1、2回戦を勝利し、3位以上確定。チームのムード最高!
そして、7月12日、団地大会準決勝!絶対勝って、決勝戦に進むぞ!

思い起こせば、春季大会の初戦で町田玉川さんに敗れ、三多摩大会では予選敗退。悔しくて涙を流した選手たち。そこから練習を頑張ってここまできた~~!すごいぞ!そして、今大会で「町田玉川さんにリベンジ」がチームの合言葉!

その町田玉川さん対ライオンズさんが試合をしている中、木曽山崎に到着。試合経過が気になる~。一回終わって1対7で町田玉川さんリード。やっぱり強いなと思ったら、なんと逆転負け。監督が油断するとこうなる、野球は怖いだろー。監督とどっちが怖い?選手たち、監督・・・。ん~、コーチも監督の方が怖いぞ!

さあ、13:30分、猛暑の中、試合開始。
1回の表、自軍の攻撃。エラーで出塁したランナーを、4番、5番の連打で帰して2点奪取!よーし、今日もいけるぞ!しかし、1回の裏、先発投手の不調でノーアウト1、2塁の大ピーンチ。ここで、監督の判断で早くもピッチャー交代。ん~、残念。猛暑でやられたかな。次は頑張ってくれH斗選手、期待しているからね、たのむぞ!そして、後退したK三郎選手の好投で、この回を無失点乗りきった!素晴らしい!これで、試合の流れを掴んだファイターズ。2回の表は2アウトランナー無しから、連続安打で5点奪取。これで勝てると思ったコーチ、しかし、その考えは甘かった。2回の裏、相手の先頭バッターがセーフティーバント!!やられた。守備が崩され2点を献上。続く3回の表は三者凡退。3回の裏は、たちまち3点を献上。ん~、試合の流れが相手に。やば~い。ここで、剛速球を投げるピッチャーK心選手登場!そして、2者連続三振!!スゲー!!これで試合の流れを取り戻して4回の表、3点奪取。4回の裏、貫録の投球で3者凡退、ゲームセット。

終わってみれば、
image
10対5の快勝!!やりました、ついに次は決勝です。コーチは今からドキドキしています。早く試合がしたい!!そして、優勝したい!!チームの気持ちを一つにして次も頑張ろう!!