできたのではないでしょうか。
少しづつ変化していることにこれからも期待します。

ベンチ控え選手のなかで、こんな選手がいました。
ミスをした選手がベンチに戻ってきた時に、肩を叩きながら声をかける。
すごく感動しました。
それは今までにはない光景でした。
少しづつ君たちの絆が生まれていることと思います。

しかし、負けましたね。

今の君達にはもっともっと乗り越えなければならない壁がありそうですが
乗り越えましょう!

194_large


三連休三日目
まだまだ暑い日が続きます。
でも誰もこの暑さに負けないのは冬の基礎練習の賜物でしょう。
今日は夕方から関団連二戦目でした。
結果は勝ちましたが、さてさて声かけはできたでしょうか?
Iコーチは球審に入っていたのでベンチやチーム全体の雰囲気は分かりませんでしたが、試合前の
アップの時の"声出し"ができている選手が増えた気がしました。
盛り上げる、試合に向けて集中する、ということもとても大切です。
また、何人かの選手に言いましたが、自分で出来るようになったら次はそれを周囲のまだ声出しが
出来ていない選手を"引っぱる"つまりリードすることにチャレンジしてみてください。
リードされた選手は"つられて思わず"声出しができるかもしれません。
"もともと声出しできるけどムラがある選手"は"負けまいと"普段よりももっと声出しが出来るかも
しれません。
リードするということは、それは全て、周囲にきっかけを作ることです。
自分だけでなく、周囲に声を出してきっかけを作る、というのも、声かけです。

まだまだみんな技術的にも体力的にも未熟です。だから負けることもあるのです。
でも、よく耳にする言葉がありませんか?

"心技体"(しんぎたい)

今ある技術や体力を最大限に引き出すのが、"心"です。
でもその心は自分一人の心ではありません。
選手たちの心と心の会話、つまり、本音で勝ちたいと思う気持ちや思いがつながった時に、強い相手
にも勝てるのだと思います。

273_large

来週もまた強豪チームですが、みんなの心から湧き出る熱い思いを武器に頑張ろう!

梅雨明け

今週は、今年もまた「ツキノワグマ」に変身中の熊コーチです。

土曜日は三多摩大会の準決勝、レジェンズさんとの対戦でした。
前回は町田市の大会の準決勝で対戦。その「リベンジを」との意気込みで
試合にのぞみましたが、今回も敗北…。

223_large


(前回負けた時も熊コーチがブログ当番だった気がする… ←責任は俺か?)

君たちは、まだまだ練習が足りないな!

次回の対戦では、今度こそリベンジ出来るように練習がんばろう!!


そして日曜日、いつもより2週間以上も早い梅雨明け後の初の一日練習。

とにかく暑かった~。

でもみんなよく頑張ったな。
珍しく(?)一人の脱落者も出さずに練習が出来ました。

練習内容は、ここでは詳しいことは言わないけど、
監督、コーチから言われたこと、今自分たちが一番やらなければ
いけないことをもう一度よく思い出してみよう。

君たちが一つステップアップするには、大切なことだからな。

さて来週は三連休。団地大会も始まり、試合三昧になる予定だけど
しっかり体調を整えて、がんばろう!


さてさて、今回のプチつぶやき…

巷では夏風邪が流行っているみたいです。
実は熊コーチもちょっとのどが痛くて風邪気味。

そんな中、Hコーチも風邪をひいてしまったみたい。

「体調が良くなれば、午後から参加しま~す。」のコメントを
信じて、『相棒』の到着を首を長~くして待つFコーチ。
「いつ来るかな?、いつ来るかな??」
と楽しみにしていましたが、結果は…。

Hコーチ
Fコーチがかなりご立腹でしたよ~。

6月最後の活動

Fが担当します。
 
6/29日(土)は関団連の1回戦がありました。
お相手は金森アームズさんです。
結果は、大差で勝利することができました。

137_large


監督が不在等、不安な部分はありましたが、日頃の成果が発揮できた
素晴らしい試合でした。

金森アームズの皆様、設営審判ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
 
6/30日(日)は午後から紅白戦を行いました。
コーチも人数調整のためチームに加わり一緒に参加しました。
大人げなく、つい本気になってしまい申し訳ございませんでした。
 
29日は塁審、30日は選手の一員としてグランドに立ち、そこで感じた
ものがあります。

日ごろから、声をだせ、会話をしろ等話をしています。
声を出すことだけを見ると、依然と比べて出ていると思いますが
会話となるとどうでしょう?

ショート行くよ!
センター行くよ!
等声は聞こえますが、なんか気持ちがこもっていないように感じます。
言わなくてはいけないので、言っている、言わされている感を感じました。
それに、まだ声が小さいなぁと感じる部分もありました。
もうただ声を出す事だけではなく、状況に応じて出し方、かけ方を変えて
いくことが必要と思います。
Mコーチもいつも言っているように、練習でできない事は、本番では絶対に
できませんから、常日頃から、意識して頑張って下さい。

それでは皆さん、蒸し暑くうっとうしい日々が続きますが、しっかりと体調を
整え元気な姿でまた会いましょう。
 
Iコーチ初公式戦の主審お疲れ様でした。
甲高いコールに惚れました。
これからもよろしくお願いします。

記事検索
プロフィール

oyama_0203

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ